金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"慰安婦合意文書が公開される?韓国裁判所が内閲後に決定" 我が国にとってはどちらの政治混乱も高見の見物であり、一途に情報公開を求める韓国国民にエールを送るばかり!!

 5月31日のRecord Chinaは,”韓国大統領府が米国との軍事機密をポロリ?首脳会談への影響を懸念する声も=韓国ネット「大統領も知らない軍事機密?」「米国は今後、日本だけと…」
 2017年5月30日、韓国経済によると、韓国の文在寅大統領が高高度防衛ミサイル(THAAD)情報の報告漏れに対する調査を指示したことが韓国で注目を集める中、THAADの発射台4基が慶尚北道の星州に新たに搬入されたとの事実を大統領府が直接発表したことをめぐっても論争が巻き起こっている。
 韓国大統領府は30日、THAADの発射台4基が新たに搬入されたことを明らかにし、「国民に知らせる義務がある」と強調した。韓国の国防部はこれまで、「軍事機密」との理由でTHAADの搬入時期や規模を具体的に発表してこなかった。大統領府関係者は「文大統領は選挙の前から国会の批准手続きの重要性を強調するなど、THAAD問題については公に議論すべきとの立場を示していた」と説明した。
 安保に関する内容を透明にするのが大統領府の方針という説明だが、一部では「米国という相手国が関わる問題を性急に公開してしまった。来月の米韓首脳会談を前に両国の雰囲気が気まずくなった」と批判する声が出ている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一部では「米国という相手国が関わる問題を性急に公開してしまった。来月の米韓首脳会談を前に両国の雰囲気が気まずくなった」と批判する声が出ている」とあるが、これはそれほど気にする必要はないのではないか。
 米軍サイドはおかんむりかもしれないが、トランプ政権としては米国の費用持ちでの設置自体を問題にしているのだから、韓国に費用負担を要求する以上、情報公開の点は問題にしないだろう。
 それよりも次の方が問題だろう。

 6月2日のRecord Chinaは,”慰安婦合意文書が公開される?韓国裁判所が内閲後に決定=韓国ネット「そんなに衝撃的な内容が?」「日本の国益を害するから…」
 2017年6月1日、韓国・JTBCによると、15年末に日本政府と韓国政府が発表した「慰安婦合意」に関する協議文書を公開するよう求めた訴訟の控訴審の初弁論が開かれた。
 韓国の裁判所は今年1月、日韓慰安婦合意に関する協議文書の一部を公開するよう命じる判決を下した。これに対し、韓国・外交部は判決を不服として控訴していた。
 1日に開かれた控訴審の初弁論で、外交部は「合意文書を公開する場合、国の利益を害するおそれがある」との主張を繰り返した。一方、合意文書の公開を求める訴訟を提起した韓国の弁護士団体は「国の利益を害するおそれは少なく、国民の知る権利が重要だ」と強調した。

 この報道に、韓国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられているが、「日本とどんな密約がされたのか知らなければ、現政府と国民は解決策を考えることもできない。透明にしてほしい」など合意文書の公開を求める声が目立つ。
 一方で「北朝鮮が存在する限り、韓国は日米との同盟を守らなければならない。これ以上、慰安婦問題を政治に利用するのはやめよう」と指摘する声もみられた。
”と報道した(リンクはこちら)。  


 韓国のネットユーザーのコメントには「北朝鮮が存在する限り、韓国は日米との同盟を守らなければならない。」以外、米国の関与を指摘するものはないが、この「慰安婦合意」はどう考えても米国の韓国に対する強い圧力の下に形成されたものである。

 これを公開することは、これもトランプ政権というか米国共和党にとってはさほど利害関係はないかもしれないが、米国民主党にとっては在米韓国人の反発を通じて選挙情勢にかなり不愉快な影響を与えることになるのではないか。

 我が国にとってはどちらの政治混乱も高見の見物であり、一途に情報公開を求める韓国国民にエールを送るばかりである。
  1. 2017/06/03(土) 04:08:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【北ミサイル】国連安保理が北朝鮮制裁決議を全会一致で採択" 禁輸対象の拡大がないから最初から無意味。日本の国連大使には米国を誘導する意思も能力もなし!! | ホーム | "政府批判の森本康敬釜山総領事、事実上の更迭" 左派政党の支持勢力の中心が官公労であることに鑑みればたとえ外務省でもそのような政治思想の人達が職に就いていると見るべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3142-ff8a3786
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)