金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

朝鮮学校補助金問題1 松沢神奈川県知事の見解

 朝鮮高校無償化問題が大詰めを迎えてきましたが,その根底にあるのが各地方公共団体が朝鮮学校に支給する補助金の問題であるので,その是非について考えてみます。
 9月1日の神奈川新聞は,”松沢成文知事は1日の定例会見で、朝鮮学校に対する高校授業料の無償化適用の可否について、「これまでのさまざまな調査で、露骨に公然と反日教育が行われていることが分かってきたようだ。(無償化の)一つの判断基準に、反日的な教育が行われていないことというのを加えるべきだ」などと語った。(中略)知事は「反日的な教育が行われているとの報道がある。その通りなら日本政府が支援することは国益の観点から問題」と言及。”と報道しました。
 驚きました。理由は二つあります。一つは以前は全く逆のことを言っていたからです。3月9日の神奈川新聞は,”高校授業料の無償化対象に朝鮮学校を含めるかどうかをめぐり議論が起きている問題について、松沢成文知事は8日の会見で、「朝鮮学校で公然と日本を非難するような教育が行われていないのなら、支援をしていいのではないか」との見解を示した。
 知事はまず、「日本の国益に反するような教育が公然と行われていたら、日本の国益上、税金で支援するのは好ましくない」と表明。その上で、「朝鮮学校の授業内容を見る中では、おおむね学習指導要領に沿った形で行われている」との認識を示した。
”と報道していたからです。一体,何の心境変化でしょうか。9月1日の方で”知事は「反日的な教育が行われているとの報道がある。その通りなら日本政府が支援することは国益の観点から問題」と言及。”と言っていますが,この半年の間にそんなに反日教育の報道があったでしょうか。産経新聞で2,3出ましたけど,180度変わるほど決定的なものはなかったように感じます。
 当会ではこの問題で1月18日(動画はこちら)と6月8日(動画はこちら)の2回神奈川県庁に抗議活動をしていますが,後の方が効果があったのなら幸いです。
 驚いたもう一つの理由は,「えっ,知事はそんなこと言っていいのか」という驚きです。というのは神奈川県は平成21年度に県下の朝鮮学校5校に対し,合計で7,247万6千円を補助しています。内訳は
  鶴見朝鮮初級学校     5,752,000円
  神奈川朝鮮中高級学校 20,587,000円
  横浜朝鮮初級学校    13,333,000円
  川崎朝鮮初中級学校   14,862,000円
  南武朝鮮初級学校    17,942,000円
  計              72,476,000円
です。
 朝鮮高校無償化が反対なら当然,こちらにも反対しなければならないはずです。神奈川県の活動家としては面白くなってきたというところです。
  1. 2010/09/02(木) 18:45:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝鮮学校補助金問題2 工作員養成機関としての朝鮮学校 | ホーム | 外国人生活保護問題3 大阪市の言い分は正しいのか?その4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/324-46e04302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)