金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

7月9日問題に関するネット上の情勢(第3回)

 先日も引用したが,安倍政権は入管特例法廃止,言い換えれば在日韓国朝鮮人の強制送還の主張について国会で,
歴史的経緯を踏まえ、今がある。排斥するような言動は許されない
と答弁している(リンクはこちら)。

 しかしネット上では相変わらず7月9日以降,在日韓国朝鮮人が強制送還されるという妄想的期待が横行している。
 これではネット民の言動は現実政治を打開する戦力には全くならないだろう。これは非常に由々しき事態であり,何とかしてそんな状況は解消しなければならない。
 そこで第2回以降の1か月強のネット上の動きを再度チェックしておきたい。

(1) 帰化取消
 便所の落書き的掲示板ではいまだに残っているが,普通のブログでは帰化取消をして欲しいという要望はあっても,「②日本は重国籍を認めないから、帰化取り消し」というような主張は全くなくなった。

 その理由は在日韓国朝鮮人の二重国籍など今に始まった問題ではないのに,前回も書いたように法務大臣が,「帰化許可を取り消すことは極めて困難であると考えられ,現に,帰化許可を取り消した事例はない」と説明している現実に対して有効な反論ができないためと考えられる。

(2) 再入国禁止
 これについても便所の落書き的掲示板ではいまだに残っているが,普通のブログでは再入国を禁止して欲しいという要望はあっても,「⑧兵役で帰国する場合には日本への再入国許可証は発行されず日本に戻る場合は一般外国人として申請して再来日する事になる」というような主張は全くなった。

 その理由は現在でも少数ではあるが,在日韓国人で本国で兵役に就いて帰ってきている者がいること,そして厳密には再入国ではないが,韓国軍とは比較にならないほどの安全保障上の脅威である中国人民解放軍の経験者が多数我が国に入国している現実に対して有効な反論ができないためと考えられる。

(3) 強制送還
 「余命3年時事日記」は相変わらず「不法残留」とのデマを書いている。
 7月3日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

今回の通報は7月8日期限の改正外国人登録法のチェック、つまり在留カードへの未更新による不法残留者のあぶりだしが狙いである。

 6月22日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

過去ログで再三記述しているように7月8日までにカード更新をしないと不法残留となる。未更新者は当然犯罪者となるが、更新をした者は従前通り、正規の滞在者ということになる。

 6月15日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

7月9日からの通報は、未更新による不法残留の情報提供ということである

 しかしこれらについては前回に,「不法残留」になるのは,「永住者以外の中長期在留者」について,「在留期間の満了日」の方が「平成27年7月8日」よりも早く来て「未更新」だった場合である。
 しかし自分の「在留期間の満了日」をうっかり忘れる外国人はほとんどいないだろうし,また当然のことながらこれは「平成27年7月8日」とは何も関係がないと書いたところである。

 また相変わらずデマを書いてまで安倍晋三への支持を煽っている。
 7月3日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

Q.....集団通報で在日暴力団の駆逐なんて本当に可能?
 A.....日本の法的秩序が乗っ取られる寸前まできていたわずか2年前の状況の根源を叩こうというのだから安倍政権は覚悟して手段の限りを尽くしている。法の改正や経済的締め付けだけでなく武力行使まで念頭に置いた対策をとっている。


 6月24日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

少なくともヤクザ組織内で日本人と在日の抗争が起きない流れであれば、確実に安倍総理は竹島事案での在日、反日勢力の駆逐作戦に踏み切るだろう。

 6月17日のエントリーには次のとおりある(リンクはこちら)。

この集団通報をもって安倍総理の在日包囲網は完成する。

 この「駆逐作戦」あるいは「在日包囲網」とは何だろうか。
 実際には安倍晋三は在日問題を解決する意思が全くないどころか,戦後70周年談話で村山談話の継承を宣言して在日韓国朝鮮人の強制送還を完全に不可能にしようとしている。
 そしてそれだけでは飽き足らないのか,中国人や韓国人の移民を推進し,日本社会を今以上に騒乱状況に追い込もうとしている。

 この「余命3年時事日記」の著者の目的は一体何だろうか。
 当方はかつて動画の中でその可能性として,第1に自民党関係者による安倍支持扇動,第2に在日による保守初心者を精神的に疲弊させるアクロバティックな工作活動,と予測したのであるが,今もって確証はつかめない。
 
 それはともかく,こんな程度の低い主張で籠絡させられるとするなら,これに騙される保守初心者は今後も日本正常化への大きな戦力には全くならないだろう。
  1. 2015/07/03(金) 23:39:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"ヘイトスピーチ根絶を 仁比議員 吉田茂元首相書簡提出要求" 戦後の日本共産党が在日朝鮮人によって支えられていたことは周知の事実であってこれこそが日本共産党の本音!! | ホーム | "【歴史戦 第11部 もう一つの慰安婦問題(1)】米軍慰安婦 韓国メディア黙殺、朴政権にふりかかる「戦争と性」" 売春の「強制性」が主張の要素になっていないこの元米軍慰安婦の訴訟に日本側が過度な期待をすることは禁物!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2435-32f06dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)