金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"葛飾区の平成29年度の主な地震防災事業" 耐震診断・改修助成はそこそこやっているが、密集住宅市街地整備はまだまだ予算が不足!!

 昨日の葛飾区の平成29年度の主な事業の関連で、そのうち地震防災事業について見ておく。
 これは「平成29年度葛飾区予算概 要【当初予算主要事業概要】」に掲載されている(リンクはこちら)。

1 減災協働プロジェクト(11の重要プロジェクト)

1  民間建築物耐震診断・改修助成【計画】(総務費)
                     建築課 439百万円
 震災時における建物の倒壊、避難路の閉塞を防止し、区民の生命を守るとともに避難路を確保します。そのために旧耐震基準の住宅や分譲マンション等の耐震診断や耐震改修等に要する費用の一部及び耐震シェルター設置費用の一部に助成を行います。

(1)木造建築物耐震化助成
 ①診断 調査費の10/10(限度額 6.5万円)
 ②設計 設計費の2/3(限度額 20万円)
 ③改修 工事費の2/3(限度額 160万円)
 ④建替え 工事費の2/3(限度額 160万円)

(2)建築物(木造以外)耐震化助成
 ①診断 調査費の1/2(限度額 20~ 150万円)
 ②設計 設計費の1/2(限度額 30~ 150万円)
 ③改修 工事費の1/2(限度額 80~2,000万円)

(5)耐震シェルター助成
 工事費の9/10(限度額 27万円)

2 災害に強いまちづくり

1  四つ木地区の街づくり【計画】【拡大】(都市整備費)
               密集地域整備担当課・住環境整備課 95百万円
 密集住宅市街地整備促進事業により、主要生活道路や災害時に一時的に避難できる小広場などの整備、細街路の拡幅、老朽化した住宅の建替えなどを促進し、地区計画制度とあわせて、災害に強い街づくりを進めます。
 29年度は、道路拡幅用地の取得など、地区内の主要生活道路の整備を行います。
 また、既存の建替え助成の適用がない新耐震基準の木造住宅への助成制度を創設し、地区内の不燃化の向上を目指します。

2  東四つ木地区の街づくり【計画】【拡大】(都市整備費)
               密集地域整備担当課・住環境整備課 156百万円
 密集住宅市街地整備促進事業により、主要生活道路や災害時に一時的に避難できる小広場などの整備、細街路の拡幅、老朽化した住宅の建替えなどを促進し、地区計画制度とあわせて、災害に強い街づくりを進めます。
 29年度は、道路拡幅用地の取得など、地区内の主要生活道路の整備を行います。
 また、既存の建替え助成の適用がない新耐震基準の木造住宅への助成制度を創設し、地区内の不燃化の向上を目指します。

3  東立石地区の街づくり【計画】【拡大】(都市整備費)
                密集地域整備担当課・住環境整備課 202百万円
 密集住宅市街地整備促進事業により、主要生活道路や災害時に一時的に避難できる小広場などの整備、細街路の拡幅、老朽化した住宅の建替えなどを促進し、地区計画制度とあわせて、災害に強い街づくりを進めます。
 29年度は、道路拡幅用地の取得など、地区内の主要生活道路の整備を行います。
 また、既存の建替え助成の適用がない新耐震基準の木造住宅への助成制度を創設し、地区内の不燃化の向上を目指します。

4  堀切地区の街づくり【計画】【拡大】(都市整備費)
            街づくり推進課・密集地域整備担当課・住環境整備課 137百万円
 堀切地区の目指すべき街の将来像である「堀切地区まちづくり構想」をもとに、地域のまちづくり組織への支援を行うとともに、荒川橋梁架替事業と連携した街づくりの検討を進めます。
 また、密集住宅市街地整備促進事業により、主要生活道路や災害時に一時的に避難できる小広場などの整備、細街路の拡幅、老朽化した住宅の建替えなどを促進し、地区計画制度とあわせて、災害に強い街づくりを進めます。
 29年度は、引き続き、まちづくり推進協議会への活動支援を行うとともに、荒川橋梁架替事業等と連携した街づくりや堀切菖蒲園駅周辺の街づくりの検討を行います。
 また、密集住宅市街地整備促進事業区域の道路拡幅用地の取得に向けた測量等を行います。さらに、既存の建替え助成の適用がない新耐震基準の木造住宅への助成制度を創設し、地区内の不燃化の向上を目指します。

5  細街路拡幅整備事業【計画】(都市整備費)
                        住環境整備課 255百万円
 住環境の向上を図るとともに地域の防災性を高めるため、建築物の建替えに際して、幅員の狭い道路を4メートルに拡幅整備します。
 また、建築予定がない場合でも、関係権利者の協力により拡幅可能な箇所を整備し
ていきます。
 個別方式 200件 2,500m



 まず一つ目の「耐震診断・改修助成」については、葛飾区の力の入れ方は、隣接する足立区、墨田区、江戸川区に比べると中程度である。
 そのことは各区の同種予算額と比較するとよく分かる。

・足立区 845,634千円(リンクはこちらの53頁)
・墨田区 114,410千円(リンクはこちらの30頁)
・江戸川区 376,309千円(リンクはこちらの34頁)

 これを見ると、墨田区の突出した金額の小ささが目に付く。
 人口規模や木造住宅の比率もあるのだろうが、それにしてももっと力を入れるべきだろう。

 また二つ目の「密集住宅市街地整備促進事業」については、区の西部の荒川沿いの区域が中心である。
 これは比較的早く開けたことと、おそらく戦災の関係もあるのだろう。

 「東京カレンダー」というサイトに、「東京の地震総合危険度上位100町丁目リスト」というものが掲載されている(リンクはこちら)。
 これには「13 葛飾区 東四つ木3丁目」、「63 葛飾区 西新小岩5丁目」、「66 葛飾区 堀切5丁目」などとある。
 意外に少ないという印象であるが、早く解消すべきことは間違いない。

 これについては5つの事業合計で予算額が845百万円では、地価が下がったとはいえ、とてもではないが金額が足りないだろう。
  1. 2017/11/02(木) 03:41:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"葛飾区の平成29年度の主な水害対策" 「避難」よりも先に「防止」が重要であると考えるのだが、大規模水害の危険性はそれほどないと考えているようである!! | ホーム | "葛飾区の平成29年度の主な重点事業" 投資的経費はなかなかの伸び率。立石駅周辺地区再開発事業はようやく来年度から本格始動のよう!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3295-2e0eb3df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)