金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【舛添知事湯河原通い】「公用車もう使わない」「批判を真摯に受け止める」" 誤りを認めてくれた方が成果は期待できるからこれは好機!!

 5月9日の産経新聞は,”【舛添知事湯河原通い】「公用車もう使わない」「批判を真摯に受け止める」 
 東京都の舛添要一知事が公用車でほぼ毎週末、温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に通っていた問題で、舛添氏は9日、TBSのニュース番組「ニュース23」に出演し、「批判を真摯に受け止め、今後は公用車を使わないようにしたい」と述べた。
 舛添知事はこれまで「ルールに従ってやっており、問題はない」「公用車は『動く知事室』だ」などと主張し、緊急時に備えるためにも、公用車の利用は別荘通いに不可欠との認識を示していた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 これは「舛添要一知事」が初めて自らの誤りを認めた発言ではないか。
 誤りを認めようと認めまいと誤りを攻めればいいが、認めてくれた方が成果は期待できるから、これは好機である。
 攻める方法はお金絡みのことだから、当然のことながら住民監査請求である。

 東京都のHPには「住民監査請求の手引」が掲載されている(リンクはこちら)。 
 「監査委員による監査を求める場合の様式及び記入例は、次のとおりです。」には次のとおりある(リンクはこちら)。

次の事項について記載して下さい。
● 誰が(請求の対象職員)
● いつ、どのような財務会計行為を行っているか
● その行為は、どのような理由で違法・不当なのか
● その結果どのような損害が都に生じているのか
● どのような措置を請求するのか


● 誰が(請求の対象職員)
 もちろん「東京都知事 舛添要一」である。 

● いつ、どのような財務会計行為を行っているか
 「公用車でほぼ毎週末、温泉地として知られる神奈川県湯河原町の別荘に通っていた」である。

● その行為は、どのような理由で違法・不当なのか
 「東京都自動車の管理等に関する規則」1条の「公務を行うために東京都(以下「都」という。)が使用する庁有車及び雇上車」に違反している(リンクはこちら)。 

● その結果どのような損害が都に生じているのか
 本来なら「公用車」の運転手の人件費から割り出さなければならないが、これははっきりとしたデータは個人情報の関係で出てこない。
 これについては次の報道がある。

 4月27日のj-castニュースは,”舛添都知事「公用車で湯河原通い」の文春記事  都庁内「不満」を予感させる内部告発
 2016年4月27日発売の週刊文春5月5・12日合併号は、舛添氏の「新たな疑惑」を報じた。
 記事によると、文春には4月上旬に都庁関係者から「内部告発」があり、それをもとに、都に情報公開請求して「庁有車運転日誌」を取り寄せた。その結果、舛添氏が15年度の1年間ほどで、神奈川県湯河原町の温泉地にある別荘兼事務所に公用車で毎週末のように通い、計49回も都庁との間などを往復していたと報じた。
 湯河原は、都心から約100キロ離れており、ハイヤーなら1往復で8万円ほどするといい、単純計算すると、公用車がこれまでに使った総額は、約400万円にも上るという。
”と報道した(リンクはこちら)。

 そこでとりあえず「湯河原は、都心から約100キロ離れており、ハイヤーなら1往復で8万円ほどするといい、単純計算すると、公用車がこれまでに使った総額は、約400万円にも上るという。」を使っておけばいいだろう。 

● どのような措置を請求するのか
 地方自治法第二百四十二条の二第1項4号の「当該職員・・・に損害賠償・・・の請求をすることを当該普通地方公共団体の執行機関・・・に対して求める請求
 つまり「東京都知事 舛添要一」に「損害賠償の請求をすること」を職務代理者である「東京都副知事」に求める請求である。

 これらの点を文章の体裁に直して住民監査請求書の様式を完成させればよい。
 当方が東京都民なら自分でするが、そうではないので、有志がやってくれることを期待する。
  1. 2016/05/10(火) 17:28:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"教職員の政治活動に罰則 自民、特例法改正案、秋の臨時国会にも提出" 私立との横並びから厳しい運用はほとんど不可能では。公務員の任期制の採用が必要!! | ホーム | "【正論】時代遅れのGDPにこだわるな 目先の数値に踊らされるのは愚の骨頂だ" 代替案のない主張は意味がないが、安倍の他に誰がいるは完全に間違い!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2754-7ff15da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)