金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"伊勢神宮参拝は「皇国教育」?修学旅行生、元年比で5分の1以下に" 背景には平成4年度の採用試験から在日韓国人に対し教員採用が門戸開放されたことがあるのでは?

 5月6日の産経新聞は,”伊勢神宮参拝は「皇国教育」?修学旅行生、元年比で5分の1以下に 抗議への配慮も
 修学旅行などの行き先として伊勢神宮(三重県伊勢市)を選ぶ学校が、平成元年の約22万人と比べ、昨年は5分の1以下の約4万1千人にとどまったことが分かった。
 平成27年の伊勢神宮の参拝客は計838万人。中でも外国人参拝者が9万7千人(前年比3万人増)に達するなど、伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)を前に、国外からの関心は高まりを見せている。
 ただ、子供たちに限ると事情は違うようだ。
 伊勢市によると、伊勢神宮を修学旅行などで訪れた児童・生徒数は、統計の残る元年は22万1379人だったが、その後数年間は年間で2万人単位の減少が続き、19年には2万8千人に落ち込んだ。20年以降は回復傾向にあり、ここ数年間は年間4万人前後で推移。27年は4万1567人だった。
 では、どういった理由が考えられるのか。
 「近年、山や海での体験型の修学旅行が増えている。学校のトレンドが変化した可能性がある」と指摘するのは、伊勢市観光振興課の担当者。ニーズが多様化し、各校の立ち寄り先が分散したことが背景にあるとみている。
 一方で別の理由を挙げる関係者もいる。
 「宗教上の理由から、子供の伊勢神宮への訪問に難色を示す保護者がいる」と指摘するのは、大阪府内のある市の教育委員会幹部。「神道を信仰していないのに伊勢神宮に連れて行かれた」との抗議が保護者から過去に入ったことがあり、近年は行程から伊勢神宮を外す学校が出てきた。
 こうした配慮に加え、戦前の「皇国教育」や「軍国主義」につながる-として神道に否定的な現場の一部教員の反対もあり、“神宮外し”が広がった可能性もある。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「修学旅行などの行き先として伊勢神宮(三重県伊勢市)を選ぶ学校が、平成元年の約22万人と比べ、昨年は5分の1以下の約4万1千人にとどまったことが分かった。」とあるのは正直意外な感じがした。
 というのはこの10年近くほぼ毎年、8月15日には靖国神社に参拝して参拝客の激増を身を以て感じていたからである。

 理由として上げられていることのうち、まず「近年、山や海での体験型の修学旅行が増えている。」とあるのはどうか。
 単なるレジャーならそうかもしれないが、「修学旅行」ならそれなりに教育的効果を求めるものであり、それが理由になったとは考えにくい。

 また「宗教上の理由から、子供の伊勢神宮への訪問に難色を示す保護者がいる」とあるのは理屈的に考えられるが、本当にそれにこだわる人がいるだろうか。
 もしどうしてもそれにこわだるなら、その子はその間だけバスの中で待っていてもらうほかないだろう。

 むしろこの点は「修学旅行」よりも給食の方が深刻である。
 「国際交流の基本!宗教別に食事のタブーがあることを知っておきましょう」というサイトには次のとおりある(リンクはこちら)。

イスラム教
 豚肉を食べてはいけない、お酒を飲んではいけない、というのは案外知られているかもしれません。
 その他宗教上の適切な処理が施されていない肉もダメ。うなぎやイカなどもNG。
ヒンズー教
 ヒンドゥー教では、牛を「聖なるもの」としているので牛肉は食べません。
ユダヤ教
 レビ記11章によれば、動物についてはまず草食動物で(ライオンなど肉食類はだめ)、割れたひづめと反芻することが条件です。牛・羊・ヤギ・鹿ですね。豚やラクダは禁止です。
 海や湖に住む生き物では、ひれと鱗のある物は食べていい。エビ、カキ、タコなどはだめです。


 これらの宗教に帰依している子供達は正直言って日本の給食は無理である。

 やはり本当の理由は「こうした配慮に加え、戦前の「皇国教育」や「軍国主義」につながる-として神道に否定的な現場の一部教員の反対もあり、“神宮外し”が広がった可能性もある。」だろう。

 上記にある「宗教上の理由から、子供の伊勢神宮への訪問に難色を示す保護者がいる」もこれの形を変えた工作活動ではないか。
 「と指摘するのは、大阪府内のある市の教育委員会幹部」とあるのも在日南北朝鮮人の多い「大阪府」らしく、そのことをよく示している。

 その背景に何があるかと言えば、2010年6月28日のエントリーで次のように書いたとおりである(リンクはこちら)。

この問題の背景には何があるかと言えば、私は単に思想の偏った組合員というのではなく、やはり在日南北朝鮮人教員の問題があると思います。日教組の組合員の中でもおかしな連中はごく一握りです。しかしその一握りの人間がとんでもない確信犯なので全体をどうしようもない組織にしているのです。
 このことは先の在特会の街宣でも言いましたが、日本が在日南北朝鮮人教員の採用を開始したのは、海部内閣時代の平成3年(1991年)1月10日に「在日韓国人の法的地位と待遇に関する覚書」という外交的取り決めを日韓両政府の間で締結したときからです。これに基づき平成3年(1991年)3月22日、文部省から各都道府県教育委員会あて、「在日韓国人など日本国籍を有しない者の公立学校の教員への任用について」という通達が出されました。これにより平成4年度の採用試験から在日韓国人のみならず、すべての外国人に対し、教員採用が門戸開放されています。


 事態はかなり深刻であるが、一歩一歩正常化させていくほかない。
  1. 2016/05/08(日) 21:04:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【正論】時代遅れのGDPにこだわるな 目先の数値に踊らされるのは愚の骨頂だ" 代替案のない主張は意味がないが、安倍の他に誰がいるは完全に間違い!! | ホーム | "【主張】駐留米軍撤退で「米国の利益」を捨てるのか トランプ氏の全額負担要求はおかしい" 約5830億円程度の金額だと我が国の世論は文句無く全額負担に傾くのではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2752-5ab216f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)