金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"中国船、EEZで調査か 東京・沖ノ鳥島沖" 外相という高位者までが口から出任せを平然と言い放つようでは支那を「大朝鮮」と呼ぶのも当然!!

 3月19日の産経新聞は,”中国船、EEZで調査か 東京・沖ノ鳥島沖
 19日午前5時35分ごろ、東京都・沖ノ鳥島の北西約250キロの排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船「海大号」が、船尾からワイヤのようなものを海に投入するのを海上保安庁の巡視船が確認した。
 第3管区海上保安本部(横浜)によると、巡視船が「わが国の事前の同意がない調査活動は認められない」と中止を要求したが「公海上だ」と答えたという。海大号は14日からEEZ内を航行しており、3管が巡視船で監視していた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「中国の海洋調査船「海大号」が、船尾からワイヤのようなものを海に投入」とあるが、支那の目的は何か。
 これは通常の「海洋調査」ではなく、やはり次の関係だろう。

 2015年10月1日の産経新聞は,”【世界を読む】「沖ノ鳥島」を持ち出す中国の暴論 南シナ海での横暴は棚上げ 権益奪い取ろうと虎視眈々
 南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で人工島を造成し、国際的な批判を受けている中国が、日本の沖ノ鳥島を持ち出して反論している。
 「日本はコンクリートで沖ノ鳥島を人工島に仕立て上げ、それを根拠に排他的経済水域を主張している。他国を批評する以前に自分の行いを見つめるべきだ」
 今年8月にマレーシアのクアラルンプールで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、中国の王毅外相が南シナ海における人工島埋め立てに懸念を表明した日本をこう牽制した。
 国連海洋法条約では、島の場合は領海、排他的経済水域(EEZ)、大陸棚を設定できるが、岩の場合は領海は設定できるものの、EEZと大陸棚は設定できない。沖ノ鳥島に関しては、日本が島だとしているのに対し、岩だと反論してきた中国はここにきて、人工島だと言い始めたことになりかねない。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「日本はコンクリートで沖ノ鳥島を人工島に仕立て上げ、それを根拠に排他的経済水域を主張している。他国を批評する以前に自分の行いを見つめるべきだ」とあるが、これは完全に嘘の主張である。
 そのことは次の報道から明らかである。

 2012年4月28日の日経新聞は,”日本の大陸棚拡張、国連が認定 沖ノ鳥島周辺など
レアメタルなど採掘権、主張できる範囲広がる
 政府は27日、国連の大陸棚限界委員会が日本最南端の沖ノ鳥島の北方など太平洋の4海域約31万平方キロメートルを日本の大陸棚として新たに認める勧告を採択したと発表した。国連同委の勧告には拘束力がある。
 今回、国連の委員会が大陸棚の拡張を認めたのは「四国海盆海域」「小笠原海台海域」「南硫黄島海域」「沖大東海嶺南方海域」の4海域の一部。いずれも沿岸から200カイリの排他的経済水域(EEZ)の外にある。
 政府は2008年に沖ノ鳥島と日本最東端の南鳥島の周辺の計7海域、約74万平方キロメートルについて大陸棚拡張を申請したが、中国と韓国は沖ノ鳥島周辺の海域について異議を唱えていた。今回、国連は同島南方海域については判断を先送りし、残りの2海域は却下した。
 今後、政府は条約を批准していない米国などと調整しながら国内手続きを進め、境界を画定。その後、国連に連絡すれば正式に拡張部分の開発権などの効力が生じる。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「今回、国連は同島南方海域については判断を先送りし、残りの2海域は却下した。」とあるが、紙面上の地図を見ると、「南硫黄島海域」は「沖ノ鳥島」の「沿岸から200カイリの排他的経済水域(EEZ)」に接している。
 このことから「国連の大陸棚限界委員会」が日本の「沖ノ鳥島」の「」としての領有を認めていることは明らかである。

 「外相」という高位の政府当局者までがこのような口から出任せを平然と言い放つようでは、最近、支那のことをネット上で「大朝鮮」と呼ぶのも当然である。
  1. 2016/03/21(月) 09:04:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【お金は知っている】中国の軍拡阻止策は金融自由化 日本は元のSDR化を逆手にとれ" 安倍晋三にそんな「通貨戦略」も胆力もあるとは思えない!! | ホーム | "【伝統と創造】看過できない国連女子差別撤廃委員会の認識 皇室典範への言及は不当極まりない" 政権政党の一員としてこれほど無責任で人を馬鹿にした言いぐさもない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2704-e567d16a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)