金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"“お騒がせ”ドゥテルテ比大統領、今度は中国との「同盟」模索?" ドゥテルテ大統領がやろうとしていることはミスチーフ礁を奪われた痛恨事の再現を期しているとしか思えない!!

 9月29日の産経新聞は,”“お騒がせ”ドゥテルテ比大統領、今度は中国との「同盟」模索? 「中国が嫌がるので米との軍事演習は次で最後」
 フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、米国と続けている合同軍事演習について、10月に計画している次回が「最後になるだろう」と述べた。合同演習を「中国が嫌がっている」とした。訪問先のベトナムで、フィリピン人らとの集会で述べた。
 米比両軍は、10月4~12日にルソン島などで米側1400人、比側500人の兵士が参加した上陸演習を予定。来年の合同演習計画の立案にも着手している。だが、ドゥテルテ氏は、ロレンサナ国防相に、次回10月の合同演習のみを許可したとした。
 また、前アキノ政権時代に両国が合意した、米軍による南シナ海での「航行の自由」作戦への参加も行わない意向を重ねて示した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、米国と続けている合同軍事演習について、10月に計画している次回が「最後になるだろう」と述べた。」とあるが、「ドゥテルテ大統領」は次のような事実を忘れたのか。

 2014年6月20日の産経新聞は,”【正論】「中華帝国」再興という危険な夢 防衛大学校教授・村井友秀
 88年3月14日、南沙をめぐり中越間で海戦が起きた。その結果、越海軍の輸送船2隻が沈没し、1隻が大破した。双方の死者は100人を超えたとされる。ベトナム戦争の後遺症に苦しむ米軍が関与する可能性は少ないし、越海軍は中国海軍に比べて劣り、軍事力を行使しても大損害を被るリスクは低いと中国は見積もっていた。
 一方、フィリピンのミスチーフ礁を占拠する最大のリスクは、米軍の介入であった。それを恐れた中国は、交渉による解決や問題の棚上げを主張し、米軍介入のリスクを回避した。だが、91年9月、フィリピン上院が米比基地協定の批准を否決し、92年11月には米軍はフィリピンから完全撤退した。介入の可能性が低くなったと判断した中国は95年、武力を行使してミスチーフ礁を占拠した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「介入の可能性が低くなったと判断した中国は95年、武力を行使してミスチーフ礁を占拠した。」とあるとおり、「フィリピン」が「ミスチーフ礁」を奪われたのは、「フィリピン」自身が墓穴を掘ったものである。
 「ドゥテルテ大統領」がやろうとしていることはこの痛恨事の再現を期しているとしか思えない。

 他方でこんな「フィリピン」を軍事的対中包囲網の重要な一翼と見なしている安倍晋三首相も当方からすれば、まぬけとしか思えない。
 理由は2つあって、第1に元々、「フィリピン」の軍事力は弱小で当てにならないし、第2にそもそも戦争する意思も能力もない国ばかりなのだから、軍事的包囲網という目論見自体が意味をなさないことである。

 その意味で包囲網としては経済的の方が有効である。
 したがって我が国としては米大統領選の結果を注視するしかない。

 9月27日のZAKZAKは,”トランプ氏「中国に奪われた雇用取り戻す」ヒラリー氏「なぜ納税申告書公表しない」 テレビ討論会は初回から激戦
 米大統領選の候補者討論会が26日夜(日本時間27日午前)、ニューヨーク州ヘンプステッドで始まった。
 論戦は経済政策からスタート。「良質の雇用を創出し、最低賃金を引き上げる」と強調したクリントン氏に対し、トランプ氏は「聞こえはいいが、機能はしない」と激しく批判した。
 「米国の雇用が失われている」との持論も展開し、貿易協定の再交渉を通じて中国などに奪われた雇用を取り戻すと高らかに宣言してみせると、クリントン氏が顔をしかめる場面もあった。
”と報道した(リンクはこちら)。 


 「「米国の雇用が失われている」との持論も展開し、貿易協定の再交渉を通じて中国などに奪われた雇用を取り戻すと高らかに宣言してみせると、クリントン氏が顔をしかめる場面もあった。」とあるのは、なぜ「クリントン」が「顔をしかめる」必要があるのかよく分からない。

 しかしとにかく、「トランプ」なら新たな展開があるし、「クリントン」なら現状維持で終わるだろう。
  1. 2016/10/01(土) 08:25:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"人民元は日本の8倍規模で急膨張している これを阻止せねば世界は無法通貨に荒らされかねない!" その方策がマネタリーベース制限ならそれは無理。異常膨張は米QEが先駆だから!! | ホーム | "危険ドラッグ製造の男2人に実刑判決 名古屋地裁" 親在日の安倍晋三には特別永住者の退去強制は当然、無理!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2898-cf09874f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)