FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"中国、海底地形28件命名 2011年以降、EEZ内に拡大警戒" 事前に協議するよう推奨とあるが、こんな性善説に立脚した国際水路機関とユネスコ政府間海洋学委員会の方がむしろおかしい!!

 2月25日の産経新聞は,”中国、海底地形28件命名 2011年以降、EEZ内に拡大警戒
 海図などで活用される海底地形の公式名について、中国が近年、日本の命名地形が多い排他的経済水域(EEZ)周辺の西太平洋で命名活動を活発化し、2011年以降で28件の名称を付けたことが24日、分かった。日本が大陸棚延長を主張し、中国が反対の立場を取る海域でも昨年、初めて中国名が承認され、進出を図る海域の状況把握を着々と進めている。今後、日本のEEZ内で命名活動を展開する可能性もあり、外務省が警戒を強めている。
 中国は、各国領海外の海底地形名を審査する国際会議「海底地形名小委員会」(SCUFN、スカフン)に初参加した11年の24回会合から日本のEEZ外側で海底地形名の申請を始め、南鳥島(東京都小笠原村)周辺で4件を命名。翌年以降は沖縄南方の日本のEEZ境界付近などでも申請して中国名を増やしている。
 海上保安庁によると、中国が日本のEEZ内で名称申請をしたことはない。ただ、中国は近年、尖閣諸島(沖縄県石垣市)や沖ノ鳥島周辺など日本のEEZ内で無許可の海洋調査を実施、海保は17年までの5年間で67件を確認している。
 ◇ 
 ■海底地形名 国際水路機関(IHO)とユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)が共同で設置した学術的な国際会議「海底地形名小委員会」(SCUFN)で審査。各国は領海外の海底地形について申請することが可能だが、命名しようとする海底地形が競合する場合には事前に協議するよう推奨されている。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「海図などで活用される海底地形の公式名について、中国が近年、日本の命名地形が多い排他的経済水域(EEZ)周辺の西太平洋で命名活動を活発化し、2011年以降で28件の名称を付けたことが24日、分かった。」とあるが、「中国」のの領土権と何ら関係のない「西太平洋」にまで「命名」が認められている。
 なぜこんなおかしな事態が生じうるのか。

 その原因として指摘できるのは「各国は領海外の海底地形について申請することが可能だが、命名しようとする海底地形が競合する場合には事前に協議するよう推奨されている。」ということであるが、「中国」のような無法国家がそんな「推奨」を守る訳がない。
 これはこんな性善説に立脚した「国際水路機関(IHO)とユネスコ政府間海洋学委員会(IOC)」の方がむしろおかしいと言える。

 理屈としてはその海域から直近の上位2か国だけに申請権があるよう規約を改正すべきである。
 我が国としてはそれを主導的に推進すべきであるが、事なかれ主義による無責任政治がモットーの「安倍晋三首相」では無理である。
  1. 2018/02/26(月) 07:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"「鉄鋼・アルミに関税を」 トランプ米大統領、輸入制限に意欲" このような十把一絡げのやり方には反対。次善の策はTPPに米国を引き入れ中韓包囲網に内容を転化させていくこと!! | ホーム | "韓国がTPP参加に向け日本に接触 政府、11カ国の発効優先" 安倍晋三首相「変更考えていない」を信じたいが、親韓の安倍晋三だから一抹の不安は残る。通貨スワップも同じ感覚!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3412-0212a2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)