金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"[インタビュー]日本人に“独島の真実”を知らせることが最も重要 「独島学術賞」を受賞した在日同胞研究者の朴炳渉氏" 17世紀の資料は「偽りだ」ということを19世紀の資料で立証できるわけがない!!

 2月22日の産経新聞は,”「竹島の日」に抗議 ソウルの日本大使館前で 「不当な領土主張をやめろ」
 島根県が県条例で定めた22日の「竹島の日」の式典に抗議し、ソウルの日本大使館前で同日午前から、複数の市民団体が「島は韓国領の独島だ」と主張する集会を開いた。
 高校生や大学生を含む約70人が集まった「独島郷友会」の参加者は「日本は不当な領土主張をやめろ」と訴えた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「日本は不当な領土主張をやめろ」とあるが、南朝鮮の言う「不当」の根拠とはどのようなものか。
 これについては最近次のような報道があった。

 1月25日のハンギョレ新聞は,”[インタビュー]日本人に“独島の真実”を知らせることが最も重要 「独島学術賞」を受賞した在日同胞研究者の朴炳渉氏
 国連国際司法裁判所(ICJ)に「独島がどの国の領土であることを確かめるべき」とする日本政府の主張が受け入られると、裁判官はどちらに勝訴判決を言い渡すだろうか?独島(日本名・竹島)研究者である在日同胞の朴炳渉(パクビョンソプ)氏(74)は、「日本は豪語しているが、実証や論理面からみて、日本は絶対勝てない」と主張する。
 今月20日に行われた北東アジア歴史財団(理事長キム・ホソプ)の第6回「独島学術賞」受賞式に参加するため、ソウルを訪れた朴氏が22日、ハンギョレのインタビューに応じた。
 「解決策は、真実を知らせることだけ」だと朴氏は話した。彼はまず、日本の外務省ホームページで提示されている二つの事実、「江戸時代初期、伯耆藩の大谷、村川両家が幕府から幕府が竹島を拝領した」という主張は根拠がなく、「幕府が鬱陵島への渡航を禁止したが、独島への渡航は禁止していなかった」という主張(1696年のいわゆる「竹島一件」)も偽りだと反論している。
 朴氏は、日本人の渡海を禁止しようと鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表示しておいた日本幕府の公式地図をはじめ、1869年外務省調査官の報告書、明治時代の政府の最高機関である太政官で「竹島外一嶋之義本邦関係無之義ト可相心得事」と明記した1877年の指令なども提示した
 朴氏は、日本の領有権主張を封鎖できる最も確実な方法は、1900年10月、大韓帝国「勅令第41号」で、適示した「石島」が「独島」という事実を立証する資料を見つけることだと語った。この勅令は、鬱陵島を鬱島と改称し、鬱島郡守が管掌するように法を改正する際、その管轄区域を鬱陵全島と竹島・石島に規定している。
”と報道した(リンクはこちら)。

 まず「朴炳渉」の結論は、「彼はまず、日本の外務省ホームページで提示されている二つの事実、「江戸時代初期、伯耆藩の大谷、村川両家が幕府から幕府が竹島を拝領した」という主張は根拠がなく、「幕府が鬱陵島への渡航を禁止したが、独島への渡航は禁止していなかった」という主張(1696年のいわゆる「竹島一件」)も偽りだと反論している。」である。

 そのうち前者の「拝領」は日本内部の動きだからおいとくとして、後者の「1696年のいわゆる「竹島一件」」は李氏朝鮮との外交記録だから強力な証拠である。

 これに対し 「朴炳渉」の論拠のうち、まず日本側の主張を否定する材料は、「日本人の渡海を禁止しようと鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表示しておいた日本幕府の公式地図」、「1869年外務省調査官の報告書」、「明治時代の政府の最高機関である太政官で「竹島外一嶋之義本邦関係無之義ト可相心得事」と明記した1877年の指令」の3つである。

 また南朝鮮側の主張を肯定する材料は、「1900年10月、大韓帝国「勅令第41号」で、適示した「石島」が「独島」という事実を立証する資料」の1つである。

 一番最初の「日本人の渡海を禁止しようと鬱陵島と独島を朝鮮の領土として表示しておいた日本幕府の公式地図」の作成時期はよく分からないが、残りの3つは19世紀の資料である。
 最初の資料も幕府初期の17世紀ということはあるまい。

 これに対し「「幕府が鬱陵島への渡航を禁止したが、独島への渡航は禁止していなかった」という主張(1696年のいわゆる「竹島一件」)」は17世紀である。
 17世紀の資料は「偽りだ」ということを19世紀の資料で立証できるわけがない。

 文献資料の上では我が国の優位性はまだ覆されてはいない。
  1. 2016/02/22(月) 23:06:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"民主と維新合流へ 党名変更も検討 24日に党内手続き着手" なぜ真正保守勢力はできないのかと思うが、最後は人間の意思の問題も指摘せざるを得ない!! | ホーム | "【ビジネス解読】中国漁船団が北大平洋で根こそぎ「爆漁」 1500トン級大型船が新型巻き網でやりたい放題 マサバ資源量に懸念" 日本としては支那だけでなく加盟国全体に働きかける必要があるがその前に「日中中間水域」の問題を片付けておくべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2676-a41d36fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)