金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出" 20万人強制連行は虚偽であり、「表現の自由」の問題ではない!!

 2月25日の産経新聞は,”【歴史戦】米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出
 米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去をめぐり、地元の日本人たちが米連邦最高裁での上告審を求めていることについて、日本政府が「請求は認められるべきだ」との見解を表明した意見書を連邦最高裁に提出したことが24日、分かった。
 像の撤去を求めているのは、現地在住の目良浩一氏と日系住民らで作るNPO法人「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」。地方自治体であるグレンデール市が慰安婦像設置を通じて外交問題に関して立場を表明することは、外交における全権を連邦政府に付与した米国憲法に違反するとして、2014年2月、連邦地方裁判所に像撤去を要求する訴訟を起こしたが、地裁と高等裁判所で敗訴。今年1月に最高裁に請願書を提出している。
 日本政府の意見書は今月22日付で連邦最高裁に提出された。意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」と主張した。
 また、慰安婦像脇の碑文に「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」などの事実と異なる文言が記されていることに関しても言及。州や地方自治体に外交分野における表現の自由を認めれば「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」と指摘した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦像の撤去をめぐり、地元の日本人たちが米連邦最高裁での上告審を求めていることについて、日本政府が「請求は認められるべきだ」との見解を表明した意見書を連邦最高裁に提出したことが24日、分かった。」とあるのは、2015年2月27日のエントリーで紹介した「一方、裁判の過程で、判事が原告側弁護人に対し、像などの設置が日本人の感情を傷つけたとの原告側の主張が事実であれば、「なぜ日本政府から同調する内容の意見陳述書の提出がないのか」と発言していたことが分かった。」という報道を受けてのものだろう(リンクはこちら)。

 しかし今回の「意見書」の内容は原告側を勝たせるには弱過ぎるだろう。
 理由は2つある。

 第1は「意見書では、慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応は「日本との国家間交渉による確立した外交方針」によって一貫していると指摘。その上で「グレンデール市の慰安婦像は確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」と主張した。」とあるが、「慰安婦問題など歴史的な問題への米国の対応」は「歴史認識」としてはむしろ、韓国側の主張を認めるようなものだったから、「確立した外交方針への妨害であり、逸脱である」ということにはならない。

 第2は「州や地方自治体に外交分野における表現の自由を認めれば「米国と日本のような近しい同盟国(の関係)に害を及ぼす危険をはらむ」と指摘した。」とあるが、たとえ「外交分野」とはいえ「州や地方自治体」に「表現の自由」を認めない要請をしても裁判所が認める可能性がないことである。

 またそもそも「20万人の女性が強制的に連行され、性奴隷となることを強制した」とあることは虚偽であり、「表現の自由」の問題ではない。
 したがって正しくは「外交方針」だの「表現の自由」だのと言うのではなく、「慰安婦像」の内容は虚偽であるから、それを維持することは在米日本人に対する名誉毀損であって、違法であると言わなければならない。
 それにも関わらず、そのように虚偽だと言えないところに腰が引けた根本的な姿勢の問題がある。

 結局のところ河野談話や日韓合意を維持したままでは主張が曖昧で、何の期待も持てないことは自明である。
 やはり真正保守政権の誕生なくしては絶対にこの問題の進展はあり得ない。
  1. 2017/02/25(土) 21:06:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「米中すでに貿易戦争の状態」政権で存在感増す対中国強硬ブレーン、ピーター・ナバロ氏の揺るがぬ姿勢" トランプ政権発足後1か月強の当方の感想は正直に言って期待外れ!! | ホーム | "ことあるごとに衝突 悪循環にはまる韓日関係" これはむしろ「特殊関係」を日韓が脱する正常化の過程ととらえるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3045-27a52732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)