金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国が共同訓練閉幕式で海自艦の入港拒否" なぜ我が国はこのような無礼な扱いを受けてまで日韓の防衛協力を推進しなければならないのか!!

 6月5日の産経新聞は,”韓国が共同訓練閉幕式で海自艦の入港拒否 「日本軍国主義の象徴」旭日旗にメディアが猛反発
 海上自衛隊や米韓両海軍などが5月25日~6月3日に韓国海域で行った共同訓練で、計画されていた韓国・済州島への各国艦船の入港が韓国側の判断で中止されていたことが4日、分かった。韓国の複数メディアが自衛艦旗である「旭日旗」を掲げる海自艦艇に激しく反発したことから、韓国政府が国内の反日感情に配慮したとみられる。
 訓練は韓国海軍主催の「西太平洋潜水艦救難訓練(パシフィック・リーチ)」で、日米韓のほか豪州、シンガポール、マレーシアの各海軍が参加した。海自は潜水艦救難母艦「ちよだ」と練習潜水艦「おやしお」を派遣。5月24日に韓国南部の鎮海海軍基地に入港し、海上訓練などを経て3日に済州島で閉幕式を行う計画だった。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「韓国の複数メディアが自衛艦旗である「旭日旗」を掲げる海自艦艇に激しく反発したことから、韓国政府が国内の反日感情に配慮したとみられる。」とあるが、なぜ我が国はこのような無礼な扱いを受けてまで、「日韓の防衛協力」を推進しなければならないのか。

 このような日本政府の姿勢は情けない限りであり、全く理解に苦しむ。
 理由は日本政界に親韓派が多いこともあるが、主たる理由は米国の意向である。

 しかし遅かれ早かれトランプ的主張の人物が米国大統領に就任することは間違いないから、いつまでも米国の意向に汲々とすることは不要である。
 我が国は自信を持って米国に対して日米韓という防衛の枠組みは不毛であることを通告すべきではないか。

 残念ながら安倍政権は勿論のこと、産経新聞でさえ相変わらず古臭い主張を繰り返しているが、遅まきながら我々、維新政党新風と同じように現実的に我が国の自主防衛を考える識者も出てきた。

 6月6日の産経新聞は,”【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】果たして米国の母親は日本のために愛するわが子を戦場に送るだろうか? 幻想を捨て米国の変化に対応せよ
櫻井よしこ氏
 バラク・オバマ米大統領が世界の警察をやめ、共和党の大統領候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏が日本は自己負担で防衛せよと迫る。アメリカの対日安保政策の変化を前に、日本人は事の重要性を認識し対応できるのか。
 週刊誌「AERA」(5月16日号)が憲法改正に関連して11都府県の700人に行った対面調査が現代日本人の幻想を浮き彫りにしている。日本周辺に中国および北朝鮮の脅威が迫る中、「自衛戦争を認めるか、認めないか」との問いに、女性はすべての世代で「認めない」が「認める」よりも多かった。
 自衛のためであっても戦争を否定するのは、子供を産み育てる母としての価値観だとの論評があった。ならば、アメリカ人の母の気持ちにも思いを致すべきだ。アメリカのママたちは、自ら守る意思もない日本のために、愛するわが子を戦場に送るだろうか。答えは明らかだ。

 私たちは日本の国防の根幹の見直しという意味で重大な国家の岐路に立っているのである。来月の参議院議員選挙はそのことを問題提起する好機である。国民皆で考え、決めるのが国防や憲法改正であれば、考えるための議論を全開するのが政治の目下の責任である。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「ならば、アメリカ人の母の気持ちにも思いを致すべきだ。アメリカのママたちは、自ら守る意思もない日本のために、愛するわが子を戦場に送るだろうか。答えは明らかだ。」とあるのは当然である。
 問題は自立心に乏しい日本人の国民意識である。

 6月6日の産経新聞は,”ケント・ギルバート氏が占う米大統領選の行方は… 「トランプ氏がなった方が日本は自立するからいい」
 米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバート氏が5日のフジテレビ系番組「新報道2001」に出演し、政治とカネの問題などに斬り込んだ。

 大統領選の行方については「さっぱり分からない。もう少し先にならないと、何が出てくるか分からないから」とお手上げ。一方で「トランプ氏が(大統領に)なった方が日本はもう少し自立するから、いいかもしれない」と改めて持論を述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「トランプ氏が(大統領に)なった方が日本はもう少し自立するから、いいかもしれない」とあるのは我が国を愛する米国人からの温かい忠告である。

 早ければ来年2月にも日米安保条約を巡る環境には大変革があるのかもしれないのだから、我が国の保守勢力は早くそれに対処できるように国民の意識改革を図るべきである。
  1. 2016/06/07(火) 18:26:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"産業構造の変化と雇用情勢" 製造業が国内に戻ってこないのは多少の円安では人民元安やウォン安の大きさをカバーできないから!! | ホーム | "実質賃金引き上げの条件" 実質賃金下落の主因が円高というのは嘘!!>>

コメント

早いとこ9条を破棄・自衛隊を国防軍に改組して、韓国を黙らせよう
  1. 2016/06/08(水) 11:45:10 |
  2. URL |
  3. 名無し #qbIq4rIg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2782-db69200c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)