金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【訃報】元衆院議員の三宅博氏が死去" 2011年に金沢で行われた大東亜聖戦祭後に行われた懇親会の場では非常に有意義な議論ができたと満足した記憶あり!!

 4月25日の産経新聞は,”【訃報】元衆院議員の三宅博氏が死去
 三宅博氏(みやけ・ひろし=元衆院議員)24日、肝臓がんのため死去、67歳。通夜は27日午後7時、告別式は28日午前11時、大阪府八尾市南植松町4の141、八光殿南植松。喪主は妻、育子(いくこ)さん。
 八尾市議を経て、平成24年に日本維新の会から比例近畿ブロックに出馬して当選、1期務めた。北朝鮮による拉致問題に取り組み、特定失踪者問題調査会の常務理事も務めた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「三宅博」氏の訃報に対し謹んで哀悼の意を表したい。
 「肝臓がんのため」とあるが、病は気からであり、やはり2014年と2016年の2回の落選が尾を引いているのだろう。

 有名な方だからもちろんこの運動に首を突っ込んだ2007年頃からお名前は存じていた。
 2010年に永田町の議員会館前で行われた頑張れ日本の街宣を視察した際には、頑張れ日本のメンバーの中では唯一、行動保守的な街宣のテイストがあると感じたところである。

 しかし実際に言葉を交わしたのは、2011年に金沢で行われた大東亜聖戦祭後に行われた懇親会の場であったと思う。
 その際なかなかない機会だからと当方ははっきりと我が国の正常化のためには、頑張れ日本の運動では全く役に立たず、行動保守の方向性でなければ駄目だと言った記憶がある。
 酒の席だから「三宅」先生は余り反応を示さなかったと思うが、当方としては非常に有意義な議論ができたと満足した記憶がある。

 とにかく関西の行動保守のメンバーの中には「三宅」先生の薫陶を受けた方も多いので、その遺志を継承してもらいたいと思う。
  1. 2017/04/25(火) 20:08:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【主張】朝鮮半島の緊迫 国際的圧力をかけ続けよ" 米国の次のステップが期待されるが、本当の交渉はもう2、3週間先になるだろう!! | ホーム | "【お金は知っている】「為替操作国」見送りにせせら笑う中国" 問題は「チャイナマネー」を「実利」ととらえる発想。「木を見て森を見ず」であり日米問わず民間の経済人にありがち!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3104-f45bff70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)