金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"“日本軍が朝鮮人女性30人を銃殺”韓国研究チームが慰安婦虐殺記録の原本を発見" 自分で引き金を引けない者には守備隊が撃ったのかもしれないがこれはやはり「自決」と解釈するのが合理的!!

 11月7日のRecord Chinaは,”“日本軍が朝鮮人女性30人を銃殺”韓国研究チームが慰安婦虐殺記録の原本を発見=韓国ネット「慰安婦合意はどうなる?」「問題を蒸し返さないで」
 2016年11月6日、韓国・京郷新聞によると、旧日本軍による朝鮮人慰安婦虐殺の事実が記録された米中連合軍の文書の原本が発見された。
 慰安婦の虐殺文書を発見・公開したソウル大人権センターの研究チームは、ソウル市の支援を受けて7~8月に米国立公文書記録管理局の現地調査を行い、慰安婦に関する資料113件を収集。4日にソウル大で収集した資料の内容と研究成果を発表した。
 研究チームは「日本軍は敗戦直後、慰安婦女性の存在を隠すために虐殺した」とし、その証拠として日本軍による慰安婦女性30人の銃殺が記録された中国雲南遠征軍の1944年9月15日付の作戦日誌を公開した。慰安婦女性30人の銃殺が記録された作戦日誌は97年に初めてその存在が表面化したが、所蔵先などは確認されていなかった。
 韓国の元慰安婦らはこれまで何度も慰安婦虐殺について証言したが、日本政府は「立証する文書がない」として虐殺説を否定していた。また、虐殺されたとみられる慰安婦らの遺体写真についても「米中連合軍の砲撃や爆撃で犠牲となったか、自決した」との立場を貫いてきた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「研究チームは「日本軍は敗戦直後、慰安婦女性の存在を隠すために虐殺した」とし、その証拠として日本軍による慰安婦女性30人の銃殺が記録された中国雲南遠征軍の1944年9月15日付の作戦日誌を公開した。」とあるが、次の2点で内容的に間違っている。

 第1に時系列的におかしい。
 この「1944年9月15日付の作戦日誌」については「韓国・京郷新聞」の元記事に画像が掲載されている(リンクはこちら)。

 これは英語で表記してあるからこの「中国雲南遠征軍」とは「米中連合軍」ということになる。 
 しかしこれには日付を明示するような記載はない。

 Wikiの「拉孟・騰越の戦い」には、「拉孟・騰越の戦い(らもう・とうえつのたたかい)は、1944年6月2日から1944年9月14日まで中国・雲南省とビルマ(現ミャンマー)との国境付近にある拉孟(保山市竜陵県)・騰越(同市騰衝市)地区で行われた、日本軍と中国・アメリカ軍(雲南遠征軍)の陸上戦闘のことを言う。日本軍は補給路を断たれ孤立し、撤退命令も出ず、また救援部隊も送られなかったため、拉孟守備隊および騰越守備隊は最終的に玉砕した。」とある(リンクはこちら)。
 したがっておそらくこの「敗戦」とは「中国雲南」での戦闘の「敗戦」という意味なのだろう。

 第2に「日本軍は敗戦直後、慰安婦女性の存在を隠すために虐殺した」とあるが、慰安婦制度は秘密でも何でもないので、「隠す」必要性はない。
 この「1944年9月15日付の作戦日誌」には次のとおりある。

Night of the 13th the Japs shot 30 korean girls in the city.
(13日の夜、日本人は30人の朝鮮人女性を市内で銃殺した)

 この「慰安婦らの遺体写真」についてはあるサイトに掲載されている(リンクはこちらの7,8頁)。

 「遺体写真」を見る限り、兵隊と慰安婦が交じって死んでいるから、やはり「米中連合軍の砲撃や爆撃で犠牲となったか、自決した」が正解だと思われる。
 今の韓国人の感覚からすれば、当時の朝鮮人慰安婦が日本軍と一緒に「自決」することなど全く想像できないのだろうが、昭和17年に朝鮮人志願兵の志望倍率が最大で62倍になったことからすれば、これは何の不思議もないことである。
 
 ただ「自決」のタイミングについては、「守備隊」の「玉砕」の前に「自決」させた可能性はある。
 その際、毒がないからピストル自殺させたのだろうが、自分で引き金を引けない者には「守備隊」がピストルで撃ったのかもしれない。

 しかしこれは「銃殺」というより、やはり「自決」と解釈するのが合理的である。
  1. 2016/11/10(木) 21:22:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 新幹線整備と経済効果" 新幹線整備による平均消費性向の上昇は全くなかった。それがなければはもっと低下していたとの反論は説得力なし!! | ホーム | "「私は全ての国民の大統領になる」トランプ氏が勝利宣言" 当方は安倍晋三がトランプとの間で対支那政策を巡ってにっちもさっちも行かなくなり政権を投げ出すことを期待!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2938-afe1eed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)