FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"見えぬ貧困 都内のネットカフェ難民4千人" 貧困は見えている。2017年の新車販売台数は民主党政権最後の2012年にさえ及ばない!!

 2月5日の日テレNEWS24は,”見えぬ貧困 都内のネットカフェ難民4千人
 世の中で議論を呼んでいる話題について、ゲストに意見を聞く「opinions」。今回の話題は「ネットカフェ難民 東京都内に1日約4000人」。社会問題に関わる人を広げるための活動を展開しているリディラバ代表の安部敏樹氏に聞いた。
 東京都の調査によると、住む家がなくインターネットカフェなどに寝泊まりする、いわゆる「ネットカフェ難民」が、都内に1日あたり4000人ほどいるとみられることがわかった。そのうち約3000人が派遣労働者など、不安定な働き方をしていると推定されている。
 ネット上ではこんな意見が見られた。
「身元保証の壁はデカいな」

――この話題について安部さんの意見をフリップに書いていただきました。
 「“見えない貧困”が広がっている」です。
 一般的に貧困とか、ホームレスといった話になってくるとイメージされるのは路上生活している方、公園とかで寝泊まりしている方だと思います。でも実際のところ若い世代というのは、路上生活をしているのではなく、ネットカフェ難民になったりマクドナルドで夜を過ごしたりとかが多いのです。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「でも実際のところ若い世代というのは、路上生活をしているのではなく、ネットカフェ難民になったりマクドナルドで夜を過ごしたりとかが多いのです。」とあるが、「ネットカフェ難民」と「貧困」とを結び付けるのはどうか。
 というのは「ネットカフェ」のオールナイトは大体1,500円ほどだから1か月では4万5千円ほどの経費がかかるので、これだけあれば都心でなければ安アパートの一つも借りられるはずだからである。
 彼らが「ネットカフェ」を選択する理由は主として。職住近接のための都心居住とやはりコメントの中にあるように「身元保証の壁はデカいな」ということではないかと思う。

 ただし当方がこの報道で言いたかったことは、そのことではなく、現状は「見えない貧困」ではなく、「見えている貧困」ということである。 
 と言っても「貧困」と言うと語弊があるので、もっと明確に表現するなら、アベノミクスによって経済は大して上向いていないということである。

 そのことは確かにGDP統計のような政府のさじ加減で操作可能なものだけを見ていれば「見えない」のであるが、政府のゴマカシが効かない民間の統計を見ればはっきり見える。
 そのような民間の統計の代表的なものは新車販売統計である。
 これは「一般社団法人 日本自動車工業会」のHPに掲載されている(リンクはこちら)。

販売統計(四輪) 時系列×メーカー 1993年1月-2017年12月 (単位:台)
暦年全メーカー合計指数(1993年=100)
1993年1月-1993年12月6467279100
1994年1月-1994年12月6526696100.9
1995年1月-1995年12月6865034106.2
1996年1月-1996年12月7077745109.4
1997年1月-1997年12月6725026104
1998年1月-1998年12月587942590.9
1999年1月-1999年12月586121690.6
2000年1月-2000年12月596304292.2
2001年1月-2001年12月590647191.3
2002年1月-2002年12月579209389.6
2003年1月-2003年12月582817890.1
2004年1月-2004年12月585338290.5
2005年1月-2005年12月585206790.5
2006年1月-2006年12月573950688.7
2007年1月-2007年12月535364882.8
2008年1月-2008年12月508223578.6
2009年1月-2009年12月460925671.3
2010年1月-2010年12月495613676.6
2011年1月-2011年12月421021965.1
2012年1月-2012年12月536972083
2013年1月-2013年12月537551383.1
2014年1月-2014年12月556288886
2015年1月-2015年12月504651078
2016年1月-2016年12月497025877
2017年1月-2017年12月523416581

 これを見ると、「2017年」の「5234165」台は1997年の平成不況突入前はおろか、小泉政権時代(2001年~2006年)よりもまだ10%近く悪いことが分かる。
 そして驚くべきは民主党政権最後の2012年にさえ及ばないことである。
 アベノミクスがいかに日本の景気回復に無意味かよく分かる資料である。
  1. 2018/02/07(水) 07:13:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"景気一致指数、バブル期超え最高 17年12月 建機や自動車生産が堅調" この「景気動向指数」も昨日書いた「GDP統計のような政府のさじ加減で操作可能なもの」の類!! | ホーム | "韓国はいま「大学は出たけれど」状態 「ヘル朝鮮」脱出へ若者は日本を目指す!?"  韓国の大卒者の我が国での就職を推進する安倍政権は明らかに日本国民の敵!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3393-730d1a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)