金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"安倍首相、元慰安婦へのおわびの手紙を「毛頭考えていない」と断言" トランブの発言から在韓米軍「撤退」の文字はなくなっているので火病韓国人にはもう一頑張りしてもらいたい!!

 10月3日のRecord Chinaは,”安倍首相、元慰安婦へのおわびの手紙を「毛頭考えていない」と断言=韓国ネット「10億円で全国に慰安婦像を建てよう」「マジでプライドが傷ついた」
 2016年10月3日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国の元慰安婦支援のためつくられた「和解・癒やし財団」が求めている安倍晋三首相名義のおわびの手紙について、安倍首相が「毛頭考えていない」と述べた。
 安倍首相は3日の衆院予算員会に出席、昨年末の慰安婦問題をめぐる日韓合意に基づきつくられた支援財団が首相名義の元慰安婦らへのおわびの手紙を要請しているとの報道を踏まえ、手紙を出す考えがあるかとの質問に「我々は毛頭考えていない」と回答した。

 今回の報道を受け、ネットユーザーからは多数のコメントが寄せられている。
「因果応報だ。韓国政府の無能が証明された」
「ひどい言われようだ。韓国政府はこれでも日本が謝罪したと思ってるのか?。こうなったらどっちもどっちだよ」
「ぶっちゃけ、どうして朴槿恵を大統領に選んでしまったんだろう…」
”と報道した(リンクはこちら)。


 「ネットユーザー」の「コメント」には、「韓国政府」や「朴槿恵」などの言葉が並んでいるが、当方としては火病韓国人の怒りが「朴槿恵」政権ではなく、「日韓合意」を主導したオバマ政権に向かうことを期待している。
 というのはそのことが米大統領選に好影響を与え、我々の悲願である日韓断交を一歩前進させることになると考えるからである。

 では最近の米大統領選における在韓米軍に関する発言はどうなのか。

 9月27日の産経新聞は,”【米大統領選】第1回討論会でトランプ氏の核武装容認論の危険性を指摘 軍配はクリントン氏に
 米大統領選の民主党候補、クリントン前国務長官と共和党候補、トランプ氏の第1回テレビ討論会が26日、ニューヨーク州ヘンプステッドのホフストラ大学で開かれ、初めて2人が直接対決した。女性初の大統領を目指すクリントン氏が、日韓の核武装を容認したトランプ氏の発言の危険性を指摘し、同盟重視の姿勢を打ち出したのに対し、トランプ氏は日韓の駐留米軍経費の負担増を重ねて主張。激しい舌戦になった。
 クリントン氏はトランプ氏の核武装容認発言を挙げ、核拡散を「世界が直面する第一の脅威だ」と指摘。「日韓との同盟を再確認したい」と述べた。
 トランプ氏は日韓やドイツが米軍駐留経費を負担していないとし、「何百万台も車を米国に売っている日本は守れない」と語った。北朝鮮の核実験に関しては、同国に影響力を持つ中国に「彼らが問題を解決すべきだ」と迫った。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「トランプ氏は日韓やドイツが米軍駐留経費を負担していないとし、「何百万台も車を米国に売っている日本は守れない」と語った。」とあるから、話題になった3月頃と比べ表面上はそれほど変わらないように見えるかもしれないが、決定的な相違として「撤退」の文字はなくなっている。

 我々にとっては望ましい方向に進んでいるとは思えないので、火病韓国人にはもう一頑張りしてもらいたい。
  1. 2016/10/04(火) 21:22:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国は「市場経済国」といえるのか? 認定めぐり米国と激突" どこの国にもお花畑の売国奴はいるもの!! | ホーム | "ノーベル経済学賞、日本人は米プリンストン大の清滝信宏教授が有力" もし我が国限定のノーベル政治学賞が存在するなら、韓国人学者の金完燮(キム・ワンソプ)氏に送りたい!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2901-21b5bd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)