金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"尖閣周辺に中国公船3隻 13日連続 海洋調査船も" 参院選の勝利が確定的な自民党としては金持ち喧嘩せずということころか!!

 6月27日の産経新聞は,”尖閣周辺に中国公船3隻 13日連続 海洋調査船も
 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で27日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船が尖閣周辺で確認されたのは13日連続。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、3隻は海警2146、海警2401、機関砲のようなものを搭載した海警31239。
 一方、尖閣諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)では中国の海洋調査船「勘407」が、調査機器とみられるワイヤのようなものを海中に投入しているのを巡視船が確認し、中止を要求した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 このような中国の侵略的行動は参院選の結果にも少なからず影響するはずである。
 ただ我が党にとっては、「接続水域」や「排他的経済水域(EEZ)」でうろちょろするだけでは物足りない。
 やはり中国にはもう一頑張りしてもらいたいところである。
 こうした状況に対し、安倍政権は何か反応しているか。

 6月27日の産経新聞は,”首相「ワイン輸出を国が支援」 各陣営精力的に遊説 山梨
 公示後初の日曜となった26日、参院選に立候補した4氏は、遊説などを精力的に行い、無党派層にも支援を訴えた。
 民進党公認の新人、宮沢由佳氏(53)は甲斐、南アルプス市で終日、遊説を行い、安保法制廃止や子育て環境の充実などを強く訴えた。
 自民党公認の高野剛氏(68)と大接戦を続ける宮沢氏。「やっと相手の背中に手が届きそうだ。皆さんの手で私を押して国政に送ってほしい」と一層の支援を求めた。

 一方、自民党は安倍晋三首相が来県し、甲府市徳行と同市朝気で高野氏の応援演説を行った。2カ所で計1800人(県連公表)の聴衆が集まった。
 首相は「野党はまとまった政策がないので批判ばかりだ」「理念が全く異なる共産党と民進党に未来は描けない」と強調。「大変厳しい戦いが続いている。皆さんの力を結集し、高野さんに地域、日本のために仕事をさせてほしい」と力を込めた。
 首相は先月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で県産ワインを提供したことに触れ、「世界の首脳が山梨のワインを認めた。これからもっともっと輸出する。そのための支援を国が行う」と述べ、日本ワインの輸出拡大に本格的に取り組む考えを表明した。
”と報道した(リンクはこちら)。

 やはり選挙中なので特に反応はないようである。
 参院選の勝利が確定的な「自民党」としては金持ち喧嘩せずということころか。
  1. 2016/06/27(月) 18:11:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<活動報告 6月28日参院選東京選挙区 告示7日目 | ホーム | 活動報告 6月26日参院選東京選挙区 告示5日目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2802-48ba0a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)