金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"ドゥテルテ比大統領「信頼できるのは中国とロシア」" 海自機のフィリピンへの引き渡しは無駄金にならないよう計画を変更してもいいのではないか!!

 5月20日の産経新聞は,”【緊迫・南シナ海】「天然資源採掘するな」 中国が比に戦争警告 習近平主席がドゥテルテ氏に
 フィリピンのドゥテルテ大統領は19日の演説で、中国の習近平国家主席と会談した際に、南シナ海で領有権を主張して天然資源採掘を実施した場合、「戦争になる」と警告されたことを明らかにした。ロイター通信などが伝えた。
 ドゥテルテ氏は15日、現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」がテーマの国際会議に合わせ、北京で習氏と会談。その際、「(南シナ海の係争海域は)私たちのものだと主張し、海底油田の掘削をするだろう」と話したという。
 その発言に習氏は、友好的ながら決然として「現在の良好な関係を維持したい。だが、その問題を強行するならば、戦争になる」と返答したという。
”と報道した(リンクはこちら)。


 こんなことを言われて、「ドゥテルテ大統領」はどう対応するんだろうかと思っていたら、次のような報道も流れてきた。

 5月22日の産経新聞は,”ドゥテルテ比大統領「信頼できるのは中国とロシア」 武器購入に期待
 フィリピンのドゥテルテ大統領は露メディアとのインタビューで、ロシアから「小規模なテロ集団との戦闘」に有効な武器の購入を希望していると明らかにした。イタル・タス通信が22日、報じた。ドゥテルテ氏は25日にロシアのプーチン大統領と会談予定。ドゥテルテ氏は偵察用機器や小型武器、ヘリコプターなどが必要と指摘し、「プーチン大統領を説得する」と語った。
 ドゥテルテ氏は米国からの武器輸入は、同国が人権擁護など「自分たちがやりたいことを押しつけてくる」ため、もう行わないことにしたと発言。
 一方、外国との軍事協力については、「信頼できるのは中国とロシアだけだ」などと述べ、露側を持ち上げた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「信頼できるのは中国とロシアだけだ」とあるが、「ロシア」はともかく「中国」とあるのは意味が分からない。
 一体この「ドゥテルテ大統領」の真意はどこにあるのだろうか。
 そのフィリピンに我が国は次のように対処している。

 3月27日の産経新聞は,”【緊迫・南シナ海】海自機、フィリピンへ引き渡し 南シナ海めぐる中国への牽制強化
 日本がフィリピンに貸与する海上自衛隊の練習機「TC90」2機の引き渡し式が27日、首都マニラ近郊のサングレーポイント海軍基地で行われた。自衛隊機の他国への貸与は初めて。
 フィリピンの警戒監視能力強化を通じて、南シナ海の軍事拠点化を進める中国を牽制する狙いがある。練習機貸与はアキノ前政権で決まったが、米国批判を繰り返すドゥテルテ大統領を米国中心の同盟網にとどめる効果も期待する。
 平成29年度中に、さらに3機貸与し、パイロットや整備員の教育・訓練も支援する。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「練習機貸与はアキノ前政権で決まった」とあるが、こんな機械的な対処をしていたら相手に舐められるだけだから、無駄金にならないようこれは計画を変更してもいいのではないか。
  1. 2017/05/23(火) 06:55:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【朴槿恵初公判】朴被告、職業は「無職です」" 朴槿恵被告は韓国大統領特使の慰安婦合意を破棄しようという話をしなかったという発言をどういう気持ちで聞いているだろうか!! | ホーム | "中国念頭「不公正な貿易」に日米対応強化で合意 世耕弘成経産相、対日強硬派の通商代表と初会談" 金融緩和や果ては購買力平価の問題にまで踏み込まなければ為替操作国認定は困難!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3131-de28660d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)