金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"丹羽・前駐中国大使、尖閣「実効支配、中国側も認めていた」 日中正常化45周年式典呼びかけ" わずか数年前の出来事の前後関係さえ覚えていられないなら丹羽宇一郎は速やかに現役を引退すべき!!

 7月20日の産経新聞は,”丹羽・前駐中国大使、尖閣「実効支配、中国側も認めていた」 日中正常化45周年式典呼びかけ
 日中友好協会の新会長に就任した前駐中国大使の丹羽宇一郎氏が20日、北京で日本メディアと懇談し、日中国交正常化から45年を迎える2017年に、日中共同で記念式典を開催するよう呼びかけた。
 丹羽氏が大使在任中だった12年の40周年の際は、尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐる問題で日中関係が冷却化し、予定されていた記念行事が相次いで中止された。丹羽氏は「いろんな記念事業が7割方すっとんだ。政治の不和でせっかくの国民の気持ちが中断された。大使としてもたいへん悔しい思いをした」と振り返った。
 丹羽氏は伊藤忠商事の社長、会長を歴任。10年6月、当時の菅直人内閣の目玉人事として駐中国大使に起用されたが、東京都の同諸島購入計画を批判して物議を醸した。
 自身の処遇にも影響した同諸島をめぐる問題について、丹羽氏は話し合いの重要性を訴えつつ、「譲れないものは譲れない。領土問題で譲った国は一つもない。日本が実効支配できていたということは、中国側も認めていたということ」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「日本が実効支配できていたということは、中国側も認めていたということ」とあるが,これは半分は正しく,半分は誤りである。
 確かに客観的事実状態としては日本の「実効支配」を認めていただろうが,その正当性については認めていないからこそ,支那はさかんに日本のそれを突き崩そうと,不法な手段を繰り出してきているのである。
 そしてそのことの根本的証拠は,wikiの「尖閣諸島問題」によれば次のとおりである(リンクはこちら)。

1992年2月25日:中華人民共和国領海法制定。釣魚列島(尖閣諸島)が自国領であると記載。これにより、中国側が存在したと主張している「棚上げ合意」が反故にされたとする見方もある。

 自国の法律で尖閣諸島は自国領だと規定している以上,支那は日本の「実効支配」の正当性を認めるわけにはいかないのである。

 おそらく「丹羽宇一郎」としては,「中国側も認めていたということ」が崩れたのは「東京都の同諸島購入計画」にあったと言いたいのだろうが,それは時系列を完全に無視した嘘の主張である。
 近年の尖閣諸島問題の動きは次のとおりである。

・2008年
12月8日:中国国家海洋局所属の海洋調査船「海監46号、海監51号」2隻が初めて、尖閣諸島付近の日本領海内を約9時間半にわたって侵犯した(尖閣諸島領海内侵入事案)。翌日、中国国家海洋局海監総隊の孫書賢副隊長が「中国も(主張するだけでなく)管轄海域内で存在感を示し、有効な管轄を実現しなければならない」と述べ、海洋調査活動を強化する方針を示した。


・2010年
9月7日午前、中国漁船が日本の領海を侵犯して沖縄県尖閣諸島付近で操業中、日本の海上保安庁の巡視船が発見。停船を勧告するもそれを無視して漁船は逃走。逃走時に海上保安庁の巡視船に衝突を繰り返し、巡視船2隻を破損。同漁船の船長を公務執行妨害で逮捕するという事件が起きる。


・2012年
4月16日:アメリカのヘリテージ財団を訪れていた石原慎太郎東京都知事が、東京都が魚釣島、北小島、南小島の3島を埼玉県在住の地権者から購入する方針を決めたことを発表した。
9月11日 : 日本政府は魚釣島、北小島、南小島の3島を海上保安庁に20億5千万円で埼玉県在住の地権者から買取らせ、所有権移転登記を完了し国有化した。


 要するにあくまで支那による2008年や2010年の領海侵犯があって,その後に「東京都の同諸島購入計画」があるのである。

 このようにわずか数年前の出来事の前後関係さえ覚えていられないなら,「丹羽宇一郎」は速やかに現役を引退すべきと言わざるを得ない。
  1. 2015/07/20(月) 22:31:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【新国立競技場】文科相「来年1、2月の着工目指す」 省内に第三者委設置で検証も" 責任は端的に「日本スポーツ振興センター(JSC)」とそれを指導監督すべき「審査委員会委員長安藤忠雄」にある!! | ホーム | 活動報告 7月19日「拉致被害者奪還ブルーリボンデモ in 三重」参加>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2452-f153e2df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)