金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"韓国特使団、安倍首相へのメッセージに「慰安婦合意の破棄」はなし" 何とか文在寅大統領が「合意破棄」の公約を守るよう日本側から教育的指導が必要!!

 5月16日のレコードチャイナは,”韓国特使団、安倍首相へのメッセージに「慰安婦合意の破棄」はなし=韓国ネット「順序を守って対応すべき」「前大統領と何も変わらない」
 2017年5月16日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の文在寅大統領が特使団を通じて安倍晋三首相に伝達する「日韓慰安婦合意」関連のメッセージに、再交渉要求や合意破棄の内容は含まれないことが分かった。
 韓国政府関係者は15日、慰安婦合意に関し「確実に言えるのは(日本に派遣される特使団が伝達する内容に)合意を破棄し、再交渉しようとの話はないということ」と明らかにした。ただ、文大統領は特使団を通じて、11日に安倍首相との電話会談で「韓国国民の大多数が情緒的に慰安婦合意を受け入れられていないのが現実」と明らかにした点を改めて強調する方針だという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「2017年5月16日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の文在寅大統領が特使団を通じて安倍晋三首相に伝達する「日韓慰安婦合意」関連のメッセージに、再交渉要求や合意破棄の内容は含まれないことが分かった。」とあるが、これほど簡単に「文在寅大統領」がへたれるとは思わなかった。
 当方からすれば何とか「文在寅大統領」が「合意破棄」の公約を守るよう日本側から教育的指導が必要である。
 その鍵を握るのは次の報道である。

 5月16日の産経新聞は,”【「慰安婦」日韓合意】日韓合意は「当時の国連総長も評価」
 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が、慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直しを韓国政府に勧告したことについて「日韓合意は当時の(韓国出身の)国連事務総長も含め国連で高い評価をいただいている」と指摘した。勧告の拘束力についても「全くないと思う」と述べた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「勧告の拘束力についても「全くないと思う」と述べた。」とあるが、これはそのようにいなすのではなく、きっちりと内容を批判してもらいたい。
 それは何も難しいことではない。
 まず5月13日のエントリーで紹介した「同最終見解による1年以内の情報提供要請に対する日本政府回答」のうち次の部分だけを書けばよい。

55.また,この機会に,これまでの国連特別報告者による報告書や人権条約委員会による非難・勧告には,一方的で裏付けの取られていない主張が記載されていることを指摘したい。例えば「慰安婦を強制連行した」とする唯一の証言者である吉田清治氏の証言や慰安婦の数字について「20万人」との数字が言及されたが,これまでこれらを積極的に報じてきた日本の大手新聞社が,2014年8月に吉田氏の証言に基づく記事について,証言は虚偽であると判断して取り消し,同氏に関する誤った記事を掲載したことについて謝罪した。また,同社は,慰安婦と「20万人」との数字の基になったと思われる女子挺身隊と慰安婦との混同を認めた。

56.1990年代初頭以降に行った調査で日本政府が発見した資料(対外公表済)の中には,軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった。また「20万人」という数字は,同新聞が慰安婦と女子挺身隊を混同して報じたことが契機に広がった数字であり,具体的裏付けはない。これらの誤った事実関係が国連における報告書や勧告の有力な根拠となっていることがあるのは大変残念。



 これは表現が弱いので最終的には「韓国政府が嘘を吐いている」という趣旨の反論が必要であるが、取り敢えずは上記のように記載すれば韓国側が勝手に火病を発症して議論が進展していくだろう。
  1. 2017/05/16(火) 18:01:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三橋貴明"国民を貧困化から救うためには、やはり政府による需要拡大が不可欠" 問題の本質的な解決にはならないので、やり続ければ遠からずデメリットの方が大きくなる!! | ホーム | "トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ" 子供の頃から反日教育を受けた中国国民に日本製品を売ろうとすることはエスキモーに氷を売るようなもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3125-37978526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)