金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

桜井誠候補に投票することは票割れあるいは死に票か?

 一昨日、「移民に反対の都民はすべからく桜井誠候補に投票すべきである。」と書いたのであるが、韓国人学校の建設に反対する人達の中に小池百合子候補との票割れを危惧する声があるだろう。
 確かに小池百合子候補は、「韓国人学校への都有地貸与を見直して、保育や高齢者の施設を整えるべきだ」と表明した(リンクはこちら)。

 しかし問題は新宿のあの土地でなければ「韓国人学校」は建ってもいいのかということである。
 安倍政権が行う移民政策が続く限りは、韓国人の人口が増え、「韓国人学校」に対する実需はどんどん大きくなっていく。
 したがって現状ではあの土地でなくとも都内のどこかにいつかは「韓国人学校」が建つはずである。
 結局、安倍政権が行う移民政策という元を絶たなければ駄目なのであり、移民に反対しているのは桜井誠候補だけである。

 また最悪、増田寛也候補どころか鳥越俊太郎候補が都知事になることがあるかもしれない。
 しかし所詮、地方の首長の立場でできることはたかが知れているから、危惧するには当たらない。
 左翼系の首長が誕生してその自治体がおかしくなるようなら、とっくに日本の自治体のほとんどがおかしくなっているはずである。
 またたとえ都知事になっても鳥越俊太郎候補は体力的に持たないからすぐにまた都知事選があるだろう。
 だから小池百合子候補との票割れなど全く気にする必要はない。

 また落選が確実な桜井誠候補に投票することは死に票だという声もあるだろう。
 確かに今回はやはり当選には届かないだろう。あれだけメディアが無視すれば当然である。

 しかし桜井誠候補への投票は決して死に票ではない。
 それは政治において桜井誠候補にしかできない大切な役割があり、それを実行するには今回やはり大量得票が必要だからである。
 その大切な役割とは何か。

 それは有権者に安倍晋三が売国奴であり日本人の敵であることを理解させ、真正保守票、つまり非自民の保守票を飛躍的に増やすことである。
 桜井誠候補の公約は確かに都政の範疇だけれども国政の方向性が変わらなければ無理である。
 つまり自民党安倍政権自体を倒さないと本当の問題解決にはならないということである。

 しかし今でも安倍政権に任せておけば日本は大丈夫だという安倍信者は多い。
 先の参院選でも日本のこころと新風を合わせた票は14万5千票しかない。
 鈴木信行候補がいくら参院選で安倍晋三は売国奴であり日本人の敵と言っても有権者の耳に入っていかないのである。

 有権者の意識を変えられるのは何か?
 それは魂に響く演説である。それができるのは日本でただ一人、桜井誠候補しかいない。
 したがってこの都知事選が終わったら桜井誠候補には新しい真正保守政党を作って、次には国政へチャレンジしてもらいたい。
 日本のこころにせよ、新風にせよ、こんな成績しか残せないようでは存続に意味はない。真正保守勢力の再編は不可避である。
 桜井誠候補にはその起爆剤の役割を果たしてほしい。 
 そのためには今回の選挙でつまづくことは許されない。

 おそらく田母神俊雄も同じことを考えていただろう。だから都知事選へ出馬して60万票を得た。
 しかしそのわずか10か月後の衆議院選では4万票しかとれず大惨敗だった。
 人物本位の首長選とは違い、政党間の争いである国政選はそれだけ敷居が高いのである。
 したがって桜井誠候補も60万票では不足であり、できれば100万票が必要である。
  1. 2016/07/28(木) 22:01:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<明日30日の活動予定 | ホーム | "6月の資金供給残高は403兆円 7カ月連続で過去最高" 当方はスタグフレーション一直線と考えるが、その真偽が明らかになるのは最低5年先!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2833-eabbe38f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)