FC2ブログ

金子吉晴(日本の自存自衛を取り戻す会)    行動保守運動の一員として真に戦後レジームからの脱却を追求しています。

←応援クリックお願いします。

"日本も韓国製鉄鋼に最大70%関税方針、米の保護主義に追随" 反ダンピング(不当廉売)関税に限らず、戦後、日本政府が韓国の国益に反するような政策を行うのは初めてではないか!!

 3月15日の朝鮮日報日本語版は,”日本も韓国製鉄鋼に最大70%関税方針、米の保護主義に追随
 日本政府が、韓国と中国の鉄鋼製品に高率の反ダンピング(不当廉売)関税を課すことを決めた。米国が8日に自国の安全保障を守るとの理由で韓国製など輸入鉄鋼に25%の追加関税を課す方針を発表したばかりだが、日本も輸入規制に乗り出したことで、米国発の保護貿易主義が世界に拡大するのではないかとの懸念が出ている。
 15日付の朝日新聞によると、日本の財務省は、韓国・中国の企業が炭素鋼製(配管をつなぎ合わせるために使われる部材)を不当に安い値段で日本に輸出したとして、関税を課す方針を固めた。今月中にも閣議決定を経て発動する予定だ。韓国製に対する関税率は最大で7割に達するという。日本当局は昨年3月に調査に着手し、12月の予備判定で韓国製に対する43.51-73.51%のダンピングマージン(不当廉売差額)の仮決定を出していた。
 専門家らは、日本の反ダンピング調査が、トランプ米大統領による保護貿易措置が本格化した昨年に行われた点に注目している。日本が米国にならって保護貿易の措置を取った可能性が高いというわけだ。日本が韓国の鉄鋼製品に反ダンピング関税を課すのは今回が初めてだ。
”と報道した(リンクはこちら)。


 「今月中にも閣議決定を経て発動する予定だ。」とあるから、まだ正式決定ではないようであるが、取り敢えず大朗報である。
 「反ダンピング(不当廉売)関税」に限らず、戦後、日本政府が韓国の国益に反するような政策を行うのは初めてではないか。

 これはもちろん日本政府の独断というよりは米国政府の強い要請に基づくものだろう。
 「日本が米国にならって保護貿易の措置を取った可能性が高いというわけだ。」とあるが、「ならって」という以上に緊密に協議はしているだろう。

 経緯はともあれ、とにかくグッジョブである。
 当方としては韓国が火病を起こしてより一層日米の側から離反することを期待している。
  1. 2018/03/18(日) 07:41:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"多くの人が勘違いする「韓国いちご問題」3つの誤解" コメント者の趣旨は「日本産いちご × 日本産いちご = 韓国産いちご」という子供だましの詐欺士的屁理屈を対抗措置という高尚な対応と認めるなと言うこと!! | ホーム | "「韓国は米軍撤収希望」北朝鮮、首脳会談前に主張" 韓国各紙の社説は否定的であるが、文在寅大統領は受け入れるのではないかと思う。当方としてはそうなることを期待している!!>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ccp58800.blog25.fc2.com/tb.php/3431-9fef92da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)