金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【「慰安婦」日韓合意】国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告 「補償や名誉回復は十分でない」" これまでの日本政府の姿勢がこのような事態を招いている!!

 5月13日の産経新聞は,”【「慰安婦」日韓合意】国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告 「補償や名誉回復は十分でない」 報告書で両政府に
 国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。在ジュネーブ日本政府代表部も確認した。
 勧告に法的拘束力はないが、韓国メディアは、事実上の合意再交渉を求めたと報じており、日韓合意の「再交渉」を公約に掲げる韓国の文在寅大統領が勧告を基に日本政府に再交渉を要求する可能性がある。
 同委員会は拷問等禁止条約の批准国家が履行義務を果たしているかを監視するため1987年に国連に設置された。日本は1999年に条約を批准した。国連では昨年3月にも、女子差別撤廃委員会が「日韓合意によって問題が解決したとみることはできない」と勧告している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。」とあるが、なぜこんなおかしなことが繰り返されるのか。

 外務省のHPにある「条約第19条1に基づく第2回政府報告」に対する「拷問の禁止に関する委員会の最終見解」への「同最終見解による1年以内の情報提供要請に対する日本政府回答」は「慰安婦問題」について、次のとおり記載している(リンクはこちら)。
 なおこれの正式日付は記載されていないが、データのアップ日は「2015/07/01」であるので、その少し前と思われる。

51.日本政府は,慰安婦問題そのものを否定したり矮小化したりする意図は毛頭ない。慰安婦問題に関しては,安倍晋三内閣総理大臣は,筆舌に尽くし難いつらい思いをされた方々のことを思い,非常に心を痛めている,この点についての思いは,これまでも繰り返し表明されてきており,歴代内閣総理大臣と変わらない旨繰り返し述べている。

55.また,この機会に,これまでの国連特別報告者による報告書や人権条約委員会による非難・勧告には,一方的で裏付けの取られていない主張が記載されていることを指摘したい。例えば「慰安婦を強制連行した」とする唯一の証言者である吉田清治氏の証言や慰安婦の数字について「20万人」との数字が言及されたが,これまでこれらを積極的に報じてきた日本の大手新聞社が,2014年8月に吉田氏の証言に基づく記事について,証言は虚偽であると判断して取り消し,同氏に関する誤った記事を掲載したことについて謝罪した。また,同社は,慰安婦と「20万人」との数字の基になったと思われる女子挺身隊と慰安婦との混同を認めた。

56.1990年代初頭以降に行った調査で日本政府が発見した資料(対外公表済)の中には,軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった。また「20万人」という数字は,同新聞が慰安婦と女子挺身隊を混同して報じたことが契機に広がった数字であり,具体的裏付けはない。これらの誤った事実関係が国連における報告書や勧告の有力な根拠となっていることがあるのは大変残念。

57.日本政府が求めていることは,正しい事実認識に基づき,日本の取組に対して国際社会から正当な評価を受けることである。



 「55」以下の内容については表現が穏当であるため不満はあるが、とりあえずは評価できる。

 しかし「51」については従来どおりの内容であり、折角の「55」以下を打ち消してしまっている。
 なぜ「51」を止めて、「55」以下だけにしなかったのか全く理解できない。

 こんなことを繰り返していれば、冒頭の記事のような事になるのは当然である。
 これまでの日本政府の姿勢がこのような事態を招いている。
  1. 2017/05/13(土) 23:10:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"中国「一帯一路」投資、東南アジアでは明暗 インドネシアで高速鉄道めど立たず フィリピンは追加支援狙う" 米比軍事協力も風前の灯火でフィリピン国内では不満はないのだろうか!! | ホーム | "【日本の解き方】国債暴落論者の的外れ主張 財政健全化で続く高値取引…品不足の現状" この高橋洋一の主張は多額の日銀当座預金という異常な存在を奇貨とした奇形なもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3122-a3dcddb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)