金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「性能不足フェリー」売りつけた韓国企業に軍配!" 根本は我が国の南朝鮮に対する弱腰がすべての原因の源だから、国政が明確な反韓姿勢を示さなければ、あらゆる問題は解決しない!!

 7月8日の産経新聞は,”「性能不足フェリー」売りつけた韓国企業に軍配! 大甘取引の新潟県3セク子会社が大損失
 新潟県が筆頭株主の第3セクター、新潟国際海運(新潟市中央区)の子会社ナフジェイ・パナマは7日、フェリーの売買契約に関するトラブルをめぐり、韓国企業に約157万ドル(約1億5700万円)を支払うよう日本海運集会所(東京)から5日付で仲裁判断を受けたと発表した。昨年支払い済みの前金62万ドル(当時の為替レートで約7400万円)と合わせ、損失は2億3千万円を超す見込み。同社の支払い能力を超えており、県が対応を迫られる可能性もある。
 トラブルは、新潟港とロシアを結ぶ県の日本海横断航路事業で使うフェリー「オハマナ号」が、想定していた性能よりも劣っていたことから起きた。
 韓国企業との売買契約は昨年8月に成立。しかし10月に日本に回航した際、本来は18ノット必要な速度が11~12ノットしか出ないことが判明した。ナフジェイ・パナマは船の受け取りを拒否する一方、韓国側は代金の支払いなどを求めて海運関連の紛争仲裁を行う日本海運集会所に仲裁を申し立て、口頭審理が行われていた。
 県庁で7日、記者会見したナフジェイ・パナマの五十嵐純夫社長(72)は、仲裁判断では韓国企業が請求していた約412万ドルの約38%にあたる金額を支払うよう示されたことを明らかにした。船は韓国側が引き取る。仲裁判断は裁判所の判決と同じ効力を持つ。
 五十嵐社長は「売り主側の請求はカットされ、当社の主張は一定程度は認められた」と説明した。ただ、同社には支払い能力がなく「弁護士と協議し、適切な法的措置を講ずることも検討する」と述べた。
 性能を事前に確認できればトラブルは防げたとみられるが、会見で五十嵐社長は「沖での試験運航を何度も求めたが、実現できなかった」と釈明するとともに、フェリーが調達できず事業の開始が遅れていることを謝罪した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 分かりにくい事件である。普通に民法の瑕疵担保責任では駄目なのだろうか。
 民法570条は次のとおり定めている。

(売主の瑕疵担保責任)
第五百七十条 売買の目的物に隠れた瑕疵があったときは、第五百六十六条の規定を準用する。ただし、強制競売の場合は、この限りでない。

(地上権等がある場合等における売主の担保責任)
第五百六十六条 売買の目的物が地上権、永小作権、地役権、留置権又は質権の目的である場合において、買主がこれを知らず、かつ、そのために契約をした目的を達することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。この場合において、契約の解除をすることができないときは、損害賠償の請求のみをすることができる。
2 前項の規定は、売買の目的である不動産のために存すると称した地役権が存しなかった場合及びその不動産について登記をした賃貸借があった場合について準用する。
3 前二項の場合において、契約の解除又は損害賠償の請求は、買主が事実を知った時から一年以内にしなければならない。


 この観点で言えば、疑問点は次の2つである。

 第1は、「本来は18ノット必要な速度が11~12ノットしか出ないことが判明した」ことが「隠れた瑕疵」であったかどうかである。
 この点では「本来は18ノット必要な速度」ということが契約書に書かれていなければならないが、それはなされていたのだろうか。

 第2は、「ナフジェイ・パナマは船の受け取りを拒否する一方」とあるが、「沖での試験運航を何度も求めたが、実現できなかった」ともあるから、「隠れた瑕疵」を認めて受け取ったと解釈される余地はないかということである。

 以上のような議論もあるが、根本は我が国の南朝鮮に対する弱腰がすべての原因の源だから、国政が明確な反韓姿勢を示さなければ、あらゆる問題は解決しないだろう。
  1. 2016/08/31(水) 05:37:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本第一党の台頭に当たっての維新政党新風の取るべき対応 | ホーム | "主要シンクタンクが見通し。今年度の予測は0・7%で政府見通し下回る" 穴の空いたバケツに水が溜まらないからと言って入れる水の量を増やすような愚かな対策ばかりをしていては、いつまで経っても我が国はデフレから脱却できない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2867-493c204a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)