金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【参院代表質問】首相「移民は全く考えていない」" 「同時」であろうがなかろうが、「在留期間を無期限で与える」以上はやはり「移民」と呼ぶべき!!

 1月28日の産経新聞は,”【参院代表質問】首相「移民は全く考えていない」
 安倍晋三首相は28日午後の参院本会議で、人口減や人手不足からくる外国人労働者の受け入れ拡大の必要性について「いわゆる移民政策をとることは全く考えていない」と述べ、移民政策を否定した。
 途上国の人材が日本で働きながら技術を学ぶ「外国人技能実習制度」に関しては「多様な経験、技術を持った海外の人材が日本で能力を発揮し、また習得した技能を母国で生かせるよう、適正に運用される必要がある」と強調した。
 その上で「国民の誰もが自らの力を発揮できる1億総活躍の実現にむけた取組をしっかりと行う」と述べた。民主党の小川勝也氏の質問に答えた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 おそらくネット上では自民党委託ネット工作業者か南系在日勢力かは分からないが、安倍信者による安倍擁護工作が猖獗を極めているだろう。

 「いわゆる移民政策をとることは全く考えていない」とあるが、これは昨年11月26日のエントリーにも書いたように、「普通の移民の定義によれば安倍政権が行っている「外国人労働者」の受け入れは完全に「移民」政策」ということである(リンクはこちら)。

 具体的政策は同じエントリーに、「最近における外国人労働者受け入れ制度の全体像は、「外国人労働者を巡る最近の状況~高度外国人材の活用促進のために~」という資料に詳しい(リンクはこちら)。」とあるとおりである。

 また、このような政策を踏まえての実際の在留資格制度の全体像については、外務省のHPにある「ビザ・日本滞在」の中の「就労や長期滞在を目的とする場合 」というページが分かりやすい(リンクはこちら)。

 では安倍政権は「移民」の定義をどのように用いているか。
 これについては平成26年6月10日の参議院法務委員会で次のような答弁があった(リンクはこちら)。

○国務大臣(谷垣禎一君) 移民という言葉は、お使いになる方で様々な定義といいますかニュアンスを持ってお使いになっておりますので、何か一義的なあるいは学術的な定義というものがどうもあるわけでは、私も調べてみましたけれども、ないようでございます。
 ただ、我が国の入国管理制度は、我が国で永住を希望される外国人がおられるけれども、最初から入国と同時に永住を許可するというような制度にはなっておりません。要するに、先ほど来申し上げておりますが、今度の法改正の目的は、世界的な人材獲得競争がある中で、我が国の全体の発展に資するような高度な専門的能力を有する方々を受け入れてその定着を促進するということでございまして、高度人材に対して入国と同時に在留期間を無期限で与えるというようなものではございませんので、もし最初からそういうことだというと、まさに移民政策、隠れた移民政策ではないかというような御批判があるいは出てくるおそれもございますが、そういう辺りは是非御理解をいただきたいと思っております。
」 

 これを見ると安倍政権は、「入国と同時に在留期間を無期限で与える」場合を「移民」と解釈しているようである。
 しかし「同時」であろうがなかろうが、「在留期間を無期限で与える」以上はやはり「移民」と呼ぶべきである。
  1. 2016/01/28(木) 22:14:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<"日銀、マイナス金利導入 当座預金に0・1%手数料、物価目標達成は先送り" 儲からない限り企業は投資をしないし、銀行も金を貸さないだろう!! | ホーム | "【ビジネス解読】ハイテク製品輸出で中国が日本を抜いた 中国メディアは「歴史的勝利」に大ハシャギ でも内実はお寒い限りで" このような精神勝利は百害あって一利なしだが、世界に先がけた第4次産業革命云々は負け犬根性の表れ!!>>

コメント

嘘を吐く安倍

●三橋貴明氏が国連(人口部)定義によると、移民とは、
「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」
 となります。技能実習生も、外国人メイドも、全て定義上は移民になるのです。

政権の詭弁を受け入れてはならず!

● 移民の受け入れは、取り返しがつかない事になります。


  1. 2016/01/30(土) 22:39:29 |
  2. URL |
  3. 尊皇隊 #-
  4. [ 編集]

尊皇隊 様

 「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」という定義は私も了解しています。
 これだけだとちょっと広過ぎるような気もしますが、安倍政権の現在の運用を見ていると確かにすべて「移民」につながることは確実です。

 問題はこの動きをいかにストップさせるかですが、その唯一の手段はやはり自民党に代わる右の受け皿を早く準備することだと思います。
 その柱となるのは現状では「日本のこころを大切にする党」ですが、彼の党もまだ小所帯なので、幅広い勢力の結集に向けて彼の党がどのような政治的リーダーシップを見せるか今、注目しています。
  1. 2016/01/30(土) 23:20:04 |
  2. URL |
  3. 金子吉晴 #NBQkkuJY
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2651-aaaa22bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)