金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【炭素繊維不正輸出】営業部長を略式起訴 軍事転用か、韓国へ" 韓国企業と絡むと正常な順法精神を失ってしまうようでありやはり日韓関係は百害あって一利なし!!

 6月15日の産経新聞は,”【炭素繊維不正輸出】営業部長を略式起訴 軍事転用か、韓国へ
 軍事転用が可能として輸出規制されている炭素繊維の不正輸出事件で、神戸地検特別刑事部は6月15日、外為法違反(無許可輸出)罪で兵庫県芦屋市の貿易会社「ポリケミカルズリミテッド」と同社の営業部長(57)を略式起訴。神戸簡裁は同日、罰金刑の略式命令を出した。
 捜査関係者によると、営業部長は中国への不正輸出を認め「会社の利益を上げるためだった」と供述しているという。地検は略式起訴の理由について「不正輸出は韓国企業が主導しており、輸出された炭素繊維は質が悪く軍事転用の危険度が低いことなどを考慮した」と説明している。
 起訴状によると、営業部長は平成22年1月、経済産業相の許可を得ないまま、国内メーカー製の炭素繊維約3.5t(約355万円相当)を大阪港から韓国を経て中国に不正に輸出したとしている。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「不正輸出は韓国企業が主導しており、輸出された炭素繊維は質が悪く軍事転用の危険度が低いことなどを考慮した」とあるが,これは理由にはならないだろう。
 まず「韓国企業が主導」ということについては次のような報道があった。

 5月26日の産経新聞は,”日本製炭素繊維を中国に無許可輸出 容疑の商社会長ら3人逮捕 軍事転用か
 兵庫県芦屋市の繊維貿易会社が、軍事転用可能として輸出規制されている炭素繊維を中国に不正輸出したとして、県警外事課は26日、外為法違反(無許可輸出)容疑で「ポリケミカルズリミテッド」会長、近藤正二容疑者(75)=同県西宮市松ケ丘町=ら3人を逮捕した。県警によると、3人は「(炭素繊維が)韓国に行くと承知していたが、中国へ行くとは知らなかった」などと否認しているという。
 ポリケミ社は、炭素繊維の輸出先を韓国と虚偽申請していたという。
”と報道した(リンクはこちら)。

 この「虚偽申請」とは何の申請かはっきりしないが,申請の段階でこの「韓国企業」に利用目的をしっかり聞くのではないか。そうだとすればやはり薄々は築くものだろう。
 また「輸出された炭素繊維は質が悪く」については次のような報道があった。

 5月27日の産経新聞は,”【炭素繊維不正輸出】流出先の中国企業HP「日本製」と宣伝 芦屋の会長ら3容疑者を送検
 軍事転用可能な炭素繊維の不正輸出事件で、兵庫県芦屋市の貿易会社「ポリケミカルズリミテッド」から韓国を経由して運ばれた中国企業のインターネットホームページ(HP)で「日本製炭素繊維を販売している」などと宣伝し、複数の日本メーカー品を扱っていたことが27日、分かった。兵庫県警は、ほかにも輸出規制対象の炭素繊維が、この貿易会社以外の日本企業からも運ばれた可能性があるとみて調べている。
 ポリケミ社から炭素繊維が輸出された江蘇省の企業は、中国や中東、アフリカの軍事企業とも取引があり、HPには「日本の高性能な炭素繊維を扱っている」と写真を添付して宣伝。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「日本の高性能な炭素繊維を扱っている」とあるから,日本から見れば「高性能な炭素繊維」ではなくても,「中国や中東、アフリカの軍事企業」にとってはそうなのだろう。

 この「同社の営業部長(57)」が在日帰化人かどうかは分からないが,「韓国企業」と絡むと正常な順法精神を失ってしまうようであり,やはり日韓関係は百害あって一利なしである。
  1. 2015/06/21(日) 17:05:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国一転「日本の世界文化遺産登録に協力」 外相会談で提示" 本当に「歴史的な事実関係の範囲内」なら拒否する理由に乏しいがもう少し事実関係の報道を待ちたい!! | ホーム | "IMF:人民元は過小評価されていない-SDR組み入れに前進" 過去と比較するなら1980年代,少なくとも1993年としなければ何の意味もない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2423-eb51a238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)