金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【「慰安婦」日韓合意】日こころ・中山代表「大いなる失望」と批判" 強制性の不存在についての各保守系論客の主張のまとめ!!

 12月28日の産経新聞は,”【「慰安婦」日韓合意】日こころ・中山代表「大いなる失望」と批判
 日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は28日、慰安婦問題で日韓両政府が合意下ことについて、「未来志向の日韓関係を目指して努力した」としつつ、「安倍外交の最大の汚点となると考えられ、大いなる失望を表明する」との談話を発表した。
 中山氏は、岸田文雄外相が日韓外相会談後の共同記者発表で「当時の軍の関与の下に」と発言したことについて「いかなる歴史的事実に基づいたものなのかを政府として明確にする必要がある」とし、在韓日本大使館前や米国などの慰安婦像の撤去についても「何ら確約がなされていない」と強調した。
 また、「この像のために、海外の日本人達、とくに子供達がいわれのないいじめに遭っている現状について、日本政府としては、どのような対応をしようとするのか明らかにすべきである」とも指摘。「種々の問題点を包含する内容」と疑問を呈し、「強く抗議する」とした。
”と報道した(リンクはこちら)。

 ちょっと時間が経ってしまったが、この「日本のこころを大切にする党の中山恭子代表」の「談話」は内容といい、スピーディーさといい、100点満点のものだったと言える。
 自民党との連携路線を模索中と報道されている「中山恭子代表」がこういう自民党を強く批判する「談話」を発表するとは全く考えていなかったので、当方としては非常に意を強くしたところである。

 特に南朝鮮の「蒸し返し」の問題よりも、まず「当時の軍の関与の下に」という慰安婦問題における強制性の不存在について主張されているのが良かったと思う。

 そこで各保守系論客がこの問題についてどのように述べているか簡単にまとめておきたい。
 対象は12月28日の「日韓外相会談後の共同記者発表」以後のものであり、順序はほぼ時系列である。

①.行動保守運動の桜井誠会長は、12月28日にツィッターで次のとおり書いている(リンクはこちら)。

桜井誠 @Doronpa01 12月28日
安倍総理本人や支持層である保守派知識人たちが口を揃えて「慰安婦問題はねつ造」と主張してきました。しかしその当の安倍総理が慰安婦問題で韓国側と妥協し、直接謝罪&支援の上積みを決定し慰安婦問題で合意。徴兵されて日本のために戦った自分のご先祖の名誉に泥を被せて何が保守なのでしょうか?


桜井誠 @Doronpa01 12月28日
行動する保守運動では1月10日(日)に『慰安婦問題での日韓合意を糾弾する国民大行進』を実施します。さすがに今回の件で安倍信者の目も覚めたでしょう。関わってはならない国と関わり、日本の名誉を貶める今回の合意について国民の声として断固NOを突きつけましょう!詳細は後日発表します。


 こちらは「慰安婦問題はねつ造」の部分に強制性の不存在が含意されていると言える。

②.チャンネル桜の水島総代表は、12月28日にアップした動画「【反日韓国】日韓合意絶対反対、明日、官邸前緊急抗議活動へ起て![桜H27/12/28] 」のリード文に次のとおり書いている(リンクはこちら)。

28日の日韓外相会談を経て記者会見で発表された、慰安婦問題に関する「日韓合意」。-それは歴史的事実を無視し、「軍の関与」を認めるいう先祖、英霊の名誉と誇りを汚す合-意でした。これは東京裁判史観を改めて安倍内閣が追認したと言うことであり、日本外交-が韓国に勝利したとかという近視眼的、かつ小手先の政治技術や判断の問題ではありませ-ん。先人の名誉を犠牲に、今生きる自分たちを米中韓等から認めてもらおうとする「国辱-的」「自虐史観」の合意であり、「最終決着」どころか、将来に禍根を残す「歴史的な外-交失策」でああります。どんなに口先で巧言を弄して肯定しようとしても、海外のメディ-アや政府の反応は、日本政府が日本軍の性奴隷への関与を認めたとの認識を示しています-。私たち日本草莽は、厳しく悲しく辛い深刻な現実を直視する勇気を持ちましょう。

