金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"経団連と連合、残業時間に罰則付き上限規制導入-長時間労働に歯止め" 政府が本当に長時間労働に歯止めを掛けたいなら、時間外労働の割増賃金の率を引き上げるべき!!

 3月14日の日刊工業新聞は,”経団連と連合、残業時間に罰則付き上限規制導入-長時間労働に歯止め
 経団連と連合は13日、残業時間に罰則付き上限規制を導入することで合意した。特別な理由がある場合に労使が協定(三六協定)を結んでも、なお上回ることができない残業時間を年720時間、月平均60時間以内と定め、現行制度では事実上、無制限に延ばせる長時間労働に歯止めをかける。事業への影響を回避したい経営側と労働者保護を訴える組合で攻防が繰り広げられてきたが、働き方改革を掲げる政権の強い意向を受け「労働基準法70年の歴史で極めて大きな改革」(連合の神津里季生会長)にこぎつけた形だ。
 経団連の榊原定征会長と連合の神津会長が同日、官邸を訪れ、安倍晋三首相に合意内容を報告した。
 ただ、年720時間以内の枠内で認める単月の残業上限をめぐっては調整が難航。17日に開催予定の働き方改革実現会議(議長=安倍首相)に結論が持ち越された。「月100時間を基準値」とすることでは労使の見解は一致しているものの「月100時間以下」と主張する経団連に対し、連合は過労死の認定基準である月100時間超の残業を明確に下回るよう「100時間未満」の表現にこだわっている。「玉虫色の表現では法案化できない」(政府)ことから安倍首相は「ぜひ100時間未満とする方向で検討してほしい」と迫り、経団連の譲歩を促した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「特別な理由がある場合に労使が協定(三六協定)を結んでも、なお上回ることができない残業時間を年720時間、月平均60時間以内と定め、現行制度では事実上、無制限に延ばせる長時間労働に歯止めをかける。」とあるが、「年720時間、月平均60時間以内」でも十分、「長時間労働」であり、全く「歯止め」になっていない。

 ましてや「年720時間以内の枠内で認める単月の残業上限」について「月100時間を基準値」では論外であり、これでは絶対に「過労死」は防げない。

 ではどの程度にすべきかというと、健康に仕事を継続するには、月平均30時間以内程度にすべきである。

 しかし政府が本当に「長時間労働」に「歯止め」を掛けたいなら、このように労働時間に枠を嵌めるのは余り効果的ではない。
 それよりも時間外労働の割増賃金の率を引き上げるべきである。
 労働基準法37条1項は次のとおり定める。

(時間外、休日及び深夜の割増賃金)
第三十七条 使用者が、第三十三条又は前条第一項の規定により労働時間を延長し、又は休日に労働させた場合においては、その時間又はその日の労働については、通常の労働時間又は労働日の賃金の計算額の二割五分以上五割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。


 この「それぞれ政令で定める率」については労働基準法第三十七条第一項の時間外及び休日の割増賃金に係る率の最低限度を定める政令は次のとおり定める。

労働基準法第三十七条第一項の政令で定める率は、同法第三十三条又は第三十六条第一項の規定により延長した労働時間の労働については二割五分とし、これらの規定により労働させた休日の労働については三割五分とする。

 この労働基準法37条1項の「二割五分以上五割以下」については、「五割以上七割五分以下」にすべきである。
 また上記政令の「二割五分」については「五割」、「三割五分」については「六割」にすべきである。

 なぜ労働時間に枠を嵌めるのではなく、時間外労働の割増賃金の率を引き上げるべきかというと、「長時間労働」をさせると、経営にマイナスになるという仕組みにしないと、なかなか「長時間労働」に「歯止め」を掛けるというインセンティブが働かないからである。

 このような主張はずっと以前からあるのであるが、いつまで経っても実現できないのは、日本の経済不況の原因を日本経済の生産性の問題と考える主流派経済学の誤りが原因である。
  1. 2017/03/15(水) 23:30:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"三菱重工が米原発事業で140億円を賠償へ 廃炉巡り米電力会社に" むしろこんなものに対しては不当訴訟ならぬ不当仲裁として損害賠償請求すべき!! | ホーム | "北陸新幹線、南側ルートを満場一致で可決 与党検討委" 新幹線の使命は何と言っても速達性。こんなおかしなことをやっていては折角造ってもガラガラになりそうである!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3063-6d94b901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)