金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数" 近現代史観の見直しに関する渡部昇一先生の最大の功績は第2次上海事件の重要性を指摘したこと!!

 4月18日の産経新聞は,”評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数
 本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子さん。後日、お別れの会を開く。ここ数日、体調を崩していた。
 昭和5年、山形県鶴岡市生まれ。上智大大学院修士課程修了後、独ミュンスター大、英オックスフォード大に留学。帰国後、上智大講師、助教授をへて教授に。専門は英語学で、「英文法史」「英語学史」などの専門書を著した。
 48年ごろから評論活動を本格的に展開し、博学と鋭い洞察でさまざまな分野に健筆をふるった。
 57年の高校日本史教科書の検定で、当時の文部省が「侵略」を「進出」に書き換えさせたとする新聞・テレビ各社の報道を誤報だといちはやく指摘し、ロッキード事件裁判では田中角栄元首相を擁護するなど論壇で華々しく活躍。東京裁判の影響を色濃く受けた近現代史観の見直しを主張するなど、保守論壇の重鎮だった。平成27年、瑞宝中綬章。主な著書に「日本史から見た日本人」「ドイツ参謀本部」など。フランシス・フクヤマ「歴史の終わり」など翻訳も多数手がけた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「渡部昇一」先生のご逝去に対し謹んで哀悼の意を表したい。

 この記事の中では「東京裁判の影響を色濃く受けた近現代史観の見直し」の具体例は紹介されていないが、当方はその点に関する「渡部昇一」先生の最大の功績は、第2次上海事件の重要性を指摘したことだと思う。
 その意味は従来、日中戦争の開始は1937年7月7日の盧溝橋事件と解するのが通説であったが、事実はそうではなく、それに始まる一連の紛争は一旦収まり、実際は1938年8月13日に勃発した第2次上海事件に始まっており、それは支那の側が意図的に引き起こしたものだということである。

 この点に関し「渡部昇一」先生は、
日中戦争 一体どこが「侵略」だというのか
  『歴史通』 2015年3月号増刊
    渡部昇一(上智大学名誉教授)
    石平(評論家)

の中で次のとおり発言している(リンクはこちら)。

渡部 盧溝橋事件は一応、現地協定を結んで収まったんです。ところが、そのおよそ3週間後に先述の「通州事件」が起こって、シナに対する日本国民の怒りが爆発した。それでもシナ政府が謝罪したために、まだ戦火は開かれなかった。だから、本当にシナ事変がはじまったのは8月13日の中国側の上海攻撃(第二次上海事変)からです。ただ、それも蒋介石が望んだことではなく、京滬警備(南京・上海防衛隊)司令官の張治中という共産党とみられる将軍が仕掛けたことだった。

 
(中略)

石 通州事件でも日本が動かなかったから、いよいよ日本が応戦せざるを得ない状況を作り出すために、8月13日の上海事変を起こしたのでしょう。

渡部 中国は民間人のいるホテルまで無差別爆撃を行ったから、日本は居留民を保護するために陸軍を派兵せざるを得なかった。司令官だった張治中が満洲の反日スパイを動かしていたことは、奉天(瀋陽)の日本軍憲兵にも知られていました。その張治中が、日本の陸戦隊約4000人が日本人居留民を守っているところに約5万の大軍で攻撃してきた。そこで翌8月14日、日本政府は急遽第三師団と第十一師団を上海に派遣したのです。
 これが本当の日中戦争のはじまりであると、元米駐日大使のライシャワー教授も言っています。



 石平先生の「通州事件でも日本が動かなかったから、いよいよ日本が応戦せざるを得ない状況を作り出すために、8月13日の上海事変を起こしたのでしょう。」という発言がこの文章の趣旨を端的に表している。
  1. 2017/04/18(火) 03:34:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<"【朝鮮半島有事】朝鮮半島有事には日本に難民…首相「想定内」 収容施設、ふるい分け…" 日本には韓国からの避難民を上陸どころか保護すべき理由もない!! | ホーム | "「円は20%弱い水準」 米が外国為替報告書 日中など「監視対象」 中国の操作国認定は見送り" 方向性としてはいいがもう少し理論的に精緻化しないと「為替操作国」認定は不可能!!>>

コメント

日本史ではなく世界史教科書

>57年の高校日本史教科書の検定で

侵略→進出が問題になったのは
56年度検定の世界史教科書のはず。
  1. 2017/04/30(日) 01:43:55 |
  2. URL |
  3. 大同無門 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3096-dfa135d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)