金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"【主張】「大和堆」の違法漁 北朝鮮船の占拠を許すな" 自衛権を行使するのが自衛隊であろうが海上保安庁であろうが、それによって国際法上違法になるわけではない!!

 7月14日の産経新聞は,”【主張】「大和堆」の違法漁 北朝鮮船の占拠を許すな
 日本の排他的経済水域(EEZ)から水産資源を強奪する無法な振る舞いを、決して許してはならない。
 現場は「大和堆」と呼ばれる日本海でも有数の好漁場で、日本のEEZに含まれる。そこへ北朝鮮など外国の漁船群が押し寄せ、スルメイカなど日本の水産資源を奪っているのだ。
 菅義偉官房長官は会見で、日本漁船の安全のため「関係省庁が連携して適切に対応する」と述べた。海上保安庁と水産庁は取り締まりを徹底してほしい。不測の事態に備え、自衛隊によるバックアップも検討すべきである。
 海保は全国から巡視船を集めて対応している。尖閣方面との二正面作戦となる。海保の人員と船舶、航空機の増強を政府は真剣に考える必要がある。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「海保は全国から巡視船を集めて対応している。尖閣方面との二正面作戦となる。」とあるが、これには反対である。
 確かに今回の場合は相手が武装しているとはいえ、あくまで漁船なのだから、対応は「海上保安庁」でよい。
 しかし「尖閣方面」の場合は、相手が漁船ではなく中国公船なのだから、守る側は対応を一段階上げ、「自衛隊」がすべきである。

 この「尖閣方面」と「自衛隊」との関わりについては次のような報道があった。

 3月5日の産経新聞は,”【主張】自民党と憲法改正 今こそ有言実行が必要だ
 自民党が「憲法改正原案の発議に向けて具体的な歩みを進める」と明記した平成29年の運動方針案を5日の党大会で採択する。
 国の守りと国際社会の平和に寄与する軍隊の保有を憲法は認めていない。
 尖閣諸島の守りにも支障がある。「グレーゾーン事態」で海上警備行動が発令されても、憲法上、軍隊でない自衛隊には十分な武器使用ができない。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「「グレーゾーン事態」で海上警備行動が発令されても、憲法上、軍隊でない自衛隊には十分な武器使用ができない。」とあるが、当方はこれが理解できない。
 「国立国会図書館調査及び立法考査局」作成の「レファレンス 2012.1」中の「無害通航を行わない外国船舶への対抗措置に関する国際法上の論点―軍艦を中心に―」という文書には次のとおりある(リンクはこちら)。

条文上明文規定があるわけではないが、自国領海内で無害通航を行わない軍艦が退去の要求に従わないときは、沿岸国には第30条を実施するために必要最小限の武力を行使する権利がある。もっとも、そのような武力行使が国際法上合法となるには、必要性と均衡性という自衛権の行使の要件(次章を参照。)をみたす必要がある。」(9頁)
SROE(=「標準交戦規則」(Standing Rules of Engagement))によれば、自衛には、①エスカレーション防止(De-escalation)、②必要性、③均衡性の三つの原則が適用される。①は、時間と状況が許せば相手に警告し威嚇的な行為を中止する機会を与えることである。②は、「敵対行為又は公然と示された敵対意図」が存在することである。③は、自衛における武力行使について、その種類、期間及び範囲は必要とされる程度を超えてはならないというものである。」(10頁)

 尖閣への中国公船の侵犯で「必要性と均衡性という自衛権の行使の要件」を満たすことは容易である。
 したがってこのような要件さえ満たせば、「自衛権」を行使するのが自衛隊であろうが海上保安庁であろうが、それによって国際法上違法になるわけではない。
 そのことは「自衛隊」が「軍隊」であるかどうかとは無関係である。

 産経新聞はどこに吹き込まれてこんなおかしな主張をするのかさっぱり理解できない。
  1. 2017/07/16(日) 03:10:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴木信行ブログ"除名通知キター!他県の党員の皆さんお世話になりました!" 11月の葛飾区議選の前には離党するだろうと予測していたが、それにしても全員除名とは驚いた!! | ホーム | "旭日旗問題、処分不服で川崎が上訴" ハーケンクロイツに類似するとの韓国側の主張を鵜呑みにした回答がなされるだろうから、J1川崎も正しい歴史認識を準備しておく必要がある!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3185-d985bb7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)