金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国日産、書類不正認め「再発防止へ措置」" 「日産」としては英国当局に提出した「認証」書類を韓国当局に提出すればそれで済んだのではないか!!

 1月3日の産経新聞は,”韓国日産、書類不正認め「再発防止へ措置」
 日産自動車の2車種の認証書類に不正があったとして、韓国環境省が認証取り消しと課徴金の支払い命じた問題で、韓国日産は3日、書類の不正を認めた上で、「環境省や関係当局の方針に従い、再発防止に向けた措置をとる」とし、検察の捜査に応じる方針を示した。
 問題の車種は、セダン「インフィニティQ50」とスポーツ用多目的車(SUV)「キャシュカイ」で、別車種の排ガスのデータを流用したという。同社は担当者を懲戒処分にした。
 韓国日産は昨年5月にも、キャシュカイのエンジンに排ガス規制に反する設定を行っていたとして、販売停止やリコールなどを命じられたが、不正な設定については認めておらず、処分取り消しを求める行政訴訟を起こしていた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国日産は昨年5月にも、キャシュカイのエンジンに排ガス規制に反する設定を行っていたとして、販売停止やリコールなどを命じられたが、不正な設定については認めておらず、処分取り消しを求める行政訴訟を起こしていた。」とあるのに、なぜ一転、「韓国日産は3日、書類の不正を認めた上で、「環境省や関係当局の方針に従い、再発防止に向けた措置をとる」とし、検察の捜査に応じる方針を示した」ということになったのだろうか。

 この「書類の不正」とはどういうものなのだろうか。
 これについては次の報道が該当するのだろうか。

 2016年11月29日のソウル聯合ニュースは,”韓国日産などの6車種 書類偽造で販売差し止めの可能性
 韓国環境部は29日、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス不正を受け国内15の外国車ブランドを対象に認証書類を調査した結果、韓国日産、BMWコリア、ポルシェコリアの3社、計10車種について認証書類の偽造を発見したと明らかにした。
 同部が調査した結果、インフィニティQ50はメルセデス・ベンツの「排ガス自己診断装置試験成績書」を、キャシュカイはルノーの自己診断装置試験成績書を変更し認証書類として提出した。
 インフィニティQ50は日本で試験をしたことがなかったが、日本で試験を実施したとする成績書を提出していたことが確認された。
 日産側は「インフィニティQ50とキャシュカイはそれぞれベンツとルノーのエンジンを使用しているため、ベンツとルノーの試験成績書を提出した」と釈明しているという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 この「試験成績書」は自動車全体のものではなく、「排ガス自己診断装置」だけのもののようだから、自動車全体の製造者がどこであろうと、その「排ガス自己診断装置」の製造者が作成した「試験成績書」を提出すれば、特に「偽造」とは言えない。
 ただ名義を「日産」に「変更」したのであれば、「偽造」である。

 また「インフィニティQ50は日本で試験をしたことがなかったが、日本で試験を実施したとする成績書を提出していたことが確認された。」については、名義を「日産」に「変更」したのであれば、そうしなければ辻褄が合わないので、そうしたのだろう。

 全体として確かに名義を「日産」に「変更」したのであれば、「偽造」である。

 しかしよく分からないのは、「キャシュカイ」については、Wikiを見ると、「2代目(J11型、2014年- )」は「2014年1月22日 英国日産・サンダーランド工場での生産を開始。」とある(リンクはこちら)。
 したがって「認証」については最初に英国当局に提出して受けているはずである。

 そうだとすれば韓国にとってはいずれにせよ輸入車なのだから、「認証」書類については英国でも日本でもどちらでも同じはずである。
 したがって「日産」としては英国当局に提出した「認証」書類を韓国当局に提出すればそれで済んだのではないか。
 よく意味の分からない事件である。
  1. 2017/01/06(金) 21:52:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ" 対北朝鮮のために日米韓のより緊密な連携が必要という根本の認識が間違い!! | ホーム | "韓国は、やはり「反日カード」を切った 新年からつぶやかずにはいられない" ウィーン条約違反はそのとおりだが我が国の法令にも根拠法がなければ韓国に大きなことは言えない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/2995-569b75c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)