金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"MRJ 納入延期は5度目 見通しの甘さが改めて浮き彫り" こんな悠長なことをやっていれば、「受注がキャンセルされる」ことになるのはやむを得ない!!

 1月23日の毎日新聞は,”MRJ 納入延期は5度目 見通しの甘さが改めて浮き彫り
 三菱重工業は23日、国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の初納入時期について、従来予定の2018年半ばから20年半ばへ2年延期すると発表した。安全性向上のため、部品の設計見直しなどを迫られたのが理由で、納入延期は5度目となる。受注がキャンセルされる恐れがあるほか、開発費の増大も予想され、国産機開発を巡る同社の見通しの甘さが改めて浮き彫りになった。
 東京都内で同日、記者会見した宮永俊一社長は「最新の安全規制に適合する飛行機として世界で売っていくためには、あと2年はかかる」と釈明した。納入が遅れるのは、操縦かんの動きを伝える「飛行制御システム」など主要部品の配置を変更したことに加え、約2万3000本に上る電気配線全体の設計を見直したためだ。
 国土交通省から航空機の安全性でお墨付きを得る「型式証明」を取得するには、各システムや電気配線の一部が故障しても、同じ機能を持つ別系統のシステムが正常稼働する必要がある。同社が昨年秋以降、海外の専門家などと協議した結果、大量の水漏れや爆弾テロなど非常時の対応が不十分で、本来はシステムや配線の分散配置を従来以上に進める必要があることが分かった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「同社が昨年秋以降、海外の専門家などと協議した結果、大量の水漏れや爆弾テロなど非常時の対応が不十分で、本来はシステムや配線の分散配置を従来以上に進める必要があることが分かった。」とあるが、こんなことは基本的な設計思想だから、今さら「分かった」とあるのは理解に苦しむところである。
 実際、本当に「システムや配線の分散配置を従来以上に進める必要がある」のだろうか。

 これについては「飛行制御システム 分散配置」で検索しても、大した情報は出てこないから、必ずしもこれが世界標準という訳ではないようである。
 したがって「三菱重工業」としては次のようにも言っている。

 1月24日のレスポンスは,”納入延期が決まった MRJ、これまでは「根拠」を求められると弱かった?
 三菱リージョナルジェット(MRJ)は5度目の納入延期を発表したが、今後は搭載する電子装備品の一部について配置箇所の見直しを進めるとともに、使用する電気配線についても最新の安全性適合基準をクリアしたものに変更して引き直すなどの改良を進めるという。
 これについて三菱航空機の岸信夫副社長は「今、試験用として実際に飛んでいる4機に何か問題があるというわけではなく、型式証明の円滑な取得を目指すために必要な改良と位置づけている」と説明する。
 電子装備品の搭載位置を見直すことについて、岸副社長は「型式証明取得に必要な書類では "この機器をこの場所に置いた理由は何なのか" を明確に説明する必要があり、ちょっとしたことにもエビデンス(根拠)を示さなくてはならない。MRJの電子機器室は前後2か所だが、同じような機能を持つ機器をまとめて置くのか、それとも離して置くのか。まとめるならその理由を、離すならばその理由をそれぞれ求められる。これまでに製造した機体も悪いとは思っていないが、エビデンスの説明を考えるとそこが弱く、エキスパートの知見を得ながら要求を固め、仕様を策定し、ちゃんと説明できる状態にしようと考えた」という。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「これまでに製造した機体も悪いとは思っていないが、エビデンスの説明を考えるとそこが弱く、エキスパートの知見を得ながら要求を固め、仕様を策定し、ちゃんと説明できる状態にしようと考えた」とあるが、「エビデンス」と言ったところで、基本的には「安全性」と「経済性」の2つしかない。
 「安全性」は法的基準があるのだから、後は「経済性」だけである。

 「これまでに製造した機体も悪いとは思っていない」なら特に変更する必要はないはずである。
 どうせ新技術の開発によって、5年後か10年後には大幅な設計変更が必要になるのだから、それまではこれまで積み上げてきたものを形にして、とにかく納期に間に合わせるというのが普通の仕事のやり方だろう。
 こんな悠長なことをやっていれば、「受注がキャンセルされる」ことになるのはやむを得ない。
  1. 2017/01/25(水) 23:04:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国漁船の乱獲深刻化 水産庁、中国に入港禁止など対策要求へ" 中国側に対し違法漁船の根絶を要求ではなく我が国の規制当局が直接取り締まれる制度にする必要あり!! | ホーム | "サムスン、シャープなど3社に488億円損賠請求…テレビ用パネル供給停止受け、米で仲裁" 韓国にはシャープの拠点はなく、それならば日本よりは米国でということだろうか!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3014-d4e7af60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)