FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"外国人労働者受け入れに向け 首相が制度改正検討を指示" 「安倍内閣としていわゆる移民政策をとる考えはなく」は単なる言い逃れ。安倍内閣が取るべき正しい方策は最低賃金の引き上げ!!

 2月20日のNHK NEWS WEBは,”外国人労働者受け入れに向け 首相が制度改正検討を指示
 深刻な人手不足を踏まえ、専門的・技術的な外国人労働者をさらに受け入れるため、安倍総理大臣は、ことし夏までに関係省庁による作業チームを設けて制度改正の具体策を検討するよう経済財政諮問会議で指示しました。
 この中で安倍総理大臣は、外国人労働者の受け入れの在り方について「安倍内閣としていわゆる移民政策をとる考えはなく、この点は堅持する。他方で深刻な人手不足が生じており、生産性向上や女性・高齢者の就業環境の整備を推進するとともに、専門的・技術的な外国人受入れの制度の在り方について早急に検討を進める必要がある」と述べました。
 そして、「在留期間の上限を設定し、家族の帯同は基本的に認めないといった前提条件のもと、真に必要な分野に着目しつつ制度改正の具体的な検討を進め、ことしの夏に方向性を示したい」と述べ、関係省庁による作業チームを設けて制度改正の具体策を検討するよう菅官房長官と上川法務大臣に指示しました。
”と報道した(リンクはこちら)。


 相変わらず絶賛、売国政策推進中である。

 まず「深刻な人手不足を踏まえ、専門的・技術的な外国人労働者をさらに受け入れるため」とあるが、これは明らかに対策としておかしい。
 というのは「深刻な人手不足」は「専門的・技術的な」分野ではなく、単純労働の分野で生じているからである。

 また「安倍内閣としていわゆる移民政策をとる考えはなく」とあるが、明らかにこれは単なる言い逃れである。
 というのは「在留期間の上限」があっても、それがそれなりの期間に渡ればそれは「移民政策」なのであって、普通に考えればその期間は1年である。
 したがってこれまでに「安倍内閣」が推進していることは明らかに「移民政策」だからである。

 以上の点を踏まえて「安倍内閣」が取るべき正しい方策は何かと言えば、それは最低賃金の引き上げである。
 この点は先にそれに踏み切った韓国の経験が参考になる。

 2月13日のSankeiBizは,”韓国文政権またも失政 最低賃金引き上げ、産業界からブーイング
 韓国の有権者から支持されていた文在寅大統領の雇用創出政策に逆風が吹き始めた。1月にスタートしたばかりの最低賃金の引き上げをめぐり、産業界から反発が強まり、政権の支持率が急落している。
 政府は1月1日、法定最低時給を従来比16%増の7530ウォン(約750円)に引き上げた。賃上げの動きは多くの韓国人労働者から支持を得ている。一方で、企業は最新の法定最低時給を支払う経済的余裕がないと不満を訴えており、賃上げを巧妙に回避したり、賃上げと引き換えに雇用を減らしたりしているとの指摘もある。
 韓国労働研究院(KLI)のリサーチフェロー、オー・サンボン氏はマイナス要素がプラス要素より多いかの評価を下すのは「やや尚早」とみる。「雇用データの評価には少なくとも3カ月はかかる。それが終わってから次の引き上げについて検討するのが望ましい」と述べた。(ブルームバーグ Jiyeun Lee)
”と報道した(リンクはこちら)。


 「企業は最新の法定最低時給を支払う経済的余裕がないと不満を訴えており」とあるのは、言っていることがおかしい。
 それは価格に転嫁すればいいだけのことだからである。

 もし現状でそれは不可能だという反論があるなら、それは輸入品との競合があるからであるが、それは価格競争の問題ではなく為替レートの問題である。
 もし為替レートがコストアップに敏感に反応しないのであれば、それは為替制度が不備なのであって、政府は適切に対処すべきである。

 「マイナス要素がプラス要素より多いかの評価を下すのは「やや尚早」」とあるから、まだ結果を判断するにはもう少し時間が必要である。
  1. 2018/02/21(水) 02:16:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"韓国、米をWTO提訴 鉄鋼の反ダンピング関税" 残念ながら韓国が勝つだろうと予測するが同盟関係にも大きな影響をもたらすだろうから在韓米軍の撤退を期待する当方にとってはなかなか面白い展開!! | ホーム | "“日本版海兵隊”が発足へ 中国の海洋進出に備え" 米軍の大きな助力があると期待するのは余りにもナイーブだし我が国単独では自衛隊に自決を強要するようなもの!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3407-b0a7abd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)