金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【慰安婦問題】「朝日新聞が『捏造』を報道」「20万人も混同」…政府が国連委でようやく反論" 一歩前進だが余り誉められた主張ではない。説明すべきは日本政府が河野談話を発した理由と今回の措置の立場がそれと異なるかどうか!!

 2月17日の産経新聞は,”【慰安婦問題】「朝日新聞が『捏造』を報道」「20万人も混同」…政府が国連委でようやく反論
 日本政府は16日午後(日本時間同日夜)、国連欧州本部で開かれた女子差別撤廃委員会の対日審査で慰安婦問題に関する事実関係を説明した。
 政府代表の外務省の杉山晋輔外務審議官は強制連行を裏付ける資料がなかったことを説明するとともに、強制連行説は「慰安婦狩り」に関わったとする吉田清治氏(故人)による「捏造」で、朝日新聞が吉田氏の本を大きく報じたことが「国際社会にも大きな影響を与えた」と指摘した。また、「慰安婦20万人」についても朝日新聞が女子挺身隊を「混同した」と説明した。日本政府が国連の場でこうした事実関係を説明するのは初めて。
”と報道した(リンクはこちら)。

 一歩前進には違いないが、当方からすれば余り誉められた主張ではない。
 というのは「政府代表の外務省の杉山晋輔外務審議官」は「吉田清治」や「朝日新聞」について述べているが、これは単なる発端であって日本政府の政策の理由にすべきではないからである。

 そうではなく日本政府的にはあくまで「河野談話」が出発点であって、説明すべきは日本政府がこのようなものを発した理由と今回の措置の立場がそれと異なるかどうかである。
 そうしないから当然のことながら次のような反論を受けてしまう。

 2月17日の産経新聞は,”【慰安婦問題】「批判は事実に反する」国連委で 遅まきながら政府が反転攻勢 河野談話の重荷なお 
 「受け入れられない」
 女子差別撤廃委員会の対日審査で、慰安婦問題に関する杉山晋輔外務審議官の発言後、中国出身の女性委員が声を上げた。「誰も70年前の出来事を否定したり、変えたりすることはできない」
 これに対し、杉山氏は 「日本政府が例えば歴史の否定をしているとか、この問題について何の措置も取っていないというご批判は事実に反すると言わざるを得ない」と穏やかな口調ながらも強く反論した。
 しかし、別の委員からも、日本は1993(平成5)年に慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官談話を出しているのにもかかわらず、なぜ今になって否定するのかといった疑問の声が上がった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「しかし、別の委員からも、日本は1993(平成5)年に慰安婦募集の強制性を認めた河野洋平官房長官談話を出しているのにもかかわらず、なぜ今になって否定するのかといった疑問の声が上がった。」とあるが、これに対して「杉山晋輔外務審議官」はどう回答したのだろうか。
 この報道にはその内容はないが、記者はそれを聞いたはずなのになぜ書かないのだろうか。

 ネット上には国連のサイトにこの日の「対日審査」を記載したページがあるとされるが、それには「河野談話」に触れた部分はない(リンクはこちら)。

 また外務省のHPには、この日の「対日審査」に関する記事そのものがない。
 他の報道を見てもこの点に触れたものはないので、続報を待ちたい。
  1. 2016/02/17(水) 21:56:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"朝鮮学校への補助金、支出中止要請を検討 政府、自治体に" 大賛成であるが送金禁止や韓国学校も対象にしない限りは通り一遍の通知では支出中止は無理!! | ホーム | "TPP 相手国の為替操作防止の法律 米で成立へ" 為替操作と言えば有名なのは支那と南朝鮮であるが、火の無い所に煙は立たずでまず南朝鮮が反応!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2671-36f6e457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)