金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"東京)参院選 20人超立候補へ" 「中韓から日本を守る!」は簡潔明瞭で真正保守の国政政党らしい良いスローガン!!

 6月15日の朝日新聞は,”東京)参院選 20人超立候補へ
 参院選が22日に公示される。東京選挙区は改選数が1増え、全国最多の6に。主要政党がそれぞれ1~2議席の確保に向けて候補者を擁立するなど、20人以上が立候補する見通しだ。投開票は7月10日で、激しい選挙戦が予想される。
 国会に議席のある政党では8党が計10人の擁立を表明している。

 自民党は2人を擁立し、前回2013年に続いて2議席の確保を狙う。3選をめざす現職の中川雅治氏(69)は旧大蔵省と環境省の官僚出身。約70万票を獲得した10年と同様、自民の区市議や都議らが築いた支援組織の票をまとめる戦いを徹底し、医師会など各種団体の推薦も得た。
 2人目の新顔、朝日健太郎氏(40)は5月に打診を受け、今月5日に立候補を決めた。ビーチバレーの元五輪代表選手。ブログやツイッターでは早速、20年東京五輪・パラリンピックの成功に向けた訴えなどを発信し、無党派層の取り込みを狙う。

 おおさか維新の会は、元長野県知事で作家の田中康夫氏(60)を擁立。知事時代に実績のある空き家を改修した「宅幼老所」など福祉政策に重点を置く。

 日本のこころの新顔、鈴木麻理子氏(31)は「何度でもやり直せる社会の実現」を掲げる。教育の無料化など若い世代に寄り添った政策を訴える。

 元気の現職松田公太氏(47)は14日現在、立候補するかどうか態度を明らかにしていない。

 ■東京選挙区の予想顔ぶれ
 中川 雅治69 自現 (2) 党総務会長代理
 朝日健太郎40 自新     〈元〉バレー選手
 小川 敏夫68 民現 (3) 〈元〉法相
 蓮   舫48 民現 (2) 〈元〉行政刷新相
 竹谷とし子46 公現 (1) 公認会計士
 山添  拓31 共新     弁護士
 田中 康夫60 お維元(1) 〈元〉長野県知事
 増山 麗奈39 社新     映画監督
 鈴木麻理子31 こ新     経営コンサル業
 高樹 沙耶52 改新     女優
 小林 興起72 諸新     〈元〉衆院議員
 鈴木 信行50 諸新     新風代表
 ト ク マ49 諸新     幸福実現党局長
 又吉 光雄72 諸新     政治団体代表
 佐藤  香48 無新     女性団体代表
 鈴木 達夫75 無新     弁護士
 柳沢 秀敏67 無新     医師
 横粂 勝仁34 無新     〈元〉衆院議員
”と報道した(リンクはこちら)。

 最後の「元気の現職松田公太氏(47)は14日現在、立候補するかどうか態度を明らかにしていない。」については次のような報道があった。

 6月16日の産経新聞は,”【2016参院選】元気・松田公太前代表が不出馬表明
 日本を元気にする会前代表の松田公太参院議員は16日、国会内で記者会見し、7月の参院選に立候補しないと表明した。理由について「是々非々の立場の政党をつくろうとしたが難しかった。別の形で日本に貢献したい」と述べた。東京都知事選に出馬する可能性も「全くない」と否定した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 上の報道にある各保守系政党の候補者を見る限り、我が維新政党新風と主張がかぶる候補者はいない。
 その意味では我々としては他党との競争というよりも、いかに有権者に自分達の主張の正しさを理解してもらうかの闘いである(リンクはこちら)。

 さて我が鈴木信行候補の選挙ポスターのスローガンは、「中韓から日本を守る!」に決定したようである。
 これについては5月28日の本部幹事会では、「ポスターの字句など細かなことが話し合われました。様々な意見が交わされましたが、最終的には社会や他陣営の動きを見て、代表が各課題の責任者と協議して決定することになります。」ということだったのであるが、代表は結局これを選択したようである。
 当方も簡潔明瞭で真正保守の国政政党らしい良いスローガンであると思う。

 さて他にも移民反対や自主防衛推進など訴えたいことは山積しているが、時節柄、舛添都知事問題にも触れておかなければならない。
 その中でも我が党としてはやはり猪一番にこの問題に言及すべきである。

 6月13日の産経新聞は,”【舛添知事追及・集中審議(3)】都有地への韓国人学校誘致「地元の理解なく進めぬ」と断言 都市外交には「外務大臣のまねごとしたかっただけでは」と批判も
 《東京都の舛添要一知事の政治資金「公私混同」疑惑をめぐる東京都議会総務委員会の集中審議は、鈴木隆道委員(自民)の質問が続いている。》
 《質問は、都市間外交や韓国人学校の都有地の貸し出し問題にも及んだ。舛添氏は、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領からの依頼に従い、保育所不足に悩む新宿区の都有地を韓国人学校の増設用地として貸し出す方針を打ち出している》

 鈴木氏「さらには都有地への韓国人学校の誘致の問題です。この問題においても知事の偏りがあらわれていると思います。地元への説明は十分つくされ、理解は得られているのでしょうか。このような状態で学校が完成しても、皆が祝福するでしょうか。都有地の活用策について、都民の声に十分耳を傾け、地元の理解なくして事業を進めることはないと約束すべきと考えますが、お答えを求めます」
 舛添氏「ご指摘の通りでありまして、韓国人学校の候補地でありますけれども、地元の理解がなければ絶対に成功いたしません。胸に刻みまして、協議は始めましたけれども、慎重にですね、地元の意見を聞きながら、さまざまな要因を考えながら慎重にゆっくりと進めて参りたいと思います」
 鈴木氏「私は地元の理解なくして事業を進めることはない、と約束しろと申し上げているのであります。そういうことで言いました。そういう意味で答弁を理解します。いいですね?」
 舛添氏「地元の理解なくして進めることはございません」
”と報道した(リンクはこちら)。

 これを直接、自民党批判の材料にすることは難しいが、日韓断交の必要性に結び付けることは可能だろう。
  1. 2016/06/17(金) 22:55:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"軍艦侵入で中国が勝手に国際法解釈 「国際海峡を航行」" このような中国の暴挙には海上警備行動で対処するしかない!! | ホーム | "中国軍艦が沖縄、北大東島の接続水域に侵入" 中国には島嶼部ではなく本州の領海に傍若無人に侵入して安倍晋三の臆病振りを満天下に明らかにしてもらいたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2792-7993fc77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)