金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"シャープと鴻海、31日「ゴールイン」へ 出資は1千億円減" 国会が最初から賛成していれば止められるものも止められるはずがない!!

 3月26日の産経新聞は,”シャープと鴻海、31日「ゴールイン」へ 出資は1千億円減
 台湾・鴻海精密工業と同社の傘下に入ることを決めていたシャープが、出資額を当初予定よりも1千億円減額し3890億円とする方針を固めたことが25日、分かった。両社は30日にそれぞれ臨時取締役会を開いて機関決定を行い、31日に契約書に調印する。シャープの財務リスクで延期されていた契約締結は、1カ月あまりの曲折を経て実現する見通しとなった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 昨日、次のような報道があったのだが、これはどうなったのだろうか。

 3月25日の産経新聞は,”鴻海「破談」ないか…シャープ悶々、出資減額〝無茶ぶり〟にも我慢の1カ月 最終合意難航
 経営再建中のシャープが台湾・鴻海精密工業への傘下入りを決めて、25日で1カ月となる。
 シャープの高橋興三社長は今回の鴻海との交渉過程で、「出資金を下げるなど理屈に合わないようなことがあれば提携には至らない」とかつて牽制しており、市場では警戒感が残る。
 しかし、今のところ破談の可能性は低いとみられている。鴻海と支援策で競った官民ファンドの産業革新機構が手を引き、シャープには、もはや鴻海以外に相手がいないからだ。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「シャープの財務リスク」と言ってもそんなものは最初から明らかなのだから、これは十分、「出資金を下げるなど理屈に合わないようなことがあれば提携には至らない」場合に該当すると思うが、そうは考えないのだろうか。
 それとも以前として、「3890億円」>「3,000億円」だからということだろうか。

 明らかなネックとなるのは「鴻海と支援策で競った官民ファンドの産業革新機構が手を引き、シャープには、もはや鴻海以外に相手がいないからだ。」という認識であるが、これには次のような報道もある。

 3月24日のテレビ東京は,”シャープ支援 革新機構なお意欲
 官民ファンドの産業革新機構の関係者は、WBSの取材に対し、台湾の鴻海精密工業によるシャープ買収が破談になった場合、再建を引き受ける意向があることを明らかにしました。
 元々、革新機構は将来負債の恐れがある偶発債務の3,500億円を織り込み、シャープに対して3,000億円出資を提案していたといいます。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「産業革新機構」は基本的に公的機関なのだから、交渉の紆余曲折はどうあれ最終的に双方が合意すれば、「再建を引き受ける」可能性は高いだろう。

 ただ当方が考える最大の問題点はやはり政治に危機感がないことである。
 国会でこの問題が取り上げられたのは、平成28年02月26日に衆議院財務金融委員会で木内孝胤議員(維新の党)の質問1回きりである(リンクはこちら)。

○木内(孝)委員 きょうの新聞各紙の一面に出ておりますが、鴻海さんという台湾の企業がシャープに資本を出すというような報道がございます。私は、今余りにも動き過ぎている案件なので、正直、ちょっとこの件について質問するのをちゅうちょもしていたわけですが、逆に、動いていないとこういう官民ファンドとかそういうものに皆さんなかなか御関心を持ちにくいということもありまして、特に、細部、今回の資本注入等について影響を及ぼさない範囲内で質問したいと思います。
 国が家電メーカーの経営にリスクマネーを供給する、産業再編を促すという意味とかいろいろな意味があろうかと思いますけれども、それの意義について教えてください。


○保坂政府参考人 産業革新機構でございますが、民間企業の自主的な取り組みを補完し、企業間のオープンイノベーションを促進することを目的としている機構でございます。
 今回の産業革新機構のシャープに対する提案も、シャープの要請に応える形で、こうした趣旨にのっとって行われたものと認識してございます。


○木内(孝)委員 今回は、私は逆に、もし本当に台湾の鴻海さんが資本を出してくれるということであれば歓迎するべきだと思います。
 私は、こうして国が一企業の経営に介入するという統制型の経済を続ける、これが今、安倍政権の潜在成長率が大きく下がり続けている理由の一つだと思っております。


 「維新の党」所属だから質問の内容はこんなものだろうが、問題は政権与党の側に質問が全くないことである。
 国会が最初から賛成していれば、止められるものも止められるはずがない。
  1. 2016/03/26(土) 10:51:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【ソウルからヨボセヨ】日本人学校移転 韓国の世話になった過去も" ソウル市が英語圏の外国人学校の誘致という目論見を持っていて体よく追い出されたというのが実態ではないか? | ホーム | "【「慰安婦」日韓合意】国連委「大きな進展」と一定の評価" 普通の論理の持ち主なら謝罪しながら強制連行を否定するという対応は理解の範疇を超えているだろう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2709-530a7e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)