金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"インドネシア高速鉄道、再び「日本外し」か!?運輸相が中国の入札参加を要請―中国紙" 我が国としてはインドネシア政府に対し「事態を整理して出直してこい」とはっきり通告すべき!!

 7月8日のレコードチャイナは,”インドネシア高速鉄道、再び「日本外し」か!?運輸相が中国の入札参加を要請―中国紙
 2017年7月7日、環球時報は記事「ジャカルタ・スラバヤ高速鉄道、再び日本外しで中国が受注か?運輸相が“中国の入札参加を歓迎する”と発言」を掲載した。
 インドネシアのジャカルタ・バンドン間高速鉄道建設計画をめぐり、日中が激しい競争を繰り広げたのは2015年のこと。最終的に中国が落札に成功した。一方、インドネシア政府は日本との関係も保持したいと考えており、ジャカルタ・スラバヤ鉄道の高速化では日本の協力を求める方針だと伝えられてきた。
 ところが今、その雲行きが怪しくなっている。事前調査を実施した路線にはカーブが多く、当初想定の5倍もの予算がかかる可能性が浮上してきた。こうした中、スマルディ運輸相は6日、「日本の受注が決まったわけではない。中国の入札を歓迎する」とコメントした。
 インドネシア政府の方針の揺れには、政権内の勢力争いも関係しているという。カラ副大統領は日本の投資受け入れを主張しているが、ジョコ大統領は中国の投資受け入れに積極的だ。先日行われたジャカルタ州知事選挙では両者は別の候補者を支持するなど、政治姿勢の違いが表面化している。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「一方、インドネシア政府は日本との関係も保持したいと考えており、ジャカルタ・スラバヤ鉄道の高速化では日本の協力を求める方針だと伝えられてきた。」とあるが、これについては3月27日のエントリーで次のとおり書いたところである。

また当方がよく分からないのは、「首都ジャカルタと東部の大都市スラバヤを結ぶジャワ島の既存鉄道(約750キロ)の高速化計画」について「日本が高速鉄道受注へ」ということは現実的に可能なのかということである。
 というのは「建設工事は遅れており」とは言ってもいつかは「中国」は「ジャカルタと西ジャワ州バンドンの約140キロを結ぶ計画」を完成させるだろう。
 そうだとするとあの細長い島で2路線を投資することになるが、それはどう考えても過剰投資だからである。
 したがって現実的には「バンドン」から「スラバヤ」へ延伸させるしかないが、それはやはり「中国」がやらなければ意味がない。
 日本がこの話に乗ることができるのはやはり、「インドネシア」が「中国」との契約を解除してすべてを日本がやるという形になってからである。



 したがって「インドネシア政府の方針の揺れには、政権内の勢力争いも関係しているという。」とあるが、これは表裏が逆である。
 むしろ「日本の協力を求める」べき積極的理由が何かあるかということである。

 我が国としてはインドネシア政府に対し、「事態を整理して出直してこい」とはっきり通告すべきである。
  1. 2017/07/09(日) 00:53:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"東芝、メモリ売却は8月以降? 連合内外“波乱”" 問題はなぜSKを最初から明確に拒絶できないか。これが戦後の日本人の韓国や在日に対する普通の対応!! | ホーム | "やっぱり「財政再建目標」が間違いである、これだけの理由 藤井 聡"  「藤井 聡」のような主張をいくら信奉したところで、結局は自民党支持にしか繋がらないことを真の愛国者はよく自覚すべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3178-4284930d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)