金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"10~12月期の実質GDPは年率1.0%増 4四半期連続プラスも伸び率は縮小" 中韓との関係を断ち切り「輸入」の減少に取り組むことが必要!!

 2月13日の産経新聞は,”10~12月期の実質GDPは年率1.0%増 4四半期連続プラスも伸び率は縮小
 内閣府が13日発表した平成28年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.2%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1.0%増だった。
 プラス成長は4四半期連続だが、前の期の7-9月期の年率1.4%増(改定値)より伸び率が縮小した。
 一方、景気実感に近いとされる10~12月期の名目GDPは前期比0.3%増で、年率換算では1.2%増だった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一方、景気実感に近いとされる10~12月期の名目GDPは前期比0.3%増で、年率換算では1.2%増だった。」とあるが、「」で見ていても今一つ実感が沸かないので、例によって「実額」で比較したい。
 内閣府の「年次GDP実額」の統計から、「民間需要」、「公的需要」及び「純輸出」の指数を比べると次表のとおりである(リンクはこちら)。

名目暦年                                                             (内訳)                (単位:10億円)
暦年国内総生産(支出側)指数民間需要指数公的需要指数純輸出輸出指数輸入指数
2012/1-12.494,957.201.000377,896.801.000124,715.501.000-7,655.1071,990.301.00079,645.401.000
2013/1-12.503,175.601.017387,053.801.024127,778.901.025-11,657.2080,082.401.11291,739.601.152
2014/1-12.513,698.001.038395,479.001.047130,886.901.049-12,667.9090,135.401.252102,803.301.291
2015/1-12.530,545.201.072399,875.101.058132,383.801.061-1,713.7093,566.301.30095,280.001.196
2016/1-12.537,311.201.086399,434.901.057132,610.701.0635,265.6086,639.601.20381,374.001.022

 この数字を見ると、「民間需要」と「公的需要」はほぼ横這いであるが、「純輸出」の持ち直し、特に「輸入」が減少していることが大きい。
 これは原油価格が低下している為なのか、あるいは若干の円高傾向が奏功しているのだろう。

 ただ具体的な数字は次の報道にある施策の影響が大きく余り比較の意味はない。

 2016年12月8日の産経新聞は,”GDP、新基準で31.6兆円上乗せ 600兆円達成へアクセル
 内閣府は8日、国連の最新基準を使って国内総生産(GDP)の計算方法を変更した結果、平成27年度の名目GDP確報値が532兆2千億円になったと発表した。旧基準のGDP速報値から31兆6千億円かさ上げされた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 傾向的な把握にとどめるのが適切である。
 とにかく「輸入」はまだまだ大き過ぎるので、中韓との関係を断ち切り「輸入」の減少に取り組むことが必要である。
  1. 2017/02/16(木) 17:59:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「慰安婦像で在外邦人の子供がいじめ」 自民党会合で「慰安婦像放置」の政府に注文が相次ぐ" 相手の主張を明示的に否定せずにおわびをすれば認めたと考えるのがディベートの原則!! | ホーム | "【経済裏読み】韓国「日本に競り勝った」 トルコでのインフラ受注に歓喜" 我が国は韓国にウォンの為替操作を止めさせない限り今後もこのような実例は後を絶たない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3036-eeb53aeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)