金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"米国の対北朝鮮3大オプション…韓国への核兵器配備、金正恩除去、秘密作戦" 半島の暴発は南北統一の後が望ましいが、その前に北朝鮮の暴発がどうしても必要かもしれない!!

 4月9日の中央日報日本語版は,”米国の対北朝鮮3大オプション…韓国への核兵器配備、金正恩除去、秘密作戦
 トランプ米大統領が構想している対北朝鮮問題解決の戦略的選択に、韓国への核兵器配備と金正恩除去作戦などが含まれていると伝えられた。
米NBC『ナイトリーニュース』は7日に米軍高位関係者と情報機関消息筋などの話としてこのように報道した。NBCは米国家安全保障会議(NSC)が米中首脳会談に先立ちトランプ大統領に3つの対北朝鮮戦略オプションを提示したと説明した。

◇オプション1.韓国への核兵器配備
報道によると、トランプ政権が最も優先的に取れるオプションとして韓国内への核兵器再配備を考慮している。
 リッパート前駐韓米国大使はNBCとのインタビューで「韓半島への核兵器再配備の必要性を受け入れる韓国人が増加している」と明らかにした。だが「世界非核化を目標に設定している米国が自らこれに逆行する政策を展開するのは良いことではない」と指摘した。また、スタブリディス元北大西洋条約機構(NATO)司令官は「良いアイデアだとは思わない。北朝鮮の憤怒だけ触発させるだろう」と懸念する。

 ◇オプション2.金正恩除去作戦
 NBCはトランプ政権の対北朝鮮問題解決の2番目のオプションが金正恩除去作戦だと報道した。
 スタブリディス元司令官は「金正恩除去作戦は興味をそそる戦略。特に非常に予測しにくく危険な指導者を相手にする時はそうだ」と説明した。だが「斬首作戦以降にどのようなことが展開されるかを自問してみる必要がある。北朝鮮問題においてはどんなとんでもないことが起きるかもわからない」と懸念する。

 ◇オプション3.韓米特殊部隊北派
 トランプ政権の3番目の対北朝鮮問題解決案は韓国軍と米軍の特殊部隊を利用した秘密作戦だ。連合特殊部隊を北派し北朝鮮の核心インフラを破壊するものだ。NBCは韓国軍が昨年3月、「スパルタン3000」というニックネームで呼ばれる3000人規模の連隊級迅速機動部隊を創設したとし、これを利用して北朝鮮の主要核ミサイル施設と橋梁などを破壊する案が検討されていると報道した。移動式ICBMなどの移動を妨げるということだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「オプション1」はともかく、「オプション2」や「オプション3」の可能性はあるだろうか。
 当方にはどうも信じがたい。
 これについては4月3日のエントリーで、
安倍政権」としては「トランプ米大統領」の「われわれ(だけで)でやる」という言葉に過敏に反応したのだろうが、これは「英紙フィナンシャル・タイムズ」に対するリップサービスだろう。
 したがって「先制軍事攻撃」はあり得ず、精々が「米中間の通商問題を利用する考え」だろう。

と書いたとおりである。

 ただこの短兵急な「大使帰任」の決定を顧みると、この報道の内容が4月3日以前に「安倍政権」の耳に入り、慌てて対処したという可能性もある。

 当方は在日問題を解決するためには、半島から我が国への何らかの暴発が必要と考える。
 しかし正直に言って当方はこの展開を余り歓迎しない。
 というのは分断状態で北朝鮮が暴発するとむしろ韓国は被害者的立場に立つので、在日問題の解決が益々困難になるからである。
 したがって暴発は南北統一の後が望ましい。

 しかし南北統一のためにはその前に北朝鮮の暴発がどうしても必要かもしれない。
 我が国としては事態の推移を見守るしかない。
  1. 2017/04/10(月) 01:40:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"外務省は韓国渡航自粛を呼びかけるべき(山田賢司自民党衆議院議員)"' 日韓関係は基本的に政治マター。党内の了承を得られず、安倍晋三首相もその申し入れを拒絶するのでは!! | ホーム | "東芝半導体に出資呼び掛け 経産省、日本企業へ" 出資はいいが、その前に東芝の半導体部門自体が従来、韓国とズブズブの関係にあるのでそれをまず清算しないと意味がない!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3088-d2428a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)