金子吉晴(維新政党新風)    行動保守の選挙担当として維新政党・新風に籍を置き真の戦後レジームからの脱却に邁進しています。

←応援クリックお願いします。

"【田村秀男の日曜経済講座】対北朝鮮制裁不発の元凶 中国の金融ルート遮断を" それが滞れば北朝鮮は別のドル入手の手段を見つける。最も可能性のあるのはやはり我が国からの送金!!

 9月10日の産経新聞は,”【北朝鮮核実験】中国が北口座に取引制限 石油輸出急減、資金遮断か
 中国の中国銀行など大手国有銀行が、北朝鮮人名義の新規口座開設や既存口座からの送金など一部取引を停止していることが9日分かった。取引制限の結果、北朝鮮側による支払いが困難になり、中国からの石油製品輸出は急減。北朝鮮制裁に消極的と批判されてきた中国が核・ミサイル開発の資金遮断に向け本腰を入れ始めた可能性がある。
 関係筋によると取引制限は昨年から始まり、今年4月から中朝貿易の拠点である遼寧省でも実施。口座は凍結されておらず現金の引き出しは可能だが、送金や入金ができない。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「取引制限の結果、北朝鮮側による支払いが困難になり、中国からの石油製品輸出は急減。」とあるが、こんな事実は本当にあるのだろうか。
 これは次の報道と矛盾しないか。

 7月13日の毎日新聞は,”中国 対北朝鮮貿易10%増 上半期 制裁「厳格に執行」
 中国税関総署は13日の記者会見で、今年上半期の北朝鮮との貿易総額が25億5000万ドル(約2880億円)となり、前年同期に比べ10.5%増加したと明らかにした。輸入は8億8000万ドル(前年同期比13.2%減)に縮小したが、輸出が16億7000万ドル(同29.1%増)と大幅に伸びた。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「輸出が16億7000万ドル(同29.1%増)と大幅に伸びた」とあるのはやはり石油関連と見ざるを得ない。
 上の報道にある「関係筋によると取引制限は昨年から始まり、今年4月から中朝貿易の拠点である遼寧省でも実施。」が本当に効果的なら、こんな事態にはならないだろう。
 次はもう少し合理性がある。

 9月10日の産経新聞は,”【田村秀男の日曜経済講座】対北朝鮮制裁不発の元凶 中国の金融ルート遮断を
 北朝鮮の核実験を受け、国連安全保障理事会は11日にも米国の提案による北朝鮮向け石油輸出全面禁止などの新たな制裁決議案を採決する。中国とロシアの反対で調整は難航しているが、これまでの度重なる国連の対北朝鮮制裁は不発続きだ。なぜなのか、有効な制裁案は他にあるのか。

 従来の経済制裁には致命的な欠陥がある。それを利用する元凶は、北朝鮮にとって最大の貿易相手、朝鮮戦争で「血の友誼」を交わした中国である。北朝鮮は制裁によって輸出が減ると外貨収入が落ち込むので、軍用、民生用を問わず、輸入に支障をきたすはずだ。ところが、中国からの輸入は急増し続けている。なぜ、可能なのか。答えは簡単、中国の大手銀行が中国内外のネットワークを経由して信用供与、つまり金融協力しているからだ。

 ここでグラフを見よう。中国はトランプ政権になって以来、対米輸出と対米黒字増を加速させている。トランプ政権の対中融和路線に便乗して中国は思うがままにドルを稼ぎ、北朝鮮に資金供給できるのだ。今、なすべき経済制裁は中国の対北朝鮮金融ルートを完全に遮断する対中金融制限ではないか。北京が米国だけを逆報復できなくなるよう、日欧も同調すべきだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「答えは簡単、中国の大手銀行が中国内外のネットワークを経由して信用供与、つまり金融協力しているからだ。」とあるのは確かにそういう面もあるかもしれない。
 しかしそれが滞れば北朝鮮は別のドル入手の手段を見つけるだろう。

 最も可能性のあるのはやはり我が国からの送金である。
 現状、我が国から北朝鮮への送金がどれだけあるかは分からない。

 しかし2番目の報道にある「輸出が16億7000万ドル」とは日本円に直せば、約1800億円に過ぎない。
 パチンコ市場が約20兆円あることを考えれば、その0.9%にしかならない約1800億円を送金することは簡単なことである。

 やはり実際に北朝鮮への石油禁輸を実現するには直接、石油輸出を禁止するしかないだろう。
  1. 2017/09/11(月) 07:41:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"国連安保理 新たな北朝鮮制裁決議を全会一致で採択" 我が国から北朝鮮への送金を野放しにしている安倍政権に最も大きな責任があるが、ニッキー・ヘイリー米国連大使もかなりの無能!! | ホーム | "水産庁が外国漁船の違法操業取り締まり強化へ 最新鋭3隻を投入" 一々、「立ち入り検査」しなければ、外国漁船の違法操業を摘発できない現在の状況の方をまず変えるべき!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3243-cd71ea1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)