金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"都民圧勝「小池勢力」で79議席 自民惨敗" 都民ファーストの会の実体は第2自民党みたいなもの。日本第一党は大きな戦略転換をしないと党勢拡大は難しい!!

 7月3日の産経新聞は,”【都議選投開票】都民圧勝「小池勢力」で79議席の過半数 自民惨敗、過去最低の23
 各政党が国政選挙並みの総力戦で臨んだ東京都議会議員選挙(定数127)が2日、投開票され、小池百合子都知事率いる地域政党「都民ファーストの会」が49議席を獲得して第1党となった。
 公明党の23人なども含め、小池氏の支持勢力で過半数の79議席を獲得する圧勝。一方、学校法人「加計学園」(岡山市)の文書問題や、稲田朋美防衛相の失言など国政の問題で逆風となった自民党は、過去最低の38議席を大きく割り込む23議席の歴史的惨敗を喫した。安倍晋三首相の政権運営に影響を与えるのは必至だ。
 そのほか共産党は19、民進党は5、日本維新の会と東京・生活者ネットワークは各1、都民推薦の無所属は6。女性の当選者数は計36人で過去最多。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「自民党は、過去最低の38議席を大きく割り込む23議席の歴史的惨敗を喫した」とあるのは当然である。
 先日も書いたが、「安倍晋三首相」が事なかれ主義の政治ばかりをやっているから、国民が政治的に成長しないからである。

 とはいえ「都民ファーストの会」の実体は第2「自民党」みたいなものだから、反自民勢力が勝ったわけでもない。
 反自民勢力が期待するような方向には進まないだろう。
 とにかくこの1年間における「小池百合子都知事」の話題作りがうまかっただけである。

 さて我々の仲間の成績であるが、八王子市選管のHPによれば、「日本第一党」の「岡村 みきお」候補の得票は「2,597」票であった(リンクはこちら)。
 供託金没収点は、総得票240,515票÷定数5×1/10=4,810.3≒4,811票だから、その2,597÷4,811×100=54.0%という厳しい結果だった。

 とはいえ昨年の都知事選における「桜井 誠」候補の得票、「3,979」票(リンクはこちら)には及ばなかったものの、昨年の参院選における「鈴木 信行」候補の得票、「1,583.481」票(リンクはこちら)はかなり上回っており、基礎票にかなり上乗せして頑張ったとも言える。

 ただ当方としてはやはり昨年8月18日のエントリーで書いた「当方が考えるのは、桜井会長に新風の某氏を何とかして口説き落としてもらいたいということである。」という提案を実現してもらいたかった。
 この内容は我々の運動に参加してきた者なら誰でも猪一番に口にすることだから、「日本第一党」の内部でも検討されたと思うが、実現しなかった舞台裏は聞いていない。
 「日本第一党」としては地方選挙からという方針は止めて国政選挙で桜井誠代表という一枚看板を大きく売り出す戦略に転換をしないと党勢拡大は難しいと思う。
  1. 2017/07/03(月) 08:37:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【東芝危機】韓国SKが議決権要求 東芝メモリ、売却契約難航" 譲渡を承認制にしても完全な予防策にはならないが、これは上場会社という性格上やむを得ないこと!! | ホーム | "【お金は知っている】不気味な中国金利上昇、人民元暴落不安消えず" 購買力平価レート3.460元と現実のレートの差はすべからく為替操作のなせるわざとみなすべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3173-15b6f703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)