金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

東京都の観光ボランティアのユニフォーム問題に係る情報公開請求の開示物公開

 まず9月10日のエントリー(リンクはこちら)で、「1枚目の「別紙」については必ずしも当方が請求した内容に答えていないように思える。しかも内容に判然としない部分があるので、これは入手後に公開したい。」とした「別紙」については、次のとおりである(リンクはこちらこちら)。

 また上記別紙と内容的には同じレベルのものであるので、9月10日のエントリーでは省略したが、9月19日のエントリーで前もってお伝えした「コンペで採用された案」の「開示決定通知書」は次のとおりである(リンクはこちら)。

 以上において開示された公文書の現物は次のとおりである。

1.「26産労観企第1049号「東京都観光ボランティアのユニフォーム等デザイン審査会」における審査結果について」 (リンクはこちらこちらこちらこちら)

2.「26産労観企第921号東京都観光ボランテイアユニフオーム等デザイン審査会設置要領の策定について」 (リンクはこちらこちらこちらこちら)

3.「26産労観企第941号東京都観光ボランティアのユニフォーム等デザイン審査会」審査委員への就任・審査会出席の依頼について」 (リンクはこちらこちら)

4.「26産労観企第966号「東京都観光ボランティアのユニフォーム等デザイン審査会」審査委員の決定について」 (リンクはこちらこちら)

5.「最優秀作品となったデザイン案」 (リンクはこちらこちらこちらこちら)

 これを9月10日のエントリーで紹介した当方の「開示請求書」の「1 開示請求に係る公文書の件名又は内容」と比較する。

(1)平成27年5月29日に発表された観光ボランティアのユニフォームに係るデザインコンペの実施に関する起案
 (2)上記コンペにおける審査会委員の選定に関する起案
 (3)上記コンペにおける最優秀作品決定の審査会に係る議事録
 (4)上記コンペにおいて最優秀作品となった案
 (5)平成27年6月19日に使用されたユニフォームの作成に係る支出負担行為伺い
 (6)上記に係る支出命令伺い


 そうすると、最初から不存在とされた(3)、(5)、(6)を除いた(1)、(2)、(4)のうちでは、(2)と(4)はあるが、「(1)平成27年5月29日に発表された観光ボランティアのユニフォームに係るデザインコンペの実施に関する起案」だけがないことが分かる。
 要するにどういう内容の「デザインコンペ」にするのかを決定する起案である。
 これがなぜないのか現在、連休中であり東京都に確認できないが、後日、確認して報告したい。

 なおこれまでの状況はホームページで一覧形式にしてまとめた(リンクはこちら)。
  1. 2015/09/22(火) 08:02:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京都の観光ボランティアのユニフォーム問題に係る今後の活動手法 | ホーム | 選挙結果報告 予想はしていたがそれ以上の厳しい結果!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2520-f6ca2470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)