金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【北ミサイル】国連安保理が北朝鮮制裁決議を全会一致で採択" 禁輸対象の拡大がないから最初から無意味。日本の国連大使には米国を誘導する意思も能力もなし!!

"【北ミサイル】国連安保理が北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 制裁指定を拡大 迅速な対応優先" !!
 6月3日の産経新聞は,”【北ミサイル】国連安保理が北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 制裁指定を拡大 迅速な対応優先
 北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は2日午後(日本時間3日午前)、北朝鮮の4企業・団体と14個人を、資産凍結や渡航禁止の制裁対象に追加する決議案を全会一致で採択した。北朝鮮への制裁決議採択は7回目で、トランプ米政権発足後は初めて。
 北朝鮮は5月29日に3週連続で今年9回目となる弾道ミサイルを発射。挑発行為の頻度を高める北朝鮮に対し、制裁協議を続けてきた米中は迅速な決議採択で対応することで一致した。その結果、米中間で議論の隔たりがあった禁輸対象の拡大や新たな制裁措置は盛り込まれず、制裁指定の拡大にとどまった。
 会合で、米国のヘイリー国連大使は「これまでも言ってきたとおり、さらなる挑発行動に対処するため、あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と述べ、「危険な道を突き進むかどうか判断するのは北朝鮮次第だ」と警告。日本の別所浩郎国連大使は、「決議(の採択)で終わりではない。北朝鮮が朝鮮半島の非核化に向けた具体的な措置を示すまで圧力をかけ続けなければならない」と強調した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「その結果、米中間で議論の隔たりがあった禁輸対象の拡大や新たな制裁措置は盛り込まれず、制裁指定の拡大にとどまった。」とあるから、こんなものは最初から無意味であるが、これは米国の意向なのか、それとも日本の意向なのか。
 それは次の報道から分かる。

 6月2日の産経新聞は,”【北朝鮮情勢】米中、北朝鮮制裁で合意 安保理あすにも採決 石油取引制限は盛り込まず
 北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、米国は1日、国連安全保障理事会の新たな制裁決議案を理事国に配布した。中国も同意した。資産凍結や渡航禁止の制裁対象に北朝鮮の4企業・団体と14個人を追加する内容で、2日の安保理会合で採決する見通し。
 米国は、北朝鮮が中国に石油を依存していることを踏まえ、石油取引制限などを定めた強力な制裁決議を目指してきたが、中国との協議は長期化が予想され、制裁リストの拡充を優先させたとみられる。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「米国は、北朝鮮が中国に石油を依存していることを踏まえ、石油取引制限などを定めた強力な制裁決議を目指してきたが、中国との協議は長期化が予想され、制裁リストの拡充を優先させたとみられる。」とあるから、やはりこれは米国の意向のようである。
 一体、この「米国のヘイリー国連大使」はどういう人物なのか。

 2016年11月23日の日経新聞は,”国連大使にニッキー・ヘイリー氏 トランプ氏発表
サウスカロライナ州知事、インド移民2世
 トランプ次期米大統領は23日、新政権での国連大使にサウスカロライナ州のニッキー・ヘイリー知事(44)を起用すると発表した。新政権の閣僚級ポストに女性が決まったのは初めて。同氏はインド移民の2世。「身内の白人男性ばかり」と言われる人事に幅を持たせ、批判をかわす狙いもありそうだ。
 ヘイリー氏はサウスカロライナ州下院議員を経て2010年の同州知事選で当選し、現在2期目。15年に同州で起きた白人男性による黒人系教会銃撃事件で、事件後に結束を呼びかける姿が注目を浴びた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「新政権の閣僚級ポストに女性が決まったのは初めて。同氏はインド移民の2世。」とあるから、「女性」でしかも「インド移民の2世」となれば、いかにも「北朝鮮」には関心が薄そうである。
 ただ米国の国連における懸案は何も北朝鮮問題だけではないから、多くを期待するのは最初から無理がある。

 それを見越して日本側がうまく米国を誘導すべきであるが、「日本の別所浩郎国連大使」にはそんな意思も能力もあるとはとても思えない。
  1. 2017/06/03(土) 18:51:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国の行く末に警告した武藤正敏元駐韓大使の新刊にメディアが猛批判" 同じく中国から至近距離にありながら、こと経済に限っては、我が国より韓国の方がましに対応している!! | ホーム | "慰安婦合意文書が公開される?韓国裁判所が内閲後に決定" 我が国にとってはどちらの政治混乱も高見の見物であり、一途に情報公開を求める韓国国民にエールを送るばかり!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3143-43004435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)