金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"「南京事件」記事、本紙に日テレ抗議" 抗議の趣旨が全く不明であり、今回も「写真がそれを裏付けている-そんな印象を与えて終わった」ではないか!!

 10月27日の産経新聞は,”「南京事件」記事、本紙に日テレ抗議
 日本テレビ系で放送された検証番組「南京事件 兵士たちの遺言」が紹介した写真の真実性について疑問を提示した産経新聞の記事をめぐり、日本テレビは27日までに、産経新聞社宛てに抗議文を送付した。抗議文は25日付。
 今月16日付掲載の「『虐殺』写真に裏付けなし 日テレ系番組『南京事件』検証」に対するもので、抗議文は「記事は事実誤認、混同、記者個人が受けた印象をもとに構成され、放送事実と反している部分が多数存在する」とし、「大見出しは事実ではない」などと反論している。
 産経新聞広報部の話「当社の見解は16日付の記事の通りです」
”と報道した(リンクはこちら)。


 この「抗議文」は「日本テレビ」のHPで公開されており、次のとおりある(リンクはこちら)。

産経新聞 2016年10月16日付掲載
 〈「虐殺」写真に裏付けなし〉記事について

 2015年10月放送のNNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」について、産経新聞が報じた<「虐殺」写真に裏付けなし>という記事の内容は、番組が放送した事実と大きく異なっていました。このため日本テレビは書面において産経新聞に対して厳重に抗議するとともに、ここに主旨を掲載します。

 まず<「虐殺」写真に裏付けなし>という大見出しは事実ではありません。
 番組で使用した写真は、大勢の人が積み重なるように倒れているものです。
 産経新聞の記事は、類似写真を1988年に掲載した別の全国紙紙面を引用、掲載しました。産経新聞の記事は、1988年の記事が「大虐殺の写真と報道した」と論じ、その記事を番組の内容と混同し、批判しました。
 しかし番組は写真について「防寒着姿で倒れている多くの人々」と説明したうえで、「実際の南京の揚子江岸から見える山並みと写真の背景の山の形状が似ていることを示した」と報じたものであり、虐殺写真と断定して放送はしておりません。
 にもかかわらず産経新聞の記事は「写真がそれを裏付けている-そんな印象を与えて終わった」と結論づけ、写真が虐殺を裏付けているという産経新聞・原川貴郎記者の「印象」から「虐殺写真」という言葉を独自に導き、大見出しに掲げました。

 そもそも、番組の主たる構成は、南京戦に参戦した兵士たち31人の日記など、戦時中の「一次史料」に記載された「捕虜の銃殺」について、裏付け取材をした上で制作したものです。
 これに対し、産経新聞の記事に一次史料は一切登場せず、事件から50年以上経過して出版された記録の引用や、70年後に出版された著作物の引用に基づいています。産経新聞の記事は揚子江岸での射殺場面について「暴れる捕虜にやむなく発砲」と見出しを付けて断定しました。
 内容はいわゆる「自衛発砲説」というもので「捕虜を解放しようとしたところ抵抗されたので射殺した」という証言です。これは1961年になって旧日本軍の責任者が語ったものであり、産経新聞の記事は2007年出版の「再現 南京戦」という著作物から引用しています。
 番組でも同じ証言の存在を具体的に紹介した上で、1937年当時の一次史料にはそのような記載がないことを伝えています。
 しかし産経新聞の記事はその放送事実に一言も触れておりません。



・「しかし番組は写真について「防寒着姿で倒れている多くの人々」と説明したうえで、「実際の南京の揚子江岸から見える山並みと写真の背景の山の形状が似ていることを示した」と報じたものであり、虐殺写真と断定して放送はしておりません。」とあるが、それならまさに「「虐殺」写真に裏付けなし」なのではないか。

・「そもそも、番組の主たる構成は、南京戦に参戦した兵士たち31人の日記など、戦時中の「一次史料」に記載された「捕虜の銃殺」について、裏付け取材をした上で制作したものです。」とあるが、本当に「戦時中の「一次史料」」に「捕虜の銃殺」とあるのか。
 また「捕虜の銃殺」ならまさに「虐殺写真と断定」しているのではないか。

・「これに対し、産経新聞の記事に一次史料は一切登場せず、事件から50年以上経過して出版された記録の引用や、70年後に出版された著作物の引用に基づいています。」とあるが、この「記録」や「著作物」には「一次史料」が沢山掲載されている。

・「番組でも同じ証言の存在を具体的に紹介した上で、1937年当時の一次史料にはそのような記載がないことを伝えています。」とあるが、捕虜暴動に伴う通常の戦闘行為なのだから、「1937年当時の一次史料」にないだけである。

 全体的に「抗議」の趣旨が全く不明であり、今回も「写真がそれを裏付けている-そんな印象を与えて終わった」ではないか。
  1. 2016/10/31(月) 20:39:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国、日本国債爆買いの狙い 円に対する人民元安政策か" 米欧のヘッジファンドが長期間、円に寝かせておくとは思えないから当時の円高の主役が彼らだとは考えられない!! | ホーム | "トヨタ、VW下回る 1~9月の世界販売" 今後はすべて支那国産でまかなうようになるだろうから価格はどんどん下がって、かなりの需要が支那車に食われるのではないか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2928-0903d384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)