金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"生活保護世帯が最多更新 5月、厚労省調査" 一言で言えば日本人の在日化,要するに悪貨は良貨を駆逐する!!

 8月5日の産経新聞は,”生活保護世帯が最多更新 5月、厚労省調査
 厚生労働省は5日、全国で生活保護を受けている世帯は5月末時点で162万2525世帯となり、過去最多を更新したと発表した。前月比1601世帯増で、これまで最多だった今年3月を超えた。受給者数は前月比1972人減の216万1442人だった。
 世帯別(一時的な保護停止を除く)では、65歳以上の高齢者世帯が増え続けており、79万3658世帯と1年前と比べて5・6%伸びた。全体の約49%で、厚労省によると単身が約9割を占めるという。
 働ける世帯を含む「その他の世帯」は1年前と比べて3・2%減の27万4398世帯だった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「厚生労働省は5日、全国で生活保護を受けている世帯は5月末時点で162万2525世帯となり、過去最多を更新した」にもかかわらず,「受給者数は前月比1972人減の216万1442人だった」とあるから,「受給者数」が伸びているのかどうかこれだけでは分からない。

 ただ厚生労働省の「Press Release」には,「○ 被保護実人員は2,161,442人となり、前月より1972人減少した。また、対前年同月と比べると、1,590人増加。」とあるから(リンクはこちら),「受給者数」も伸びていることで間違いないだろう。

 そのことの原因は当方からすれば,アベノミクスが日本のデフレや不況の原因とは無関係なことしかやっていないからとしか言いようがない。
 当方がいつも主張するように,日中・日韓断交さえすれば,我が国は明日からでも大好況になるだろう。

 さてそのことはよいとして,「生活保護」と言えば,在日特権の大きな柱の一つである。
 そこで在日南北朝鮮人の生活保護率の最新の数字をチェックしておきたい。

 まず分子であるが,「平成25年度被保護者調査」の「第2-1表 被保護人員数、続柄・級地・世帯人員・性・年齢階級別」において,「総数」は「2123 257」人である。 

 このうち在日南北朝鮮人がどれだけかということであるが,同じく「第2-15表 世帯主が外国籍の被保護世帯の人員数、世帯主の国籍・年齢階級別」において,「韓国・朝鮮」は「38 213」人である(リンクはこちら)。

 次に分母であるが,「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査」の「平成25年3月31日住民基本台帳人口・世帯数、平成24年度人口動態(都道府県別)(総計)」において,「合計」は「128,373,879」人である(リンクはこちら)。

 このうち在日南北朝鮮人がどれだけかということであるが,「在留外国人統計(旧登録外国人統計)」の「第2表 国籍・地域別 年齢・男女別 在留外国人」において,「韓国・朝鮮」は「526,578」人である(リンクはこちら)。

 したがって全体の生活保護率は、受給人員数÷人口=2123 257÷128,373,879=16.54/1000
 これに対し「韓国・朝鮮」の生活保護率は、受給人員数÷人口=38,213÷526,578=72.57/1000
 「韓国・朝鮮」の全体に対する倍率は,72.57/1000÷16.54/1000=4.39倍

 かつてはざっくりと,「在日は日本人の5倍の比率で生活保護を受けている」という言い方をしたものであるが,現在は若干,比率が下がって4.4倍程度になっているようである。

 これは一言で言えば,日本人の在日化の進行,要するに悪貨は良貨を駆逐するということだろう。
  1. 2015/08/07(金) 00:04:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【戦後70年談話】キーワードは「和解」、謝罪の必要性は触れず 21世紀構想懇報告書" 「創氏改名は朝鮮人の要望」は定説化しているのでは? | ホーム | "大阪市、「歴史の流れ大切にした」育鵬社歴史教科書を選ぶ" 黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2469-378f5493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)