 こちらは「歴史的事実を無視し、「軍の関与」を認める」という部分に強制性の不存在が含意されていると言える。

③.我が維新政党・新風の鈴木信行代表は 自身のブログの12月28日のエントリー「頭に来たから首相官邸に行ってきた!」で次のとおり書いている(リンクはこちら)。

安倍政権の火病韓国への謝罪と国家予算から10億円拠出とは、村山よりもひどい政権だ。
 これまでの内閣が守ってきた一線を越えたのだ。
 これで未来永劫、「従軍慰安婦の強制連行を日本が認めた」というだろう。
 謝罪して金を払えば認めたことになる。
 靖国神社の英霊は泣いているよ。


 こちらは「従軍慰安婦の強制連行を日本が認めた」の部分に明記されている。

④.日本のこころを大切にする党の田母神俊雄氏は、12月29日にツィッターで次のとおり書いている(リンクはこちら)。

田母神俊雄 @toshio_tamogami 12月29日
慰安婦問題の日韓合意は日本の先人の名誉を貶めるものだ。非常に残念である。嘘、ねつ造でも日本に難癖をつければ日本は金を出すという事例をまた作ってしまった。これで今後日韓の慰安婦問題が解決するとは思えないし、さっそく中国は中国にも補償しろと言い出した。日韓合意は大失敗という気がする。


田母神俊雄 @toshio_tamogami 12月29日
河野談話も村山談話もそれで問題を収めてしまおうという日本政府の考えにより実行された。しかしどれほど浅はかだったかはその後の歴史が証明している。今回の日韓合意も、我が国がやっていない慰安婦強制連行などを日本政府が認めたことになってしまうだろう。どうして日本政府は歴史に学ばないのか。


 こちらは「今回の日韓合意も、我が国がやっていない慰安婦強制連行などを日本政府が認めたことになってしまうだろう。」の部分に明記されている。

⑤.日本のこころを大切にする党の西村眞悟氏は、自身のブログの12月29日のエントリー「朝鮮半島の日本人の運命は!」で次のとおり書いている(リンクはこちら)。

この度の外相会談で、韓国は外相からの直接の「おわび」と、総理からの電話での「おわび」を受けた。
 そして、10億円を日本から受け取るだろう。
 さて、これは何を意味するのか。言わずと知れたことではないか。
 日本は、従軍慰安婦問題で日本に非があることを認めたのだ。
 つまり、日本は慰安婦の強制連行を認めたのだ。
 ここにおいて、事実を以て対処する原則は没却され、強制連行という虚偽を以て貶められた日本と日本人の名誉は回復される機会を奪われた。


 こちらは「つまり、日本は慰安婦の強制連行を認めたのだ。」の部分に明記されている。

 こうやって見ると、表現の違いこそあれ、各論客は一様に慰安婦問題における強制性の不存在を強く主張しているのが分かる。
 各勢力が今回の合意に対する批判という一点でまとまることは必ずしも不可能ではないと思う。
  1. 2016/01/02(土) 15:13:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<"技術力・安全性の高さを強みとする新幹線、中国高速鉄道の強みは?" 遅きに失した感はあるが今からでも国家として新幹線技術の特許の整備を実施すべき!! | ホーム | 謹賀新年 年頭の抱負>>

コメント

後は橋下の(?)維新の党が、どっちのフラッグを立てるか・・・が注目ですね。

間違いなく「賛同」のフラッグでしょうけどwww

参議院選挙で「憲法改正」に向けての布石、勝ち馬に乗るのが政治の世界の常套、更には維新の会は

自公維の連立政権まで、厚かましく考えているでしょうね。

だから、ここで一気に自民に接近し、尻尾を振りまくるでしょう。
  1. 2016/01/02(土) 17:03:17 |
  2. URL |
  3. 川東大了 #-
  4. [ 編集]

川東 様

>>間違いなく「賛同」のフラッグでしょうけどwww

橋下徹はすでに産経新聞で、「今回の合意は強制連行を認めたものではない」と言っているから完全に賛同ですよ。

>>更には維新の会は 自公維の連立政権まで、厚かましく考えているでしょうね。

この間も長時間会談していたから当然考えているでしょう。我々としては下手に安倍批判に回るよりその方が好都合ですね。

それにしても今回、中山さんと水島氏が間髪入れず安倍批判に転じたのは意外でした。なかなか期待の持てる展開です。
  1. 2016/01/02(土) 17:59:54 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #NBQkkuJY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2625-b8c50f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)