金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"中国漁船、サバ「爆漁」か…推計30万トン超" 対中韓において日本政府の発表は全く信用できないので、日本の排他的経済水域内なのではないかという疑いがどうしても拭えない!!

 7月10日の読売新聞は,”中国漁船、サバ「爆漁」か…推計30万トン超
 日本の排他的経済水域(EEZ)に近い北太平洋の公海上で中国漁船が2016年、サバを30万~40万トン水揚げしていたとみられることが、国立水産研究・教育機構(横浜市)の推計で分かった。
 中国が昨年、国際機関「北太平洋漁業委員会」に報告したサバの水揚げ量は14・3万トンで、実態は2倍を超える可能性が高い。政府は、今月13日から開かれる同委員会で、中国などに正確な漁獲量の報告を求める方針だ。
 同機構によると、調査した海域は北海道東部から三陸沿岸の沖合200カイリ(約370キロ・メートル)の北太平洋。中国漁船が強力な集魚灯を使っていることに着目し、公開されている米国の気象衛星の観測データから光点を解析した。また、大型漁船に付けられた自動船舶識別装置の情報で国籍を識別。海水温による魚種の分布状況などを重ね合わせて分析したところ、同海域で昨年、サバを狙った1000トンクラスの大型の中国漁船が100隻以上、操業していたことが分かった。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「日本の排他的経済水域(EEZ)に近い北太平洋の公海上」とあるが、本当に「公海上」なのだろうか。
 対中韓において日本政府の発表は全く信用できないので、「日本の排他的経済水域(EEZ)」内なのではないかという疑いがどうしても拭えない。

 この件は平成28年度の「水産白書」でも、「(我が国EEZに隣接する公海等での外国漁船の操業)」という項目で大きく取り上げられている(リンクはこちら)。

 この中の「図Ⅰ-2-3 北西太平洋における中国漁船の視認状況」という図を見ると、確かに「中国漁船」はすべて「日本のEEZ境界線」の東側にプロットされている。

 しかし例の小笠原諸島沖のサンゴ問題では日本領海内でさえサンゴを密漁しまくった中国漁船の傍若無人振りを考えると、中国漁船が大人しく「日本の排他的経済水域(EEZ)」の外側で漁をしているとは考えられない。

 「政府は、今月13日から開かれる同委員会で、中国などに正確な漁獲量の報告を求める方針だ。」とあるが、こんなぬるい姿勢では中国に対抗できない。
 日本政府としては、「中国漁船」が少しでも「日本の排他的経済水域(EEZ)」に侵入すれば、直ちに不法操業として拿捕すべきである。
  1. 2017/07/10(月) 20:56:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国の慰安婦ユネスコ世界遺産登録への政府予算拠出に日本政府が抗議" これは完全な日韓合意違反。9月に登録が決まるとあるから、もうすでに明確な態度決定が必要な時期!! | ホーム | "東芝、メモリ売却は8月以降? 連合内外“波乱”" 問題はなぜSKを最初から明確に拒絶できないか。これが戦後の日本人の韓国や在日に対する普通の対応!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3180-cb267867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)