金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"7~9月期GDP改定値 1・0%増" 大した成長もしていないがそれほど消費増税の悪影響が出ているとも思えないので予想どおりという感じ!!

 12月8日の産経新聞は,”7~9月期GDP改定値 1・0%増
 内閣府が8日発表した平成27年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)の改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0・3%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1・0%増となり、11月に発表された速報値の前期比0・2%減、年率0・8%減から大幅に上方修正された。企業の設備投資が大きく引き上げられたことが理由で、プラス成長は2四半期ぶり。
 設備投資は新規出店や増改築が相次いだ卸・小売業やリース業、建設業などが堅調で、速報値の1・3%減から0・6%増へと大幅に上方修正された。GDP速報値の公表後に財務省が発表した7~9月期の法人企業統計で、全産業(資本金1千万円以上、金融機関を除く)の設備投資額が前年同期比11・2%増と大きく伸びたことを反映した。
 GDPの6割を占める個人消費はふるわず、速報値の0・5%増から0・4%増へと下方修正された。自動車や衣服が低調だった。
 公共投資は1・5%減(速報値0・3%減)、住宅投資は2・0%増(同1・9%増)となった。
 景気の実感に近い名目GDPは前期比0・4%増、年率換算で1・6%増となり、速報値の前期比0・0%増、年率0・1%増から上方修正された。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「景気の実感に近い名目GDPは前期比0・4%増、年率換算で1・6%増となり、速報値の前期比0・0%増、年率0・1%増から上方修正された。」とあるように、当方は「実質」の「成長率」で見ていては、どうも実態がよくつかめない。
 いつも指摘しているように、やはりこれは「名目」の「実額」で見るべきものだと思う。

 近年の四半期毎の名目GDPの実額を比較すると次表のとおりになる(リンクはこちら)。
 なお今年の第4四半期については昨年と同じ数字を入れてある。
                                               (単位:10億円)
年・四半期1- 3.4-6.7-9.小計10-12.
2012118,516.70118,014.40115,701.00352,232.10123,099.50475,331.6
2013117,588.70118,637.90117,594.50353,821.10125,262.60479,083.7
2014120,935.40120,899.50118,190.00360,024.90126,914.00486,938.9
2015123,619.90123,497.60122,343.30369,460.80126,914.00496,374.8

 名目GDPには消費税分が含まれており、消費増税による影響分は大体2%程度と考えられている。
 また2014年4月の消費増税の影響はすでに2013年から駆け込み需要という形で出ている。

 そこでそれが全くなかった2012年分を2%割増しにし、さらに上記報道にあるように、毎年1%ずつ経済成長したとして、さらに3%割増しすると、
 475,331.6×1.02×1.03=499.383.4
になる。
 今年の最終結果がどれだけになるかはまだはっきりしないが、おそらくこれに近い数字になると思われる。

 この数字を見る限り、大した成長もしていないが、それほど消費増税の悪影響が出ているとも思えない。
 当方はアベノミクスを全く評価していないし、我が国のデフレの原因が消費増税だとも思っていないので、予想どおりという感じである。
  1. 2015/12/08(火) 19:43:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"黄海でNLL南側に中国船が進入 韓国が警告射撃 中国漁船団の1隻" 我が国の場合は昨年秋の支那漁船によるサンゴ密漁問題に対する体たらくが今後も繰り返される!! | ホーム | "静岡「正論」友の会 有元政治部長が講演「慰安婦問題、主戦場は米国」" 「河野談話」を破棄さえすればがらりと局面は変わるが、それができないのは日本人が尖閣問題で米軍に依存する意思を捨てないから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2599-9b1227d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)