金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"慰安婦被害者が歌手デビューへ" 旧日本軍の慰安婦ということであれば相当の年齢であるはずで、何とも違和感のある報道!!

 8月10日の聯合ニュースは,”慰安婦被害者が歌手デビューへ
 旧日本軍の慰安婦被害者である韓国人女性、吉元玉(キル・ウォンオク)さんがソウルの「戦争と女性人権博物館」で自身の十八番15曲を収録したアルバムの制作発表会を行った。「世界慰安婦の日」の14日にソウル・清渓広場で開かれる催しで初舞台を披露する。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「旧日本軍の慰安婦被害者である韓国人女性、吉元玉さんがソウルの「戦争と女性人権博物館」で自身の十八番15曲を収録したアルバムの制作発表会を行った。」とあるが、「旧日本軍の慰安婦」ということであれば相当の年齢であるはずで、何とも違和感のある報道である。
 この「吉元玉」は次の報道で有名な人物である。

 2013年5月24日の産経新聞は,”【橋下氏慰安婦発言】「嫌悪感がある」 橋下氏との面会、直前で中止 元慰安婦側が意向伝える 
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長と24日に面会する予定だった元慰安婦の韓国人女性2人が同日午前、支援団体を通じて市側に面会中止の意向を伝えてきたことが市への取材で分かった。この2人側が面会を申し込んでいたが、支援団体によると「市長への嫌悪感がある」などとして面会中止を決めたという。
 面会する予定だったのは金福童さん(87)と吉元玉さん(84)。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「この2人側が面会を申し込んでいたが、支援団体によると「市長への嫌悪感がある」などとして面会中止を決めたという。」とあるから、何とも意味不明の行動である。
 さてこの「吉元玉」のWikiには慰安婦になった経緯について次のとおりある(リンクはこちら)。

本人の証言によれば、11歳の時に「お金を稼がせてやる」との言葉に騙されて着いていき、日本軍の「慰安所」に監禁され、軍人に強姦される毎日を過ごした[4]とも、13歳の時に強制連行され、軍人に暴行・強姦される毎日を過ごした[1]とも述べている。


 まず「着いていき」とあるが、その時、親はどういう対処をしたのだろうか。
 また「11歳」と「13歳」との相違はどういうことなのだろうか。
 そして最も重要なことは一体、どこの「慰安所」に「監禁」あるいは「強制連行」されたというのだろうか。

 おそらく当初はさんざん作り話をまき散らしていたが、色々矛盾点を指摘され、今では口をつぐんでしまったということだろう。
 慰安婦詐欺の実行組織にとっては極めて使えない人物である。
  1. 2017/08/11(金) 01:55:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"【藤井聡】内閣府データが示す、10~15兆円規模の大型補正予算の必要性" なぜ問題の原因を突き詰めずに対策を考えるのか。国内にも外国にもお前達に原因があるとは言えないから? | ホーム | "青森県議会が韓国・済州の議会と友好協定締結" すでに6年前の平成23年には県レベルでの協定を締結。メリットはないが害悪の方もまだ出ていない。法則の発動に期待!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3211-7b380dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)