金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"中国軍艦が沖縄、北大東島の接続水域に侵入" 中国には島嶼部ではなく本州の領海に傍若無人に侵入して安倍晋三の臆病振りを満天下に明らかにしてもらいたい!!

 6月16日の産経新聞は,”中国軍艦が沖縄、北大東島の接続水域に侵入
 防衛省は16日、中国海軍のドンディアオ級情報収集艦1隻が沖縄県の北大東島周辺の接続水域に侵入したことを確認したと発表した。これを受け、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が劉少賓駐日中国公使に対し懸念を伝達した。
 防衛省によると、情報収集艦は16日午後3時5分ごろ、沖縄県の北大東島の北側から接続水域に入り、4時ごろに北北西から離れたという。
 中国海軍は9日未明、尖閣諸島の久場島と大正島の間を北上するロシア艦隊の動きにあわせるように、ジャンカイI級フリゲート艦を接続水域に侵入させた。また、15日未明にも今回と同一の情報収集艦1隻が、鹿児島県の口永良部島付近の領海に侵入している。
”と報道した(リンクはこちら)。

 今回の場合は幸い「接続水域」であるが、「15日未明」の場合は「領海」である。
 これに対して日本政府は何か有効な対処をしているのだろうか。

 6月15日の産経新聞は,”【中国軍艦領海侵入】“わがもの顔”で領海航行 常態化の恐れ、見送られた「警備行動」と「抗議」
 日本政府は15日、中国海軍の情報収集艦による領海侵入に対し、「抗議」ではなく、「懸念」を伝達するにとどめた。軍事的な選択肢として自衛隊への「海上警備行動」の発令も想定される事態だったが、これも見送った。その理由は、国際的に認められる「無害通航」に該当する可能性があるからだ。だが、無害通航を盾に同様の事態を再び許せば、今後も中国軍艦が日本領海を“わが物顔”で通過することを常態化させる恐れがある。
 国際法上、領海内では他国の軍艦であっても、平和や秩序、安全を害さない限り、自由に航行できる無害通航が認められている。だが、情報収集艦は電波情報の収集を任務とし、今回の領海侵入は沖縄周辺海域で実施中の日米印海上共同訓練「マラバール」に参加していたインド海軍艦を追尾する形で行われた。つまり、日本領海で情報収集という「軍事的行為」を事実上、許したともいえる。
”と報道した(リンクはこちら)。

 「その理由は、国際的に認められる「無害通航」に該当する可能性があるからだ。」とあるが、これは本当だろうか。
 「無害通航」の要件は国連海洋法条約19条に定められている(リンクはこちら)。

「第十九条 無害通航の意味
1 通航は、沿岸国の平和、秩序又は安全を害しない限り、無害とされる。無害通航は、この条約及び国際法の他の規則に従って行わなければならない。
2 外国船舶の通航は、当該外国船舶が領海において次の活動のいずれかに従事する場合には、沿岸国の平和、秩序又は安全を害するものとされる。
(a) 武力による威嚇又は武力の行使であって、沿岸国の主権、領土保全若しくは政治的独立に対するもの又はその他の国際連合憲章に規定する国際法の諸原則に違反する方法によるもの
(b) 兵器(種類のいかんを問わない。)を用いる訓練又は演習
(c) 沿岸国の防衛又は安全を害することとなるような情報の収集を目的とする行為
(d) 沿岸国の防衛又は安全に影響を与えることを目的とする宣伝行為
(e) 航空機の発着又は積込み
(f) 軍事機器の発着又は積込み
(g) 沿岸国の通関上、財政上、出入国管理士又は衛生上の法令に違反する物品、通貨又は人の積込み又は積卸し
(h) この条約に違反する故意のかつ重大な汚染行為
(i) 漁獲行為
(j) 調査活動又は測量活動の実施
(k) 沿岸国の通信系又は他の施設への妨害を目的とする行為
(l) 通航に直接の関係を有しないその他の活動」

 「だが、情報収集艦は電波情報の収集を任務とし、今回の領海侵入は沖縄周辺海域で実施中の日米印海上共同訓練「マラバール」に参加していたインド海軍艦を追尾する形で行われた。」とある以上、今回の場合は「(c) 沿岸国の防衛又は安全を害することとなるような情報の収集を目的とする行為」に違反しているだろう。
 どう考えてもこれは「無害通航」には該当しない。

 今回の一連の行動の中国側の意図はよく分からないが、結果として参院選には自民党に有利に働くだろう。

 残念ながら我々、維新政党新風にとってはこの程度では全くプラスにならない。
 当方としては中国にはもう一頑張りしてもらって、島嶼部ではなく本州の領海に傍若無人に侵入して、安倍晋三の臆病振りを満天下に明らかにしてもらいたいところである。
  1. 2016/06/17(金) 01:18:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東京)参院選 20人超立候補へ" 「中韓から日本を守る!」は簡潔明瞭で真正保守の国政政党らしい良いスローガン!! | ホーム | "都知事選、早ければ7月31日投開票 舛添氏が辞職願" 当方としては不信任決議案が可決され舛添知事が都議会を解散することを期待していたが!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2791-cb36e8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)