金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"東芝メモリ売却 日米韓連合と優先交渉へ" このような売国外交を意図的に推進する安倍政権には一日も早く退陣してもらいたい。日本の政治は停滞している方がまだまし!!

 6月21日のsankeibizは,”国産イチゴのブランドが韓国に流出 5年間で損失約220億円 大半は日本産もとに開発
 日本のイチゴ品種が韓国に流出したことで、日本の輸出機会が奪われ、5年間で最大220億円の損失があったとの試算を農水省が21日までにまとめた。自民党の問い合わせに農水省が答えた。農水省は28年度の補正予算で3億円を計上し、品種登録制度の整備を進めるとしている。

 品種登録できていれば品種開発者が得られていたロイヤルティー(許諾料)は年間16億円にのぼると推計。韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、日本側が品種登録できなかった。品種登録していれば、栽培の差し止めや農産物の廃棄を求めることができるが、登録していないため、こうした対抗策が取れない。
 ほかにも中国で静岡県産のイチゴ「紅ほっぺ」が無断で生産されていると報道されたり、ブドウの品種「シャインマスカット」が中国で無断増殖され、韓国でも中国産の種苗が流通していることが分かっている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「韓国には品種登録制度はあるが2012年までイチゴは保護対象になっておらず、日本側が品種登録できなかった。」とあるが、国家ぐるみの泥棒国家に公正さを期待していても意味がない。
 「日本の品種」の「流出」は日本国内で起きているのだから、これは韓国人が犯していようと日本の刑法に触れる犯罪行為である。
 我が国としては犯人の引渡しを韓国政府に要求しなければならない。
 そして韓国政府がそれを拒絶するなら、我が国は対抗措置を取るべきである。

 そういうきっちりとした対処をしないから、「ほかにも中国で静岡県産のイチゴ「紅ほっぺ」が無断で生産されていると報道されたり、ブドウの品種「シャインマスカット」が中国で無断増殖され、韓国でも中国産の種苗が流通していることが分かっている。」というようなことが繰り返されるのである。

 そしてそれどころか我が国自身がそのようなパクリに手を貸している雰囲気もある。
 次はその好例だろう。

 6月21日の産経新聞は,”東芝メモリ売却 日米韓連合と優先交渉へ WDは合流断念
 東芝が、半導体子会社「東芝メモリ」の売却先について、経済産業省が主導した「日米韓連合」と優先的に交渉を進める方針を固め、21日の取締役会で提案する見通しになったことが20日、分かった。協業相手で売却に反対する米ウエスタンデジタル(WD)も連合に合流する案が模索されていたが、東芝との対立解消にめどが立たないことから断念した。
 東芝は21日に優先交渉先を決定し、株主総会の開かれる28日までに売却の正式契約を結ぶ方針。売却先を、産業革新機構や米投資ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手のSKハイニックスなどからなる「日米韓連合」とする方向で最終調整している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「売却先を、産業革新機構や米投資ファンドのベインキャピタル、韓国半導体大手のSKハイニックスなどからなる「日米韓連合」とする方向で最終調整している。」とあるが、「SKハイニックス」と言えば、次の報道が思い出される。

 2015年3月9日の産経新聞は,”韓国企業に東芝の情報提供、提携企業の元技術者に懲役5年判決 東京地裁
 東芝の研究データを韓国企業に渡したとして、不正競争防止法違反(営業秘密開示)の罪に問われた提携半導体メーカーの元技術者、杉田吉隆被告(53)の判決公判が9日、東京地裁で開かれた。室橋雅仁裁判長は「営業秘密情報を他国の競合他社に流出させ極めて悪質。わが国産業の重要な半導体事業の分野であり社会に与えた衝撃も大きい」として、懲役5年(求刑懲役6年)、罰金300万円(同)を言い渡した。
 判決によると、杉田被告は三重県四日市市にある東芝の工場で営業秘密に当たる多数のファイルをUSBメモリーにコピーし、平成20年7月と22年4月、転職先の韓国企業SKハイニックスに提供した。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「判決によると、杉田被告は三重県四日市市にある東芝の工場で営業秘密に当たる多数のファイルをUSBメモリーにコピーし、平成20年7月と22年4月、転職先の韓国企業SKハイニックスに提供した。」とあるように、このような前科のある泥棒企業になぜ「経済産業省が主導」して売却するのかさっぱり理解できない。

 このような売国外交を意図的に推進する安倍政権には一日も早く退陣してもらいたい。
 そのあとは麻生太郎でも石破茂でもいいが、とにかく日本の政治は与野党伯仲で停滞している方がまだましである。
  1. 2017/06/22(木) 00:55:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"北朝鮮との「あらゆる取引」禁止 米国・中国が外交・安保対話で一致" トランプ政権が中国に弱腰を続ける理由は娘婿のクシュナー氏の親族の事情が影響を与えているのか? | ホーム | "安倍晋三内閣の支持率、8・5ポイント減の47・6% 加計学園の対応が影響か" 国民の政治的民度が高まらない理由は自民党が決定的な政治的争点を避ける政治をやっているから!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3161-8d415c59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)